« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の12件の記事

2004.04.30

嬉しい瞬間

それはユースケが何気なくつぶやいた言葉からでした。
何の拍子か分かりませんが「あおむし」と言いました。
それを聞いて私とジョン太は「あおむしと言えば・・」と
ほぼ同時に反応していました。

我が家で「あおむし」と言えば、エリック・カールの
「はらぺこあおむし」という絵本のことです。
みんなから愛されてる絵本ですが、もちろん
ユースケもお気に入りの1冊。

「あおむしと言えばはらぺこあおむし。はらぺこあおむしと言えば・・」
私たちは同時にあることを思いついてました。
「はらぺこあおむしと言えば、ちょうど今下関で」
「そう、下関で絵本展やってるよね?」
「エリック・カールの絵本展!」「いこうか?」「いいね」

下関市立美術館「エリック・カール 絵本の世界」が開催中です。
私は、偶然入ったお店に置いてあったちっちゃなタウン誌の情報で知り、
ジョン太はテレビのローカル番組でその存在を知ったそうです。
お互い一言もそんなことは話してなかったのに、一緒に暮らしてると
不思議と同じものに反応してしまうようです。そして意外なところで
同じこと考えているのが分かる・・。何も言わなくても伝わってるような、
そんな嬉しい瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.26

桜スパイラル@<桜.BLOG>

こちらの桜はすでに散り、若葉の緑と風が心地良い季節となりました。
今回<桜.BLOG>に参加させていただいて、とても楽しい時間を
皆さんと一緒に過ごすことができました。<桜.BLOG>はまだ終わって
ないけど、感謝の気持ちを伝えたくて、この文章を書いています。

<桜.BLOG>との出会いは2月の終り。誘われて参加しました。
全国から桜の話題が集まると聞いて、楽しみだと思うと同時に
それじゃあ自分はどんな記事を書こうかと考えました。
やっぱり自分にしかできない記事にしたいよねなど、
欲張りなことを考えては悩む始末です。

この街の桜の名所を紹介したいというのが、まず思い浮かびました。
さいわい我が家は毎年のように花見をしています。そのときに撮った
写真を利用しない手はありません。そうやって昔の写真を眺めていると
面白いことに気がつきました。昔の写真はいっぱいあるのに、なぜか
桜や花見の写真だけは結婚後のものしかないのです。きっと
それまではプライベートで花見をしようとは思わなかったのでしょう。
そうか私にとって桜の歴史とは、結婚の歴史でもあるんだなあと
つぶやいたとき、テーマが決まりました。「そうだ、これでいこう!」

桜ほど特別な植物はありません。「お花見」といえば桜の花を見て
楽しむことです。花なら他にもいっぱいあるのに、それでも「お花見」は
やっぱり桜。それだけみんなに愛されてる花なのでしょう。
そしてもうひとつ。桜前線という言葉があるように、ある時期になると
桜はいっせいに咲きます。一面を桜色に染めて、またいっせいに散る。
そのわずかな時間をみんな思い思い楽しんでいます。
その年の桜はどうだったとか、どこで誰と花見をしたとか、
誰もが桜の思い出を持っています。それなら、私は結婚してから
現在までを、桜の思い出とともに綴っていったらどうだろうか?
そこから何か見えてくるものがないだろうか?

<桜.BLOG>の開催に合わせて、昔撮った桜や花見の写真を
当時の思い出と一緒に綴ってきました。過去から順番に辿って、
そして今年の桜につながる様な構成です。桜が咲くまでの
カウントダウンするような感覚は今まで味わったことがなく、
とても楽しく記事が書けました。

私が一連の記事でやりたかったのは、「ポイントする」という作業。
1年のうちで桜が咲くのはごく限られた時期だけです。
花見ができる週末は多くて2回、開花のタイミングや天気にも
影響されるので、もっと少ないこともあるでしょう。
それなら桜が見頃な週末は特定できるのではないか?
何年何月何日の桜をどこで誰とどんなふうに見たか、それを
記すことで、時間と空間に点を打つような、そんなようなことが
できるような気がしたのです。桜が咲いたそのとき、私たちが
確かにそこにいたということを書き留めたいと思いました。

そうやってポイントされた一連の記事を通して見ていると、
あることに気がつきます。どれも桜の写真だけど、そこに
写りこんでいるものは毎年少しずつ変わってきているのです。
4年前-結婚。3年前-子どもが生まれる。2年前-歩き始める。
1年前-言葉が出始める。今年-幼稚園に入る
毎年同じ桜を見ていながら、被写体が変化し続ける不思議さ。
程度の差こそあれ、それは誰にも起こっていることではないで
しょうか?時間の流れというものを感じます。もし時間の流れが
目に見えるものであったとするならば、それはきっとこの桜の
開花の周期のようにゆっくりと1年をかけて巡るものなのでしょう。
そしてそれは同じ場所に戻ってくるわけではなく、少しだけ前に
進んでいく。だから、時の流れは「スパイラル」。未来はまっすぐ
進むわけでもなければ、輪のように閉じているわけでもない。
それはゆっくりと大きなスパイラルを描きながら確実に前に
進んでいくものなのでしょう。

来年の桜、いつどこで誰と見上げるのか?
願わくばこれからの1年が幸せでありますように・・。

| | コメント (6) | トラックバック (13)

2004.04.20

2004年4月4日の桜@<桜.BLOG>

家族でお花見に出掛けた帰り、近くの公園に寄ってみました。
ここはブランコと滑り台しかない、どこにでもある小さな公園。
でも私たちには思い出の場所なのです。

今年もこの小さな公園は桜でいっぱいでした。
3年前の桜を思い出します。ユースケは生まれたばかりで
まだ1ヵ月とちょっとでした。ちっちゃなユースケをおくるみで
くるんで、おっかなびっくりこの公園まで連れてきました。
人もあまり通らないような静かな公園です。
家族で桜をずっと眺めていました。ただそれだけ。
それが家族3人で見る初めてのお花見でした。

ユースケは今年3歳になりました。時の流れの早さを感じます。
ブランコも一人で乗れるようになりました。ジョン太が後ろから
ブランコを押してあげてます。撮るつもりはなかったけど、満開の
桜と2人の姿を見てたら、急にシャッターを押したくなりました。
我が家の歴史は桜の記憶とともにあるような気がして・・。

「2004年4月4日の桜」
pocket-park

| | コメント (8) | トラックバック (16)

2004.04.14

2004年4月4日の桜@<桜.BLOG>

今年のお花見は天気に泣かされました。
見頃となったこの日、お弁当を持って家族で花見に出掛けました。

小倉の足立公園は、我が家が毎年行くお花見スポットです。
特に足立公園の「桜の馬場」は、家族連れも多くにぎやかなところです。
しかしたどり着く頃にはポツポツ雨が降りだしてきたではないですか!
しかたなく近所の軒先を借りて雨をしのぎます。しばらくすると雨が
上がったので急いで公園に向かいました。でも地面が濡れてるので
ベンチにシートを敷き、そこでお弁当を食べました。
でもでも桜は満開です。それでいいじゃないですか。

ユースケは公園に来ると遊びたがって仕方がないようです。
実はこの日は自転車をわざわざ持ってきていました。
先日3歳になったユースケのために、ジョン太のご両親が
プレゼントしてくれたものです。アンパンマン号(補助輪・手押し付き)!
それに乗れるとあって、ものすごく嬉しそう。

天気には泣かされましたが、桜も満開、笑顔も満開って
ことでまぁ良しとしましょうか。

「2004年4月4日の桜」
20040404.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2004.04.13

初登園!

入園式の翌日はさっそく初登園でした。
ユースケはバス通園。歩いていけば10分ぐらいで行けるのに、
バスが好きという理由で幼稚園バスに乗って30分掛けて行くことに
なりました。おかげで我が家は早起きするはめに・・。

もともと我が家は朝遅いほうです。だから幼稚園バスのルートで
我が家が一番最初になったときはちょっと不安になりました。
幼稚園バスが8時にお迎えに来るのです。
子どもの支度は時間が掛かります。あ~んど、ママのお化粧もね。
そんなわけで余裕をみて6時半には起きようということになりました。
いつも8時前ぐらいに起きていたのでこれは我が家の大事件です。

初登園の日。いつもより早く起きてみんなで準備をしました。
忘れものがないかどうかとか、ほっとくとすぐ遊びたがるので
早く食べるようにさせたりとか、着替えとか、ホントあわただしいです。
そうやって準備ができるとマンションの下まで、ジョン太が
ユースケを連れて降ります。幼稚園バスが来るのを待っているようです。
私も初登園の様子を見てみたくなり、廊下まで出ることにしました。
ジョン太が淹れてくれたお茶を持ったまま出て、下をのぞき込みます。

幼稚園バスがやって来ると、ジョン太がユースケと手をつないで
バスまで連れて行き、先生に挨拶をしてます。ユースケはここで
ジョン太と別れてひとりで幼稚園に行くということをよく分かってない
みたいですんなり乗り込みます。あとで泣かなきゃいいけどな~
なんて思いながら、バスを見送りました。

初登園の様子をあとでジョン太から聞くと、ユースケは泣くこともなく
楽しく過ごしたようでした。ほっと一安心。これからもこの調子なら
良いんだけどなあ~。どうだかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.10

入園式のあと(観山荘別館)

先日ユースケが幼稚園に無事入園しました。
これで晴れて幼稚園生です。そのお祝いということで
入園式の後、予約してた観山荘別館に行きました。
ここは婚礼なども行なう北九州では有名な料亭です。
私たちには場違いな感じもするのですが、入園や入学など
そうめったにないことなので奮発することにしました。

昼会席(2500円)をジョン太と私の二人分で予約しました。
ゆっくりしたかったので個室も取り、部屋代は別途3000円。
でもそのかいあって親子水入らずで食事を楽しむことができました。
家にいるときとはまた違った新鮮な気持ちになれます。
料理も文句なし。美味しかったです。

観山荘別館は枯れ山水の庭園が見事。四季折々の花が
楽しめるそうです。ちょうど桜の時期だったので、大きな窓
からは一面の桜が見えました。おお、さすが~だと思って
よく見ると、その桜は隣の学校のものでした。枯れ山水の
庭園にとなりの桜、まさにこれが借景ってことでしょうか?

大きな窓の前で、私たちはしばらく外を眺めてました。

「観山荘別館」
20040407.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.04.09

幼稚園入園

いよいよこの日がやってきました。
4月7日、ユースケが幼稚園に入園しました。
当日私も半日休みを取って、準備は万端です。

用意を済ませ家から出ると、マンションの大家さんに偶然会いました。
私たちの姿を見て「あ、おめでとうございます」と声を掛けてくれました。
それもそのはず、私たちはどこから見ても、これから入園式!と分かる
格好をしてたからです。私もジョン太もスーツ姿(ジョン太は新調)、
ユースケは真新しい幼稚園の制服姿です。大家さんから声を掛けられ
ちょっと照れくさくなりました。

でも、いいもんですね。朝早い時間、スーツ姿の私たちと新しい制服姿で
身を包んだユースケ、新鮮な空気を吸って、気持ちもパリッとします。
ユースケを真ん中に、3人で手をつないで歩いていると、ああ本当に
入園式なんだなと少しずつ実感がわいてきました。

入園式では私はカメラ係に徹しました。周りのパパたちもカメラ片手に
頑張ってます。これで私もパパの仲間入りしたよな気分です。

幼稚園の桜は満開から少し散り始めのようでした。風が吹くと花びらが
ひらひら舞い花吹雪のようです。私たちも外に出て記念撮影をしました。
これからの幼稚園生活がどうか楽しいものでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

2004年4月3日の桜@<桜.BLOG>

門司にある、めかり公園で関門橋をバックにお花見写真を
撮ろうとした思惑は見事に外れてしまいました(その話はこちら)。
だからといって何も撮らなかったわけではありません。

桜といえば、入園や入学の季節でもあります。
ユースケも先日3歳になり、めでたくこの春から幼稚園生です。
そこで幼稚園の制服を着せて記念写真を撮りました。
わざわざお花見にまで幼稚園の制服を持ち込む私を見て、
ジョン太からは「コスプレ・・」と言われてしまいました。
いいんです。桜の樹の下で記念写真を撮りたかったんです。
それが親心ってもんじゃないですか??

笑顔でカメラの前に立つ我が子を見てると
よくここまで成長してくれたとしみじみ思います。

「2004年4月3日の桜」
20040403_1.jpg

顔が見えにくいのでもう1枚!(親バカですみません・・)
20040403_2.jpg

| | コメント (11) | トラックバック (23)

2004.04.04

2004年4月3日の桜@<桜.BLOG>

いよいよ今年の桜の出番です。北九州の桜は満開です!
これまで小倉城、安部山公園、足立公園、昭和池公園の桜を
花見をした当時の思い出とともに紹介してきました。
今年はまだ行ってない桜の名所にしようと決めてた場所があります。
それは「めかり公園」です。

この「めかり公園」は門司にあります。観光スポットで有名な門司港
レトロ地区から程近い小高い山のほぼ全体が「めかり公園」と
なっているようです。このすぐそばには関門海峡があり、九州と
本州をつなぐ関門橋があります。展望台から関門橋を見下ろす
眺めは絶景です。その「めかり公園」は桜の名所でもあるらしい。
これは行くしかないじゃありませんか!

と思って行ったのですが、意外な事実が判明しました。
関門橋を眺めながらのお花見はできないみたいです・・。
関門橋の展望スポット+桜の名所=関門橋を眺めながらお花見!
と考えたのですが、同時に楽しむことはできませんでした。
「めかり公園」は小高い山のとても広い公園です。
敷地内には広場がいくつかあり、そこでお花見をすることが
できます。そこと展望台とは別の場所だったんです。
私がお花見した広場は、山のほぼ頂上に近い場所だったのですが、
頂上ではありませんでした。その広場から関門橋を眺めようと思っても、
その方角には山の頂上があって見ることができません。う~ん残念。
せっかく関門橋をバックにしたお花見写真を撮ろうと思ったのですが・・。

でも小高い山からの見晴らしはとても気持ち良く、桜の名所であることに
変わりはありません。家族で桜の休日を楽しみました。

※「めかり公園」で関門橋を見ながら花見をする場所がないと
 書きましたが、私が知らないだけなのかもしれません。
 なにしろ広い公園なので・・。どなたか知ってたら教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2004.04.03

旅するデジカメ

新聞の文化欄を読んでたらこんな紹介が載ってました。
「友人5人で順にノートに近況を書き、郵便で回します」
とのこと。面白いなあと思いました。
自分の近況を書き、友達にそれを送る。その友達がまた
近況を書き、次の友達に送る。自分の手元に戻ってきたら
みんなの近況がそのノートに書いてあるわけですね。
いつ頃自分の手元に戻ってくるのか、そのノートにみんなは
どんなことを書いているか、想像しながら待つわけです。
これって楽しいですよね?

この記事を読んで私はあることを思い出しました。
待てよ、これに似た感覚は覚えがあるぞ、と。
それはもう6~7年前の遠い昔の記憶です。
いまでこそデジカメは一家に一台といった感じで普及してますが、
当時はまだ持っている人のほうが少ない時代でした。
私は大学サークルOBのネットワークで盛んに活動していました。
確か私はその時すでに九州に戻っていたと記憶してます。
東京に住んでるOBたちが飲み会をすると聞いて、
私はこう提案しました。「デジカメ送るから、撮って送り返して!」

今から考えるとずいぶん無茶なことを考えたものです。
デジカメ本体を梱包して送ろうというのですから。
今なら誰かがデジカメ持ってるだろうし、撮ったらネットに
アップすればいつでもみんなが見ることができます。
それが効率的で便利なやり方です。でも・・と私は思います。
デジカメ本体を送るというアナログな方法は、不思議なことに
6~7年経った今でも私にとって魅力的なものに感じるのです。

想像してみてください。デジカメ本体を梱包して送る時の気持ちを。
無事に届くだろうか?ちゃんと撮ってくれるかな?どんな写真だろうか?
いつ頃こちらに送り返してくれるだろうか?楽しみだ!
そうやって、わくわくしながら待つ気持ちは格別です。

それは、冒頭で紹介した新聞の文化欄を読んだときに
感じたものときっと同じなはずです。あちらはノート、
こちらはデジカメの違いはありますが。

そこで思いつきました。ノートの代わりにデジカメにしたらどうだろうか?
全国に点在するOBの間で、順にデジカメで写真を撮り郵便で回すのです。
一巡すれば全国に散らばるOBの写真がデジカメに収められるわけです。
一台のデジカメがOBからOBの手に渡り、写真が増えていく。
まるでデジカメがOBを訪ねて旅をするみたいに思えます。
題して「旅するデジカメ」っていうのはどうでしょうか?

そんな面倒くさいことしなくても、ネットを使えばもっと簡単なやり方は
いくらでもあります。でも私はこのアナログなやり方に惹かれるのです。
なぜでしょうか?私だけかな?

一巡してデジカメに収められた写真は、今のOBたちの姿を写し出すはず。
それは大学を卒業して違う道を歩き始めたOBたちの「今」そのものです。
家族で写ってたり、独身のままだったり。雰囲気ががらっと変わってたり、
相変わらずだったり。寒いところだったり、暑いところだったり・・。
デジカメはOBたちの間を旅します。私たちはデジカメが旅をしている間は
ただ待てばいいのです。楽しみにしながらね。

思えば私たちは「待つ楽しさ」を奪われてしまった世代なのかもしれません。
昔は手紙のやり取りを楽しんでいました。でもパソコンでメールするようになり、
相手がパソコンを開けばいつでも読んでもらえるようになりました。
そして携帯メールでは、いつでも相手の携帯に届いて着信音で知らせます。
すぐに返事をするのが携帯メールの常識だとも聞きます。
世の中は便利になったけど、そのぶん余裕がなくなったような気がします。
本当のぜいたくとは「待つ楽しさ」のようなものではないでしょうか?
奪われてしまったのなら、私たちが新しく作ってあげたらいい。
そう思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.02

WOWOWお試し期間終了~!

3月13日(土)~3月28日(日)の15日間、BSデジタルの
WOWOWに申し込んで無料お試しサービスを満喫しました。
もう録りまくりです。

今年の初め、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビを
買いました。前に使ってたテレビが壊れたからなのですが、
買い換えたおかげでBSデジタル放送を見ることができるように
なりました(そのときの話はこちらを参照)。
家電量販店で買った時WOWOWの15日間無料お試しサービスの
申し込みハガキをもらいました。それを今回使わせてもらった訳です。

実はこの3月の15日間、私の興味を引くようなプログラムが
満載でした。今使わないでいつ使うんだ~!と思い、
すかさず無料お試しサービスを申し込みました。
そんなわけで以下、録画した番組を記します。

 三谷幸喜 「オケピ!」
 つかこうへい 「飛龍伝」(広末涼子・筧利夫 主演)
 古館伊知郎 「トーキングブルース16th 恋してみました」

 綾戸智絵 「JAZZ ON VALENTINE AT CHURCH 」
 福山雅治のLIVE 「冬の大感謝祭」(ジョン太がファンなんです)

なかなかのもんでしょ。他にも映画などいろいろ録りました。
録りためたので、時間のあるときにゆっくり見ようと思います。
ふだんはほとんどビデオで録ることなんかないのに、
こんなときだけ録りまくるのはやはり貧乏性なのでしょーか。

WOWOWって良い番組多いですよね。オススメです。
ただ、それだけのために月額2300円って高いかなぁ・・。
そんなわけで無料期間を終え、普通の日々に戻るのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.01

2003年4月6日の桜@<桜.BLOG>

今回も蔵出し写真をお届けします。1年前の写真です。
考えてみれば我が家はホントよく花見してます。
<桜.BLOG>に参加して改めて気がつきました。

この写真は小倉の昭和池公園です。
1年前、情報誌に紹介されていたので行ってきました。
ここは花見スポットとしては穴場です。
小倉からちょっとドライブ気分で郊外までお出掛け。
土手をはさんで片方が池、もう片方がなだらかな坂に
なってて、その坂を下りると桜の広場が広がります。
上から見下ろすと、桜の隠れ里のような雰囲気です。
見晴らしは絶景です。

「2003年4月6日の桜」
20030406.jpg

↓ click here! ↓
panorama

今回で蔵出し写真は終了。次回はいよいよ今年の桜!
今週末お花見をする予定です。晴れたらいいな。

| | コメント (4) | トラックバック (19)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »