« 言葉を尽くす | トップページ | その向こう側 »

2004.05.30

蛍を見ました!

我が家から歩いて10分ほどのところにホタルを
見れる場所を発見!見てきました。感動しました。
あれがホタルなんですね。

ホタルが見られる場所を知ったのは、花見の帰りだったから
4月の初めだったと思います。家までの帰り道、いつもは
通らない路地を歩いて帰っていると「ホタルの里」という
立て札を見つけました。小川と草むらがある小さな場所で、
こんなところでホタルが見れるのかなあと、ジョン太と
話したのを覚えていました。

我が家は繁華街まで自転車なら10分程度で行ける便利な
ところにありながら、すぐそばには山があり自然に恵まれた
場所でもあります。でもまさかホタルまで見られるなんて!

ホタルを見に行くのは大変ですよね?雑誌で紹介されてる
ような有名な場所は、たいてい山あいの川沿いなので行く
までが大変だし、他に目的があればいいけど、ホタルを
見に行くだけだったら夜まで待たないといけないし、
見終わってから帰るのも遅い時間になります。そんなわけで
私もホタルを見に行ったことがありませんでした。
いや、考えてみれば本物のホタルを見た記憶がありません。
だから感動もひとしおです。

ホタルって、ふわりふわりと浮かぶように光るんですね。
明滅を繰り返しながら漂うホタルの群れは幻想的です。
私はホタルについていろいろ勘違いをしてました。
写真で見るホタルは乱舞してるような光の帯で表現されてる
ことが多く、早いスピードで飛んでるようなイメージが
ありました。でも実際は近くを飛んでいれば、両手でそっと
包んで捕まえられそうなほどゆったりとしたものでした。
それとホタルは夏のイメージだったけど、実際は5月下旬から
6月中旬までで、そんなに早い時期とは知りませんでした。
ホタルの成虫の命はわずか1~2週間。北九州は今週末から
来週にかけてがホタルの見頃を迎えると新聞に書いてあった
ので、以前見つけた近所の「ホタルの里」に行くことにした
わけです。ジョン太とユースケを連れて、そぞろ歩いて。

ホタルが見られる絶好の条件は、曇っていて月明かりがなく、
蒸し暑く、風のない、夜8時~9時ごろだそうです。
まさに今夜がその条件にぴったりでした。
そんな近所でホタルが見られるなんて、私もジョン太も
半信半疑だったのですが、実際見てみるとその光景は
夢のようです。ユースケも初めて見るホタルに喜んでました。
ずっと見てても飽きず、名残惜しかったけど、来年もまた必ず
ホタルを見に行こうと決意して家路に着いたのでした。

|

« 言葉を尽くす | トップページ | その向こう側 »

お出かけ(イベント・旅行)」カテゴリの記事

コメント

トラックバック有難うございました♪
蛍、ふわーりふらふら、チカチカ光ったり消えたりと
何とも言えない風情がありますよね。
ユースケ君も気に入ったということで来年の楽しみが
ひとつ増えましたね!

投稿: ilikewalking | 2004.05.30 02:39

ilikewalkingさん、コメントありがとうございます。
そうそう蛍、ふわーりふらふらって感じですよね。
蛍の群れが呼吸をするように光ったり消えたりを
繰り返してるのがとてもきれいでした。
ユースケにも貴重な体験になったと思います。
記憶に残るかどうかは分かりませんが(笑)。
蛍にバイバイして帰ったユースケですから、
来年もきっと会いに行きますよ。

投稿: タオ | 2004.05.30 03:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/677669

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍を見ました!:

» 5月28日蛍観賞の報告  ★★ [京都・哲学の道案内 Philosopher's Walk...]
金曜の夜8時から哲学の道を端から端まで歩いてきました。 蛍は数えてみた(!)のですが合計10匹。 一番多くいた(2~3匹ですけど、、、。)場所は大豊神社の橋... [続きを読む]

受信: 2004.05.30 02:35

» 手の上に蛍 [★ダーマ母の覚え書★]
昨日、友達に教えてもらってみてきました。 それが場所はどこかと思ったら  なんと、家のすぐ側の川! しかも川のずっと上流とかでもなくて、 ほんとすぐ... [続きを読む]

受信: 2004.06.01 00:27

» ホタル [花と写真とblogと。]
[続きを読む]

受信: 2004.06.02 23:41

» 蛍三昧にはならず M [東雲つれづれ日記]
 蛍を見たさに急いで実家へと帰り着いたけれど、真っ暗な中を携帯のカメラの明かりを頼りに進んでみても、ちっともどこにもいなかった。  やっぱり、地面や、草が... [続きを読む]

受信: 2004.06.08 07:36

« 言葉を尽くす | トップページ | その向こう側 »