« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月の9件の記事

2004.02.23

スポンサー付き読書

2月17日付の読売新聞に面白い記事が載っていました。
「活字文化推進フォーラム」の講演で、井上ひさしが「ことばの誕生と読書」という
テーマで話した一節です。ヨーロッパで流行っている「スポンサー付き読書」に
ついて紹介してます。

 山本麻子さんの「ことばを鍛えるイギリスの学校」(岩波書店)によると、
 長期の休暇前に、子供が「私はこの休みに『ドン・キホーテ』を読みます」という
 宣言をし、近所のおじさん、おばさんと、読み終わったらお金をくれという
 契約をする。

 休みが終わった後、本当に読んだかどうかを試験する会が開かれる。
 町のおじさんとか司書さんとか、いろんな人が並ぶ机の前に、「ドン・キホーテ」を
 読んだという少年が入ってくる。そして、彼に読んでいないと絶対に答えられない
 質問をどんどんしていく。

 試験官が確かに、この子は読んでいると判断した場合には、紙にサインし、
 この子は約束した人々からお金を集める。でも、少年がもらうのはその一部で、
 残りは、病院に入院している、同じ年ごろの子供たちの治療費に回される。

この記事を読んだとき、おもわず唸ってしまいました。こりゃ面白い。
考えれば考えるほど良く出来た仕組みだと思います。
この記事を読んで、お金目当てに本を読ませるなんて!と思う方もいるでしょう。
でも考えてください。お金をいっさい子供に渡さないで育てるなんてできません。
何もかも親から買ってもらって、自分はお金を使ったことがない子供が大人に
なったら・・なんて考えるとゾッとします。金銭感覚というのは、社会生活を送る
うえで必要なものです。それなら子供への上手なお金の渡し方というものを
積極的に考えてみる価値はあるのではないでしょうか?

お小遣いというのもひとつの手です。計画的にお金を使うことを学べます。
しかし見渡すと、なんでこんなにお小遣いあげるの?と疑問符を付けたくなる
ような親もけっこういます。それに比べたら「スポンサー付き読書」というのは
ずいぶんまともなものに感じられませんか?読書という何がしかの対価として
お金がもらえるのですから、何もせずにもらえるお小遣いより、まっとうな
気がします。アルバイトという手もあるけど、小中学生がそれをするのは
まだ早いでしょう。社会経験をするより勉強が先だと思うし、何かと危険や
誘惑もあります。読書というのはそういう意味では安全で健全な労働だと
捉えることもできます。

そしてこの「スポンサー付き読書」は別に大金が手に入るわけでもありません。
その子の手に入るのは一部で、残りは寄付されるわけですから。
ここがまた面白いところです。

これに参加する大人も、ただ子供にお金を出すだけではなくて、自動的に
寄付もされるから、社会的に意義のある活動ができるわけです。
そしてもうひとつのメリットは地域の活動に参加できること。
近所の子供たちとコミュニケーションを取ることができます。
今の時代に不足しているのは、世代間を超えたコミュニケーションです。
小中学校でお年寄りと交流を持つような取り組みが少しずつ始まってますが、
「スポンサー付き読書」もやってみれば面白い試みになるんじゃないでしょうか?
コミュニティとコミュニケーションを同時に実現するユニークな発想です。

それよりなにより私がやってみたいのです。近所の子供たちが緊張で
顔を真っ赤にしてカチンコチンになってる姿はきっと微笑ましいだろうし、
質問に答え終わって、ホッとした表情や、無事に成し遂げた誇らしげな顔は
見ていて、こちらも嬉しくなるはず。そのために使うお金なら惜しくありません。
私は喜んで出すでしょう。

そしてその子たちが未来を明るく変えてくれるなら、
その一助になるのなら、これ以上の幸せはありません。

※「スポンサー付き読書」はあくまでも読書に興味を持つためのきっかけです。
 子供も、そして試験をする大人も本を手にするきっかけになるし、
 そこから会話もきっと広がってゆくに違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

小倉伊勢丹

2月10日、小倉伊勢丹がオープンしました。
私たちも最初の日曜日に行ってきました。

小倉伊勢丹は、小倉駅前の高架歩道広場(ペデストリアンデッキ)と
つながっている立地で、これ以上ない利便性を持ったデパートです。
14階建ての建物で、B1階~6階までを伊勢丹、7階~14階までを
専門店街「I’m(アイム)」が営業しています。14階全てが伊勢丹で
統一できなかったのは残念だけど、でもバラエティに富んでるから
それはそれで良しとしましょう。

「ファッションが、目を覚ます」というのが、小倉伊勢丹のオープニング・
コピー。今まで小倉になかったものができるという期待感に応えてくれます。
季節を先取りしたディスプレイはすでに春の装いです。歩くだけで楽しく、
元気になる気がします。フランスで注目されているパティシエのスイーツが
楽しめるカフェなどもあり、ちょっとした贅沢な気分を味わえます。
デパ地下も美味しそう。これからじっくり攻めてみたいと思います(笑)。

専門店街の「I’m(アイム)」も負けていません。レストラン街は吹き抜けの
気持ち良い空間が広がります。太陽の光をふんだんに採り入れて、
くつろぐにはピッタリです。注目したいのはそのフロアにあるガーデンレストラン。
地元では有名な「ぶどうの樹」がプロデュースしています。
「デザート畑 花葡萄」、「食彩健美 野の葡萄」、「鮨舞台 海ぶどう」と勢ぞろい。
地産地消を掲げ、有機・減農薬・無添加の素材を使ったこだわりです。
「花葡萄」と「野の葡萄」はバイキングなので、いろんな料理を楽しめます。
それから喜久屋書店にも注目。広いフロアが気持ちよく、本を楽しめるように
配慮されてます。特に絵本のコーナーは質・量ともに充実してて、窓に面して
子どもが自由に絵本を読める場所もあり、外を眺めながら親子でくつろげます。

小倉の街にまたひとつ新しい楽しみができました。

「小倉伊勢丹」
kokura-isetan.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.21

ミリオン・シティ

先日、小倉伊勢丹がオープンしました。
私たち北九州市民にとって、このことは特別なことなのです。
小倉伊勢丹のことを書くつもりでしたが、まずは北九州市の特別な
事情について書きたいと思います。

私は北九州市の小倉に住んでもうすぐ6年になります。
転勤で来たのですが、ここは全国でもかなり特殊な事情を抱えた
街だというのが実感です。それは北九州市民としての「誇り」と「苦悩」と
いう相反するものを、住んでいる皆が感じているように思うからです。
その「誇り」とは、北九州市は政令指定都市だということ。
現在全国に13ある政令指定都市のひとつに北九州市があり、
100万人という人口を持つ大都市だということが自慢です。
そしてその「苦悩」とは、人口が毎年100万人を割ってしまいそうなこと。
2003年4月1日のデータでは、100万1,397人とのことで、
かろうじて100万都市の面目を保っています。
毎年春の異動シーズンになると、なんとか100万人を割り込まないように
頑張ろうと、北九州市ではあの手この手の作戦が展開され、
新聞の紙面を賑わせます。それはもう涙ぐましい限りです。

ここ数年の北九州市はあまり明るい話題がありませんでした。
小倉伊勢丹がオープンした場所は、元々小倉そごうがあったところでした。
そごうが破たんして、北九州市では2000年12月に小倉そごうと
黒崎そごうの2店が閉店しました。そごうの戦略として、駅と建物をつなぐ
高架歩道広場(ペデストリアンデッキ)が挙げられますが、そのそごうが
閉店したため、駅前にはポッカリと寂しい空間ができてしまいました。
その後、老舗地元百貨店の小倉玉屋が移転して小倉そごう跡に入った
ものの、2002年12月に閉店してしまいました。奇しくもどちらも閉店
する日が12月25日だったこともあり、クリスマスの悪夢を見ているか
のような気分でした。北九州市の副都心といわれる黒埼は、黒崎駅前の
黒崎そごう跡地に、これまた地元百貨店の黒崎井筒屋が移転して
健闘していますが、その黒崎駅前の両翼を担っていた複合商業施設の
コムシティが開業してわずか1年半の2003年6月に閉店してしまいました。
第3セクターであるコムシティの閉店は、北九州市の行政の責任も
問われています。いわゆる「箱物行政」への批判です。
北九州市の3セクにはAIM(アジア太平洋インポートマート)もあります。
AIM(←エイムと読む)は、小倉駅北口側(通称裏口)にある巨大な
建物です。輸入促進施設であるAIMの核テナントに元々ヤオハンを
予定していたのですが、開業直前にヤオハンが倒産して、核テナントの
ないままに1998年オープンとなり、現在大塚家具などは入っている
ものの、未だに空きスペースの目立つ建物で、累積赤字も大きな問題に
なっています。

とはいえ暗い話題ばかりではありません。明るい兆しも見えてきています。
それがリバーウォークであり、今回の小倉伊勢丹のオープンです。
リバーウォークは2003年4月にオープンした大型複合施設。
シネコンやショップ、レストランなどが集まったショッピングモールで、
キャナルシティ博多と同じところが手掛けています。リバーウォークは
小倉城の隣にある奇抜な建物群ですが、今では小倉の景観に一役
買っています。また紫川沿いに建っているので、市民の憩いの場所
にもなっています。オープンした当初は、また無駄に大きな施設が
できたかと思われましたが、小倉にキャナルシティがやってきた
ような感じで、博多まで行かなくても同じ雰囲気を味わえることもあり、
けっこう賑わっています。

そして今回の小倉伊勢丹が、停滞する北九州市の景気を回復して
くれるのではないかと北九州市民は期待しています。
博多や天神にもない伊勢丹が小倉にできたことは、福岡市への
一極集中という人の流れを変えるきっかけになるかもしれません。
小倉伊勢丹がオープンすることで、小倉の駅前に再び活気が
戻ってくることを皆が期待しています。その期待の大きさは
並々ならぬものがあり、あまりに過度な期待は伊勢丹にかなりの
プレッシャーを与えることになりかねません。所詮は一百貨店
ですから、それだけで景気が回復すると思うのは間違いです。
今回の小倉伊勢丹がオープンするに当たり特徴的だったのは、
「共存共栄」がテーマになっていることです。地元の百貨店や
商店街から、小倉伊勢丹に客を取られると批判が出るのが
ふつうですが、今回はそういった批判は出てません。
むしろ小倉伊勢丹がオープンすることを皆が歓迎しています。
それは博多への人口流出を食い止め、さらに山口や大分など
他県にまで北九州の商圏が拡大することを期待しているからです。

これからが新しい北九州の始まりです。
いかに魅力のある街づくりをするか?それができなければ
せっかくの「箱モノ」を生かすことができません。
北九州に足を運びたくなるような魅力をいかに育てるかが
これからの課題です。観光地の必須条件は「歴史」だと
私は思います。文化の積み重ねが、歴史になる。
北九州発の文化を育てていきたい。
このblogを通じて、北九州の魅力を伝えていけたらいい。
この街に住む私に発信できるものを、ここから伝えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.17

チョコレートをねらえ!

みなさんはバレンタインどのように過ごしたでしょうか?
我が家は今回初めて一緒にチョコを買いに行きました。
ジョン太からプレゼントされるものの、結局は一緒に食べるので
それなら一緒に買いに行ったほうが話は早いというわけです。

理由はもうひとつ。今回は世界のブランドチョコレート特集だったから。
地元百貨店の井筒屋と、オープンしたばかりの小倉伊勢丹の真っ向勝負!
どちらも海外ブランドチョコレート特集で、しかもほとんどブランドがダブらない
らしく、これだけ多くのブランドチョコレートを買える機会はめったにないと
聞いては、この目で確かめずにはいられません。

オープンしたての小倉伊勢丹は人出が多くて子供連れには大変だろうと思い、
私たちは井筒屋に行くことにしました。「ショコラ・スペシャリテ」と銘打った
チョコレートコーナーは大盛況でした。ジョン太はひとりで見てくると言い、
私はユースケを連れて見ることにしました。するとそのうちユースケに異変が!
なぜか「抱っこ、抱っこ」と騒いでいる。おかしいな?どの店の売り場もガラスの
ショーケースから中のチョコレートは見えているはず。わざわざ抱っこしなくても
見えてるのにな~と思いつつも、ユースケを抱っこする。よっこいしょっと・・。
するとユースケがまた騒ぎ出す。「これこれ!」指差す先のカウンターの上には
チョコの試食が(笑)!あ~これが食べたかったんだね。
抱っこ抱っこと、妙に甘えるな~と思ってたら、
甘いもの大好きの"甘"えん坊になっておりました・・。

