« トラックバック | トップページ | 人間ドック(2日目) »

2004.01.25

「江戸大博覧会」

先日、北九州市立美術館分館で行われてる「江戸大博覧会」に行ってきました。
特に江戸時代が好きだとかいうのではないのですが、エレキテルやからくり人形
など面白そうなものがいっぱい展示してあるようで興味をそそられました。
もともとこれは国立科学博物館で去年の夏に行われた展示会の内容のようです。
なかなか東京に行く機会がないので、こうやって遅くなっても見られるというのは
嬉しいことです。そういう意味でも北九州市立美術館分館の存在は大切です。
※北九州市立美術館分館について以前書いた内容はこちら

「これがエレキテルか~、このからくり、弓弾くんだって~」など、ほとんど子供の
ようにはしゃいでしまいます。だって、楽しいんだもの。
それにしても江戸時代の人たちの好奇心には驚かされます。日本の地図を描いた
地図絵皿など、やはり人間の好奇心というものはいつの時代も尽きることはないの
だと実感しました。江戸時代のモノづくりをテーマにしたこの展示内容は、
今の時代にも通じる興味深いものでした。

そして昨日NHKで19:30から、このからくり人形の番組がありました。
土曜特集「大競演・からくり人形」というものです。
実際にからくり人形が動く様子がたっぷり見られました。
詳しく解説もされてたので面白かったですよ。

テレビを見ながら思ったのですが、今回の「江戸大博覧会」に行かなければ
このNHKの放送も見なかったことでしょう。そう考えると体験するというのは
大切なことですね。いろんなところに足を運び、体験するということは、
それまで気が付かなかったものが見えてくることにもつながります
体験は、好奇心の入口への第一歩というところでしょうか。

|

« トラックバック | トップページ | 人間ドック(2日目) »

お出かけ(イベント・旅行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/132236

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸大博覧会」:

« トラックバック | トップページ | 人間ドック(2日目) »