« 小倉伊勢丹 | トップページ | 桜列島縦断@開幕! »

2004.02.23

スポンサー付き読書

2月17日付の読売新聞に面白い記事が載っていました。
「活字文化推進フォーラム」の講演で、井上ひさしが「ことばの誕生と読書」という
テーマで話した一節です。ヨーロッパで流行っている「スポンサー付き読書」に
ついて紹介してます。

 山本麻子さんの「ことばを鍛えるイギリスの学校」(岩波書店)によると、
 長期の休暇前に、子供が「私はこの休みに『ドン・キホーテ』を読みます」という
 宣言をし、近所のおじさん、おばさんと、読み終わったらお金をくれという
 契約をする。

 休みが終わった後、本当に読んだかどうかを試験する会が開かれる。
 町のおじさんとか司書さんとか、いろんな人が並ぶ机の前に、「ドン・キホーテ」を
 読んだという少年が入ってくる。そして、彼に読んでいないと絶対に答えられない
 質問をどんどんしていく。

 試験官が確かに、この子は読んでいると判断した場合には、紙にサインし、
 この子は約束した人々からお金を集める。でも、少年がもらうのはその一部で、
 残りは、病院に入院している、同じ年ごろの子供たちの治療費に回される。

この記事を読んだとき、おもわず唸ってしまいました。こりゃ面白い。
考えれば考えるほど良く出来た仕組みだと思います。
この記事を読んで、お金目当てに本を読ませるなんて!と思う方もいるでしょう。
でも考えてください。お金をいっさい子供に渡さないで育てるなんてできません。
何もかも親から買ってもらって、自分はお金を使ったことがない子供が大人に
なったら・・なんて考えるとゾッとします。金銭感覚というのは、社会生活を送る
うえで必要なものです。それなら子供への上手なお金の渡し方というものを
積極的に考えてみる価値はあるのではないでしょうか?

お小遣いというのもひとつの手です。計画的にお金を使うことを学べます。
しかし見渡すと、なんでこんなにお小遣いあげるの?と疑問符を付けたくなる
ような親もけっこういます。それに比べたら「スポンサー付き読書」というのは
ずいぶんまともなものに感じられませんか?読書という何がしかの対価として
お金がもらえるのですから、何もせずにもらえるお小遣いより、まっとうな
気がします。アルバイトという手もあるけど、小中学生がそれをするのは
まだ早いでしょう。社会経験をするより勉強が先だと思うし、何かと危険や
誘惑もあります。読書というのはそういう意味では安全で健全な労働だと
捉えることもできます。

そしてこの「スポンサー付き読書」は別に大金が手に入るわけでもありません。
その子の手に入るのは一部で、残りは寄付されるわけですから。
ここがまた面白いところです。

これに参加する大人も、ただ子供にお金を出すだけではなくて、自動的に
寄付もされるから、社会的に意義のある活動ができるわけです。
そしてもうひとつのメリットは地域の活動に参加できること。
近所の子供たちとコミュニケーションを取ることができます。
今の時代に不足しているのは、世代間を超えたコミュニケーションです。
小中学校でお年寄りと交流を持つような取り組みが少しずつ始まってますが、
「スポンサー付き読書」もやってみれば面白い試みになるんじゃないでしょうか?
コミュニティとコミュニケーションを同時に実現するユニークな発想です。

それよりなにより私がやってみたいのです。近所の子供たちが緊張で
顔を真っ赤にしてカチンコチンになってる姿はきっと微笑ましいだろうし、
質問に答え終わって、ホッとした表情や、無事に成し遂げた誇らしげな顔は
見ていて、こちらも嬉しくなるはず。そのために使うお金なら惜しくありません。
私は喜んで出すでしょう。

そしてその子たちが未来を明るく変えてくれるなら、
その一助になるのなら、これ以上の幸せはありません。

※「スポンサー付き読書」はあくまでも読書に興味を持つためのきっかけです。
 子供も、そして試験をする大人も本を手にするきっかけになるし、
 そこから会話もきっと広がってゆくに違いありません。

|

« 小倉伊勢丹 | トップページ | 桜列島縦断@開幕! »

これからの考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/225103

この記事へのトラックバック一覧です: スポンサー付き読書:

« 小倉伊勢丹 | トップページ | 桜列島縦断@開幕! »