そこから先は私とユースケのチームプレーの始まりです。
子どもの笑顔を武器に次々と試食チョコを制覇していきました。
おかげでチョコで満腹感を覚えるほど・・。
海外ブランドだけに、なんだかプチ世界制覇を成し遂げた気分です。

あとでこのことをジョン太に話し、悦に入ってた私ですが、よく考えると
この「ショコラ・スペシャリテ」、男の人はほとんどいなかったような・・。
しかも父子のペアなんて組み合わせは皆無だったような・・。
もしそんな父子を見かけてたら、それは私たちかもしれません。

※ちなみに私が選んだのは、ゴディバと同じくベルギー王室御用達の
「ジャン・ガレー」のプラリネ。とろける美味しさ。まさにスィーツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.14

高千穂峡

社内旅行で高千穂峡に行ってきました。
高千穂峡から天岩戸神社まで足を伸ばしたので、
まさに神話と伝説をたどる旅となりました。

この文章を書くにあたり、日本神話などをネットで探して読んだのですが、
それ自体には私はあまり興味を持てませんでした。物語としてはちょっと・・。
面白いかどうかというのは、また別の次元の話かもしれませんね。

とりあえず調べたところでは、高千穂というのは天孫降臨の伝承地とのこと。
太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫のニニギノミコトが
天から降りた地が、この高千穂だそうです。アマテラスオオミカミから
地上の国を治めるように言われたニニギノミコト。そのニニギノミコトの
子孫が天皇なのだと、古事記や日本書紀などには書かれてます。

もうひとつ、天の岩戸の話。弟のスサノオノミコトの乱暴な振る舞いに怒った
姉のアマテラスオオミカミが天岩戸に隠れてしまいました。太陽神が
隠れてしまったので、天も地も闇に閉ざされてしまい、困り果てた
八百万(やおよろず)の神たちが相談の末、奇策を打つことに。
天岩戸の前でアメノウズメノミコトが踊り(これが夜神楽の始まり)、
神々がそれを見て楽しそうに笑い、その騒ぎにつられたアマテラスオオミカミが
顔を出したところを、剛力のタヂカラオノミコトが逃さず天岩戸を開き、
アマテラスオオミカミを引き出した。そしてまた天地に光が戻ったというものです。

この地方のHPとしては「ひむか神話街道」を紹介しておきます。

神話の里の高千穂ですが、そんなことを知らなくてもその神秘的なたたずまいは
十分に魅力的です。高千穂峡は大自然の不思議さを感じさせてくれます。
どうしたらあんな景観になるのでしょうか?巨大な柱状の岩でできた崖が
川に沿ってそそり立っています。阿蘇の溶岩が五ヶ瀬川に沿って流れ出し、
急激に冷却された侵食谷とのことですが、その説明を聞いてもよく分かりません。
ただその不思議さに圧倒されるばかりです。ぜひ遊覧ボートを漕いで体験して
みてください。オススメです。夏のシーズン時はにぎわうようですが、私たちが
行った時は雪が積もってて、それもまた趣きがありました。でも寒かった~。

そして天岩戸神社にも行ってきました。天岩戸って聞いたことがあるけど、
実際に見たのは初めてでした。それもそのはず。天岩戸は聖域なので
撮影禁止なのだそうです。私は小さな洞穴と岩でできた戸をイメージしてたけど、
実際は全く違ったものでした。深い谷底に流れる川を挟んで、遠く向かい側に
断崖があり、そこに大きな窪みのようなものがあり、それが天岩戸ということでした。
その周辺は聖域で誰も立ち入れないため、窪みの手前は、木々が伸び放題で
枝が張り出して邪魔してるので、わずかに洞窟の入口が見えるのみです。
手入れされてないので断崖からは木の白い根?のようなものが髭のように
いくつも細く長く垂れ下がっており、それはそれで神秘的な光景でした。
人が立ち入れない聖域というものがこの日本にもまだあるのだと
素直に感動してしまいました。

高千穂の雲海も見たかったな~。次に行く機会があればぜひ見てみたい。

「高千穂峡」
takachihokyo.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.12

阿蘇ファームランド

社内旅行で阿蘇ファームランドに行ってきました。
今までここに食べに来たことはあったけど、泊まるのは初めてです。
私のように食べるだけでここを通り過ぎてしまう人も多いでしょう。
泊まってみて分かる楽しさ、書いてみたいと思います。

阿蘇ファームランドは、食べて遊んで温泉に入って泊まれる大型施設です。
「大自然テーマパーク」とパンフレットには書いてあります。
泊まらなくてもいろんなものを体験できます。入場は無料なのでお気軽に。
まずはレストランやおみやげ屋など道の駅的な要素が目につきます。
レストランだけでもいくつもあって好きなところで食事を楽しむことができます。
地ビールなんかも飲めますよ。阿蘇の特産品などを置いてあるおみやげ屋も
充実してます。試食して回るのも楽しいです。お腹もいっぱいになったりして。
木やガラス、オルゴールなどの体験工房なんかもあるようです。

そして「元気の森」というアスレチックのような遊べる施設もあります。
ちょうど雪の日だったので、外で遊ぼうという話にはならず、
体験してないので感想は書けないけど、とっても楽しそう。
「ふれあい動物王国」というヤギやウサギ、仔犬などと触れ合える施設も
あるので、家族で行ってもきっと楽しいでしょう。
グラウンドゴルフやパターゴルフもあるので体を動かすこともできます。
ちなみにグラウンドゴルフとは、ゲートボールのような大きな玉とスティックを
使って遊ぶパターゴルフのようなもの?です。とか言いながら一面銀世界だった
からできなかったんですよ~。今度はぜひ遊んでみたい。

そうやって遊んだら、次はやっぱり温泉ですね。
男湯・女湯ともに1000坪の広さ!書ききれないほどいろんなお風呂があります。
特に露天風呂は種類が豊富。ワイン風呂や漢方の入ったお風呂、展望風呂に
ドーム状のミストサウナなど。で、私はといえば温泉を満喫して、そのまま
マッサージへGO!本格的にマッサージしてもらうのは初めてだったので、
全身マッサージはとても気持ち良かったです。温泉とマッサージで、
心も体もほぐれていくようです。極楽、極楽。

宿泊は「阿蘇ファームヴィレッジ」という併設された施設があります。
これが変わってるんですよ。ドーム状のコテージです。モンゴルのゲルのような
形状してます。でも布で出来てるわけじゃないですよ。ちゃんとした建物です。
そのドームがいっぱい集まってまさに村のような趣き。それはもう壮観です。
2人部屋から6人部屋まであって、全部で330棟!
ここは家族で泊まってもいいですね。床暖房もあり、ゆったりくつろげます。
面白いのは音の反射作用です。6人部屋で車座になって宴会をしたのですが、
ドーム状なので遠く対面にいる人の声が耳元で聞こえたりします。これはぜひ
体験してみてください。不思議ですよ。あるポイントだけそうなるようです。
私は3人部屋でベッドが対面にはならずそんなことなかったけど、6人部屋に
泊まった人の話では、いびきが耳元で聞こえてきて困ったそうです(笑)。
しかも誰のいびきか分からないし・・。

朝起きてみる阿蘇の景色は雄大で、別世界にいるようです。
ぜひ一度体験してみてください。私も今度は家族で行こうと思います。
春や夏など気候が良ければ、もっと楽しめるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.10

社内旅行

先週末、社内旅行に行ってきました。
ジョン太には悪いとは思いつつも、これも仕事の一環ということで
仕方がないのだよと自分に言い訳しながら行ってきました。でも・・
いや~楽しかったですよ!行けば行ったで楽しいものです。
大人の遠足といった感じでしょうか?今回、私も車を出すことになってたので、
前もってCD借りて最新のヒット曲集なんか作ったりして準備も万端。
行く前からワクワクしてきます。

今回の社内旅行は営業所のメンバーがほとんど参加するという
今までにない規模のものになりました。行き先は阿蘇・高千穂。
阿蘇ファームランドに1泊、翌日高千穂峡を目指すというスケジュールです。

今回一番の心配は雪でした。旅行の2日前から雪が降り始め、ちゃんと
たどり着けるかどうか心配されたのでした。なにしろみな九州人なので
チェーンを付ける機会なんてそうないんですよ。だから当然誰もチェーンを
付けたことがない。でもチェーンを借りてきたから、とりあえず何とかなる
だろうとあくまでも楽観的に出発することになりました。
結果は・・まあ何とかなりました。阿蘇ファームランドの周りは雪が
積もってたけど、道はなんとか走れました。翌日は天気も良かったため、
さらに山深い高千穂峡だったけど、雪が積もってるところは融けてきてたので、
慎重に通り抜け、無事たどり着けました。
阿蘇ファームランドでグラウンドゴルフなど予定してたイベントが雪のため
出来なかったのは残念だったけど、その分ゆっくりくつろげたので十分です。

夜の宴会では、きもだめしをやると言っておきながら、実は誕生日を
お祝いするサプライズパーティを用意してたりと楽しいものでした。
お祝いされる本人だけが知らされてなくて、みんなでケーキやプレゼントを
前もって用意してました。みんなクラッカーを隠し持って、真っ暗な部屋に
ロウソクをともして、本人を招き入れて、司会者が怪談の口上を述べ、
「それでは始めます」と言った瞬間にクラッカーが盛大にパンパンパン!
ケーキが運ばれてきて、みんなでハッピーバースデイを歌いました。
突然お祝いされるのはやっぱり嬉しいものなんですね。感激してくれてました。

年に一度の社内旅行ですが、こういう機会は必要ですよね。親睦が深まります。
※阿蘇ファームランドと高千穂峡についてはまた別途書こうと思います。

しかし残念なのはせっかく用意したCDを一度も掛けることなく終わったこと。
イマドキの若いヒトたちは自分で用意してくるんですね。「これ掛けて!」って・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.02

いちご狩り(自然食工房あすなろ)

今年も恒例のいちご狩りに行ってきました。
私たちが行ってるのは小倉から程近い直方にある「自然食工房あすなろ」と
いうところです。ここは無農薬有機栽培で育てたいちごを摘むことができます。
3年目の今年にしてようやくユースケも自分でいちごを摘めるようになりました。
面白かったようです。いちご狩りの音を知ってますか?コツがあるんですよ。
いちごと茎の付け根の部分を人差し指と中指ではさみ、いちごの先端に親指を
あてて、手首をクルっとひねるとプチッと小気味良い音がして、力を入れなくても
いちごが摘めます。これが快感なんです。

ちなみにここは食べ放題ではありませんが、試食はOKということで、
摘みながら時々食べさせていただきました。有機農法で育てられた
いちごは自然な甘さで美味しかったです。

自然食工房あすなろ
〒822-0004 直方市大字畑583番地(直方いこいの村下)
TEL 0949-28-3020

「いちご狩り」
ichigo.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ジャンボお多福(八坂神社)

新聞に、楽しそうなイベントなどが書いてあると行ってみたくなるのが
我が家らしいといえばそういえるでしょうか?1月25日付の西日本新聞に
こんな記事が書いてありました。「ジャンボお多福 八坂神社に登場」
これはもう見に行くしかありませんね。

八坂神社は小倉城の城内にある神社です。小倉で初詣や七五三というと
この神社が有名です。街の中心部に近いので交通の便も良いです。
でもお勧めはやはり節分に向けたこの時期でしょう。ジャンボお多福のお面は
インパクト大です。このジャンボお多福、私は知らなかったのですが、
他の神社でもあるようですね。神社の楼門に飾り付けられたお面の下には
小さな穴があり、そこをくぐるとご利益があるそうです。
もちろん私たちもくぐりました。

「ジャンボお多福」
otafuku.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »