« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の13件の記事

2004.03.30

2003年3月30日の桜@<桜.BLOG>

これも蔵出し写真です。ちょうど1年前ですね。
2年前と同じ「足立公園」の「桜の馬場」でお花見をしました。

ユースケ2歳になったばかりの頃です。
2年前に比べれば、顔立ちもはっきりしてます(髪の毛も増えてるし)。
相変わらず女の子に間違われることも多かったですね。
この頃はようやく言葉が出始めたばかりで、会話はまだまだ先のこと。

満開の桜を見ながらのお花見です。
ジョン太に抱っこされてユースケも嬉しそう。

「2003年3月29日の桜」
20030330.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.03.29

セグウェイに乗りました!

セグウェイに乗れるとしたら、あなたはどんなことをしても乗りたいと
思いますか?私は思います。えぇどんなことでもするともさ。

そんなわけで久留米にある「福岡県青少年科学館」に行ってきました。
2月14日~4月11日まで「あそぼう!夢ののりもの展」が開催されており、
そこでまさに夢ののりものであるセグウェイに乗れるらしいとの情報を
新聞で読んで知りました。これはもう行くしかないですよね?

同じ福岡県とはいえ、北九州から久留米までは高速を使っても
1時間以上掛かります。セグウェイに乗るためだけに行くと言うと
さすがのジョン太にも怒られそうなので、最近できた「鳥栖プレミアム・
アウトレット」にも帰りに寄るという提案をして、なんとか行くことが
できました(笑)。

実際に乗った感想はやっぱり面白いの一言です。そして意外と
まともな乗り物かもしれないと思いました。不思議だけどこんなのも
アリかも?と思わせるものでした。乗った印象は、サーカスのピエロが
する曲芸で、丸い筒の上に板を載せてバランスを取るものがありますが、
あれに乗るような感じでしょうか?ただそれがとても安定してるのです。
係の人から動かし方を教わって、最初はおそるおそる動かすけど、
すぐに慣れます。重心を前にすれば前へ、後ろにすれば後ろに動きます。
その動きはするするとなめらかです。ちょっと意外だったのが左右の
方向転換。これは左のハンドルのグリップを回すことで方向を調節します。
右に回せば右に、左に回せば左に回ります。私はてっきり左右も重心の
移動で方向転換できると思っていたので、ちょっと残念でした。
それが出来たらいうことないんだけどなぁ。

体重制限(45Kg~100Kg)があって、ジョン太は乗れませんでした。
こんな時に軽い体重がネックになるとは!今度乗る機会があれば、
リュックに重りを入れて、体重制限をクリアした上で挑戦させてあげたいと
思います。私ばかり楽しんで申し訳ない。

ともあれ、つかの間の夢の乗り物体験、堪能させてもらいました。

「セグウェイ」
20030328.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.27

2003年3月29日の桜@<桜.BLOG>

<桜.BLOG>の企画に合わせてこの1ヵ月ほど、桜の写真や文章を、
過去から現在へ年代順にたどっていきました。こちらの桜はちらほら
咲いているようですが、お花見するには少し早いといった感じです。
九州のほうが遅いのでしょうか?

さて今回からいよいよ2003年の蔵出し写真です。
この写真は小倉城です。小倉でお花見といえばここが定番です。
広い敷地のあちこちで桜が咲き、みんなシートを広げお花見を
にぎやかに楽しみます。私たちも去年ここでお花見をしました。
私たちのお気に入りはお城の中腹あたりにある緑の広場。
のんびり寝転がって桜を見るのが私は好きです。

※それにしてもお城と桜ってどうしてこんなに合うのでしょうか?

「2003年3月29日の桜」
20030329.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (28)

2004.03.26

インターネット・アーカイブ

Internet Archive」というサイトをご存知ですか?
ここは、1996年以降に世界中で掲載された100億ページを
超えるWebページが保管されているサイトです。
(英語サイトですが、分からなくてもOK)

何年前のあのサイトは当時どんなだったかというのも、
簡単に調べることができます。調べ方は検索ボックスに
ホームページのアドレス(URL)を入れるだけ。
記録されているのがあれば、年代順に表示されるので、
それを選べばOKです。私は雑誌でその存在を知ったのですが、
それにはYahoo! JAPAN開始当初のシンプルな姿が紹介されてました。
私も試してみて、ああ面白いなぁと思いました。
一度試してそれきり忘れてました。その程度です。

