« 正しい自転車との別れ方 | トップページ | 上手すぎる年賀状 »

2003.12.20

第九の演奏会

第九の演奏会にジョン太と2人で行ってきました。
ユースケは託児に預け、2人っきり。仕事を早めに終わらせ、
ホールで待ち合わせしました。ホールのざわめきを聞いてると、
ずいぶんこんな華やかな雰囲気とは離れた生活をしてたんだなあと
しみじみ。たまには2人の時間も大切にしなきゃね。

ところで私たちは第九の演奏会に行くのは初めてです。
第九を通して聞いたこともありません。
もちろんクラシックのコンサートも初めて。
こんな私たちがなぜ行くのかといえば、理由は単純。
行きたかったからです。年末、第九の演奏会が各地で行われ、
そのニュースなどをテレビで見てて、一度は行ってみたいと
思ってました。今回ようやくその機会が出来たわけです。

やっぱり実際に見るといいですね。
クラシックなのでもしかすると途中で寝てしまうかもと
心配したけど、飽きることはありませんでした。
オーケストラの演奏してる姿が新鮮でした。
ヴァイオリンの動きがみんな揃っててすごいなあとか、
大きなコントラバスを抱え込んで一生懸命弾いてる姿とか、
ほとんど素人の感想で恐縮ですが、感動したんです。
CDで聞くだけではたぶん味わえない感動でしょう。
音楽というのは、まず人ありきだと思いました。
演奏する人がいて、顔があって、ドラマがある。
だから面白い。音楽は聞くだけではなく、見ることも
出来るのだと思いました。

総勢240名ほどの合唱団の出番は最後のほうです。
最初の1時間ぐらいはずっと出番を壇上で待つだけなのです。
この合唱団は市民から募集して組織した合唱団ということで、
この人たち一人一人にもきっとドラマがあるのでしょう。
合唱団の出番が来て歌い始めたときの顔がみんな誇らしげに
見えました。歌は圧巻。これほどの人数の歌声は聞いたことが
ありません。素直に感動しました。

終わった後、また来年も行きたいねと2人で話しました。
我が家の毎年恒例の行事になったらいいな。

|

« 正しい自転車との別れ方 | トップページ | 上手すぎる年賀状 »

お出かけ(イベント・旅行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/37021

この記事へのトラックバック一覧です: 第九の演奏会:

« 正しい自転車との別れ方 | トップページ | 上手すぎる年賀状 »