« 東京子連れ家族旅行 | トップページ | 蛍を見ました! »

2004.05.28

言葉を尽くす

言葉について考えることがよくあります。
「良い文章」と「上手い文章」についても。
この2つは似ているようでたぶん違います。
「上手い文章」は書けなくても「良い文章」なら
誰でも書ける、私はそう思っています。

そもそも私たちはなぜ書くのか?なぜ書きたいと思うのか?
それは自分の想いや考えを誰かに伝えたいからでは
ないでしょうか?もしそうなら「良い文章」とは、自分の想いや
考えが相手に伝わる文章ということになります。

私はいつも書くときにこんなことを考えてます。
頭の中で考えていることがそっくりそのまま取り出せたら
どんなに良いだろうか、と。自分の感じたことが100%
ストレートに伝わるなら、きっとそれを読んでくれる人も、
私と同じように感動したり驚いてくれるはず。
一緒にその想いを共有したいのです。
そうなるためにはどうしたら良いか、そればかり考えています。
「上手い文章」を書こうなんてのは二の次です。

では「良い文章」はどうしたら書けるのか?
実はそんなに難しいことではありません。
「分かりやすく読みやすい文章」を書く気持ちがあれば大丈夫です。
相手に伝わる文章とはすなわちそういうものではないでしょうか?

でも、ここで勘違いしたらいけないのは100%相手に伝わる
文章など存在しないということです。あなたが私でないのと同じ
ように、考えていることが100%そのまま相手に伝わることなど
あり得ません。ただ少しでもそれに近づくようにすることはできます。
この文章でちゃんと伝わるだろうか?とか、もっと別の表現のほうが
伝わるだろうか?など。そうやって推敲することで、自分の想いや
考えを忠実に表現しようとすることはできます。それが大切なのだと
思います。格好つけたり、誇張したりする必要はありません。

ところで「上手い文章」とはどういったものでしょうか?
私は「上手い文章」とは「的確で簡潔な文章」だと考えます。
10あるものを語るのに、10は書かずに、残りは行間から
想像させる、そんな文章です。ただ、そんな才能はなくても
相手に伝わる文章は書けます。書こうとすることはできます。
例えば同じことを書こうとしても「上手い文章」を書く人なら
たった1行で表現できるかもしれません。でもそうじゃない人だって
言葉を尽くせば、同じことを表現できるはずです。
原稿用紙何十枚になったって構いません。課題図書の読書
感想文じゃないんだから、制限なんてありません。過不足なく、
自分の想いや考えを伝える努力をすること、これが大切なのだと
思います。そこから先は、読む人にすべてを委ねるしかありません。

100%そのまま相手に伝わることはあり得ません。
50%しか伝わらないことだってあるでしょう。
でも、もしかしたら120%伝わることだってあるかも。
自分の想いや考えが、響きあい共鳴して、ふくらみ大きくなる。
そんな幸せな出会いが待ってるかもしれません。

私は言葉の力を信じます。

|

« 東京子連れ家族旅行 | トップページ | 蛍を見ました! »

考える」カテゴリの記事

コメント

タオさんこんばんは!
言葉のチカラ☆わたしも信じます。
表現がへたで、自分の言いたいこともうまく人に伝えられない私なのですが。
でも、十人十色という言葉がありますが、人っておもしろいなあと最近つくづく思うことがあります。
自分の発した言葉が、思いもよらないふうにとられていたりして、「へぇそういうことに発展するんだぁ~」なんて・・・
良いようにとられていればいいのですが、そういう場合でないときは悲しくなっちゃったりもしますけれどね・・・私の言っている意味わかっていただけましたでしょうか?(*^^*)

投稿: Youyounonbiri | 2004.05.29 00:52

Youyounonbiriさん、こんばんは。
コミュニケーションって難しいですね。
自分の考えていることがそのまま伝われば
誤解なんてないのでしょうけど、
良く取られたり悪く取られたりしがちです。
でも見方を変えれば、そこが面白いところかも
しれませんね。誤解や理解があるからこそ
ドラマは生まれるのかも。

投稿: タオ | 2004.05.29 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/667312

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉を尽くす:

« 東京子連れ家族旅行 | トップページ | 蛍を見ました! »