でも!役に立ったのですよ。このサイトが!意外なところで。
先日、ハードディスクを初期化し、OSを再インストールしました。
復旧作業に手間取りましたが、なんとか以前の状態に戻すことが
できました。でもひとつ問題があったのです。それはアップデートです。

私が使っているホームページ作成ソフトはメジャーな「ホームページ・
ビルダー」ではありません。昔から使っているお気に入りの市販ソフトが
あります。使い慣れてるので今さら変えるつもりもありません。
当然それをインストールし直しました。これでまた使えるはず。
そうそう修正プログラムがそのメーカーサイトからダウンロード
できたなあ。やっぱりいつも最新の状態にしておきたいよね、などと
つぶやきながらアクセスしようとしたら、なんとそのメーカーサイトが
ありません。いろいろ調べたのですが、行方知れずになってるようです。

え~、サポートどうするの?せめて修正プログラムぐらい残しといてよ、
と嘆いても後の祭り。どうしようもありません。とりあえず問題なく
動くからいいか、と自分を納得させようとしてもどうにも収まりません。
どこか不具合があるから修正プログラムを出してるのであって、
それを分かっていながら修正せずに使うのは精神衛生上良くない。
ではどうするか?誰か親切な人がどこかでその修正プログラムを
公開していないだろうか?いやでも仮にあったとしてもそれを信用
してもいいものか?ウィルスがあるかもなんて考えるとそれも恐い。

そこでふと思い出したのが「Internet Archive」です。
ここなら残ってるかもしれないと考えました。
閉鎖される前のメーカーサイトのWebページがここならあるかも。
結果は大当たり。そのメーカーサイトのトップページから、たどって
行くと、お目当ての修正プログラムを見つけることができました。
運も良かったのでしょう。毎回こんなにうまくいくとは限りません。
どこまでリンク先を記録しているかは分からないわけですから。
意外なところでこの「Internet Archive」が役に立ちました。
※これを読んで参考にしようと思っている方へ
 ダウンロードは自己責任でお願いします。
 何かあっても私は責任取れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

パソコンの修理~HDD初期化

ある日、パソコンのディスプレイがおかしくなりました。
画面が黒くなり、ムラサキのシマシマが上下に流れて、
デスクトップが全く見えなくなりました。
しばらくすると直ったので安心したのですが、電源をOFFにして、
また立ち上げると同じ状態になります。パソコンが壊れたのかと
思ったけど、我が家にある古いパソコンでも同じ状態になるので、
ディスプレイ(5年目)に問題があるようでした。

だんだんと状況はひどくなり、正常な状態を見ることも少なくなり、
このままでは使えないので思い切ってディスプレイの修理に
出すことにしました。ディスプレイを修理に出せば、パソコン本体
だけあっても、ただの箱なので家に置いといてもしょうがない。
それでこの際パソコン本体の調子の悪いところも、ついでに
直してもらうことにしました。

このパソコンにはまだまだ頑張ってもらわないといけません。
今のパソコンは買い換えて2年になります。まだまだ現役で
いけるはず。不満もありません。それならここでおかしいところは
全て直すべきではないか、そう考えたのです。

そうしてディスプレイも本体も無事に直ってきたのですが、
ひとつだけ直せないものがありました。それはソフトの不具合です。
ある特定のソフトを使おうとすると、その途端にパソコンが
固まってしまい、強制終了するしか方法がなくなるのです。
おそらくインストール・アンインストールを繰り返すうちに
おかしくなったのでしょう。そのソフトを使わなければ
問題ないのですが、せっかくそれ以外は直ったのだし、
まだまだこの先も、このパソコンは使う予定なので、
思い切ってハードディスクを初期化することにしました。

ハードディスクの初期化、OSの再インストールはもう何年も
やってません。かなり緊張しました。バックアップの作業も
慣れてないので手間取りました。バックアップし忘れてる
データがあったらどうしようなんて考えるともういけません。
心配で心配で、でもやらねばならぬと自分を奮いたたせ、
実行しました。なんとか成功です。ほっと一安心。

でもあれですね。Windowsって修正プログラム多すぎ。
アップデートする作業が大変です。なにせOS再インストール
してるから、最初からアップデートしていかないといけません。
我が家はブロードバンドではなく、いまだにISDNなので、
時間が掛かってしょうがありません。それこそ一日作業です。
世の中はブロードバンドが前提で進んでるのでしょうか?
ナローバンドにも愛の手を!※我が家はADSLにできない環境。
光ならすぐできるんだけど値段がまだ高いからなぁ。

そんなわけでようやくいつもの生活に戻ってきました。
修理も終わり、ハードディスクもすっきりして、
これから新たな気持ちでやっていけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

2002年3月23日の桜@<桜.BLOG>

今回も蔵出しの写真をお送りします。ちょうど2年前ですね。
家族でお花見をした時の写真です。小倉で花見といえば、
「足立公園」という森林公園がそのひとつに挙げられます。
写真はその「足立公園」の中にある「桜の馬場」というところで、
撮ったものです。ここは桜がたくさんあり、住宅地に近いので
家族連れも多く見られ、にぎやかなお花見スポットになってます。

ユースケは1歳になったばかりで、歩くことを覚え、
とにかく歩くのが楽しくて仕方ないようでした。
この「桜の馬場」でも、よちよち歩きで、みんなから
笑われながらも、本人はとても楽しそうでした。

肩車してあげると桜が目の前まで来て大喜び!

「2002年3月23日の桜」
20020323.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.03.12

2001年4月1日の桜@<桜.BLOG>

これまで2000年に見た桜の写真を載せてきました。
次は2001年に見た桜だと思い、探したのですがありません。
それもそのはず、その年の2月の終わりユースケが生まれたのでした。
花見の頃は生まれて1ヶ月ちょっとで、外に出るのもままならない状態。
それでも近くの公園の桜を見に行こうと、ユースケを連れて行くことに
したのでした。※タオの日記「小さなお花見」を参照。

当時の日記を読むとなんだか気負いすぎて恥ずかしいですね。
でもあの時まぎれもなく感じてた私の気持ちなのでしょう。
できるなら、3年前のあの時の自分に声を掛けてあげたい気持ちです。
何も心配することない、良い子に育ってるよって。

2001年4月1日快晴。近くの公園に桜を見に行きました。
おくるみにくるまれて、まぶしそうに目を細めるユースケと
あの時見た桜は、写真を見なくてもはっきり思い出すことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.11

2000年4月9日の桜@<桜.BLOG>

今回も蔵出し写真をお送りします。4年前のものです。
小倉で花見といえば、小倉城に次いで有名なのが
安部山公園です。ここは桜の木がいっぱいで、満開になると
そこら一面が桜色に覆われます。それはもう見事の一言です。
写真はその安部山公園へ続く坂道。
桜のトンネルのようで、ここも私は大好きです。
この坂道をのぼると、桜一色の安部山公園が待っています。

「2000年4月9日の桜」
2000_04_09.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.03.07

2000年4月8日の桜@<桜.BLOG>

今回も蔵出し写真です。4年前、桜が見える近くの公園での写真。
妻のジョン太がつくったお弁当を持って行き、2人で食べました。
食べてる間に、桜の花びらがピクニックシートにひらひら舞い落ちて、
きれいだったので思わずパチリ。

「2000年4月8日の桜」
2000_04_08.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (6)

観覧車とソリューション

突然ですが、こんな質問を考えてみました。

 観覧車のある施設で働くあなたが、
 上司から次のような課題を出されました。
 「観覧車の利用客を増やすにはどうすればよいか?」
 あなたならどうするでしょうか?

さてどうしますか?と、なぜこんな質問を考えたかといえば
2月26日付の読売新聞のある記事が目に止まったからです。
それは北九州にあるテーマパーク「スペースワールド」
あるものができたという記事です。でも観覧車とは直接関係ありません。
その記事にはこう書かれていました。
「スペースワールドに「ナスカ地上絵」出現」
園内の舗装が改修されたのを機に「何か面白い仕掛けを」と、
スペースワールドが企画したそうです。実物の約1/3の大きさで、
地上からは何が描かれてるかはっきりは分からないけど、
観覧車に乗るとナスカの地上絵が見えるそうです。

これを読んで、私は強烈にこの観覧車に乗りたくなりました。
ナスカの地上絵を疑似体験できる機会なんてそうそうあるもんでは
ないでしょう?見てみたいじゃないですか。

面白い企画だと思いました。観覧車に何かするわけでもないのに、
結果として観覧車に乗りたくなる企画です。しかもあまりお金も
掛けずに済んでいそうです。

今回は舗装改修のついでに企画されたようですが、これがもし
冒頭に私が書いた質問のように、観覧車の利用客を増やす方法として
企画されたものだったら、素晴らしい発想だと思いませんか?
表彰状をあげたいぐらいです。

観覧車の利用客を増やす方法は他にもあります。
例えば同じく北九州で、観覧車のあるショッピングモール
「チャチャタウン」では透明の観覧車が登場しています。
36あるゴンドラのうち2つが透明です。
これも一度は乗ってみたいと思わせるものです。

ここまで書いて気がつくのは、どちらも観覧車の利用客を増やす方法
なのに、アプローチとしてはずいぶん違っていることです。
ソリューション(課題解決)の方法として考えても面白い事例です。
比較的思いつきやすいのは、透明の観覧車のほうでしょう。
課題となる対象物(観覧車)をじっくり観察して分析することで
「透明の観覧車」という発想にたどり着くことは可能でしょう。
しかし「ナスカの地上絵」はどうでしょうか?
いくら机の上で考えても決して思いつかない発想です。
この場合、実際に観覧車に乗り、そこから景色を見ながら
「ここから何か面白いものが見えないかな?」と思わない限り
出てこない発想ではないでしょうか?直接、観覧車とは
関係ないけど、でも観覧車に乗りたくなるユニークな発想です。

生真面目な日本人は、対象物を見て考えるのは得意ですが、
全く別の視点から物事を考えるのは苦手なようです。
※「ナスカの地上絵」は、対象物から見て考える方法ですね。
日本の景気も落ち込んで随分になりますが、景気が悪いから
財布のヒモを締めようと考えるばかりではダメな気がします。
直接景気とは関係ないけど、こうすれば景気も回復するんじゃ
ないか、という観点からの発想も必要ではないでしょうか?
落ち込んだ景気のどてっぱらに風穴を開けるような斬新な企画、
あなたも考えてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

2000年4月1日の桜@<桜.BLOG>

今年の桜はもう少し先のようなので、以前デジカメで撮った写真を
蔵出しすることにします。探してみると2000年4月1日の桜が最初でした。
2000年というと実は私が結婚した年でして、そう考えると私の桜の歴史は
結婚の歴史ともいえます。結婚以前は桜の写真って撮ってないんですよね。

写真は小倉の「足立公園」という森林公園です。
ここを妻のジョン太と一緒に散歩した日を懐かしく思い出します。
あ~初々しいなあ。遠い目( ¨)

「2000年4月1日の桜」
2000_04_01.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2004.03.02

書きたいことはいっぱいあって

気がつくと2月が終わってました。
書きたいことはいっぱいあるのに、まとまった時間がなかなか取れません。
それもこれもこのパソコンのせい。メインのパソコンのディスプレイが壊れた
ので、ついでに調子のおかしい本体も修理に出してしまいました。
私の手元にあるのは5年前のミニノートのみ。起動は遅いし、
すぐに固まります。もうどうにかしてください!!

書きたいことはいっぱいあって、例えば「結婚記念日」の事とか、
「ユースケ・3歳の誕生日」の事とか、先日行った「国際ロボット見本市」の
事とか。たぶん随時アップしていくでしょう。妻のジョン太が自分のHP
先に書いてるので、私も同時にアップしたいのだけど、
なかなか上手くはいかないものです。

今いちばん書きたいのは、タイトルも決まってて「観覧車とソリューション」。
内容も頭の中にあります。あとはそれを吐き出すのみ。
書き出しも決まってます。たぶんこんな感じ。

 観覧車のある施設で働くあなたが、
 上司から次のような課題を出されました。
 「観覧車の利用客を増やすにはどうすればよいか?」
 あなたならどうするでしょうか?

一緒に考えてみます?(と書いて次回に引っ張る~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜列島縦断@開幕!

一日一日の気温に一喜一憂する今日この頃。
桜が咲くのはいつでしょうか?

新聞各紙は今のところ桜前線よりスキー場の積雪が気になる様子。
でも、もう少ししたら桜の開花とともに全国のあちらこちらで桜の話題で
いっぱいになるはず。その日が待ち遠しいですね。

うみさん発案の<桜.BLOG>-Cherry BloGsom-に参加させて
もらってます。みなさまどうぞよろしく!

九州の小倉に住んでいます。桜の開花はまだ先のようです。
桜の開花に合わせてなにか面白いものはないかと検討してます。
何を載せようかあれこれ考えるのは楽しいものです。
こんな機会をつくってくれたうみさんに感謝です。

※仕事が忙しく、エントリーが遅くなってしまいました・・。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »