« 阿蘇ファームランド | トップページ | チョコレートをねらえ! »

2004.02.14

高千穂峡

社内旅行で高千穂峡に行ってきました。
高千穂峡から天岩戸神社まで足を伸ばしたので、
まさに神話と伝説をたどる旅となりました。

この文章を書くにあたり、日本神話などをネットで探して読んだのですが、
それ自体には私はあまり興味を持てませんでした。物語としてはちょっと・・。
面白いかどうかというのは、また別の次元の話かもしれませんね。

とりあえず調べたところでは、高千穂というのは天孫降臨の伝承地とのこと。
太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫のニニギノミコトが
天から降りた地が、この高千穂だそうです。アマテラスオオミカミから
地上の国を治めるように言われたニニギノミコト。そのニニギノミコトの
子孫が天皇なのだと、古事記や日本書紀などには書かれてます。

もうひとつ、天の岩戸の話。弟のスサノオノミコトの乱暴な振る舞いに怒った
姉のアマテラスオオミカミが天岩戸に隠れてしまいました。太陽神が
隠れてしまったので、天も地も闇に閉ざされてしまい、困り果てた
八百万(やおよろず)の神たちが相談の末、奇策を打つことに。
天岩戸の前でアメノウズメノミコトが踊り(これが夜神楽の始まり)、
神々がそれを見て楽しそうに笑い、その騒ぎにつられたアマテラスオオミカミが
顔を出したところを、剛力のタヂカラオノミコトが逃さず天岩戸を開き、
アマテラスオオミカミを引き出した。そしてまた天地に光が戻ったというものです。

この地方のHPとしては「ひむか神話街道」を紹介しておきます。

神話の里の高千穂ですが、そんなことを知らなくてもその神秘的なたたずまいは
十分に魅力的です。高千穂峡は大自然の不思議さを感じさせてくれます。
どうしたらあんな景観になるのでしょうか?巨大な柱状の岩でできた崖が
川に沿ってそそり立っています。阿蘇の溶岩が五ヶ瀬川に沿って流れ出し、
急激に冷却された侵食谷とのことですが、その説明を聞いてもよく分かりません。
ただその不思議さに圧倒されるばかりです。ぜひ遊覧ボートを漕いで体験して
みてください。オススメです。夏のシーズン時はにぎわうようですが、私たちが
行った時は雪が積もってて、それもまた趣きがありました。でも寒かった~。

そして天岩戸神社にも行ってきました。天岩戸って聞いたことがあるけど、
実際に見たのは初めてでした。それもそのはず。天岩戸は聖域なので
撮影禁止なのだそうです。私は小さな洞穴と岩でできた戸をイメージしてたけど、
実際は全く違ったものでした。深い谷底に流れる川を挟んで、遠く向かい側に
断崖があり、そこに大きな窪みのようなものがあり、それが天岩戸ということでした。
その周辺は聖域で誰も立ち入れないため、窪みの手前は、木々が伸び放題で
枝が張り出して邪魔してるので、わずかに洞窟の入口が見えるのみです。
手入れされてないので断崖からは木の白い根?のようなものが髭のように
いくつも細く長く垂れ下がっており、それはそれで神秘的な光景でした。
人が立ち入れない聖域というものがこの日本にもまだあるのだと
素直に感動してしまいました。

高千穂の雲海も見たかったな~。次に行く機会があればぜひ見てみたい。

「高千穂峡」
takachihokyo.jpg

|

« 阿蘇ファームランド | トップページ | チョコレートをねらえ! »

お出かけ(イベント・旅行)」カテゴリの記事

コメント

父の血筋は アマテラスオオミカミ系です。
父の実家は、兵庫県南淡町(淡路島)の南方にあります。沼島ではおのころ島伝説が伝えられています。

母の血筋は、スサノウノミコト系です。
母の実家は、京都の田辺の精華町付近で、「信秋」と
言うみよじです。中大兄皇子の血筋とも聞きました。

ちなみに、私は超音波が160khz以上出ています。
工業用ではなく、蝙蝠と同じ周波数です。

ドイツより370khz計測できる装置も70万円だして購入しました。ただいま 英語の翻訳中です。
ギネスブックへの登録も、あと一歩です。

モンゴルのフーミンも、オールティンドーも、
日本の「詩吟」や「歌舞伎」や「能」なども、
昔は、超音波がふくまれていたのに違い有りません。

今度、大阪あたりで 超音波のでる芸術祭をしようと
考えています。

投稿: 謎の蝙蝠男 | 2005.04.04 17:06

がんばってください。

投稿: タオ | 2005.04.05 05:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/194874

この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂峡:

« 阿蘇ファームランド | トップページ | チョコレートをねらえ! »