« 夏のスタンド@夏っちゃん | トップページ | サイバーショットと私 »

2004.07.21

小倉祇園太鼓

小倉祇園太鼓に行ってきました!
小倉の夏を代表するお祭りです。祭り好きなら欠かせません。

小倉祇園太鼓は毎年7月の第3金・土・日の3日間行われます。
期間中は小倉の繁華街を山車で練り歩く祇園太鼓を見ることができます。
ジャンガラ(スリ鉦)と、山車の前後に据え付けた太鼓を打ち鳴らしながら、
「ヤッサヤレヤレ」の掛け声に合わせて練り歩きます。
祭りのハイライトは小倉城前の広場で太鼓の技を競う太鼓競演会です。
土曜日は、競演会場に次々と練り歩いた山車が現れる「太鼓競演会」。
日曜日は、競演会場にずらりと並んだ据え太鼓で行う「据え太鼓競演会」。
祇園太鼓を見てると胸が高鳴ります。感動すること請け合いです。

小倉祇園太鼓は全国でもめずらしい両面打ちです。
太鼓にはオモテとウラがあり、オモテをカン、ウラをドロと呼びます。
太鼓の皮の貼り方で調整されており、きつめに貼ったほうが高い音のカン、
ゆるめに貼ったほうが鈍い音のドロ。カンとドロでは違った打ち方をします。
ドロは単調な基本音、カンは派手な打ち方、そこにジャンガラが加わって、
独特のリズムと音が作られます。それを聞けば浮かれること間違いなし!

小倉祇園太鼓は参加チームの多さが一つの特徴といえるでしょう。
町内や団体、そして小倉祇園太鼓を愛する人たちのチームなどで
約100以上の参加があります。また少年組や大人組など、
幅広い年齢層が参加し、男性や女性の区別もありません。
小倉祇園太鼓は荒っぽいお祭りのようにみえますが、私が好きなのは
年齢や性別などで差別しない、そういった優しさかもしれません。

♪小倉名物太鼓の祇園
  太鼓打ち出せ元気だせ
  あっやっさやれ やれやれー♪
太鼓を叩きながら子供たちが唄うこの小倉祇園囃子を聞くと、
夏が来たんだなあとしみじみします。小倉の夏の風物詩です。
そう感じるようになれば、あなたももう立派な小倉っ子!

個人的な好みでいえば、伝統を重んじる正調打ちも良いけど、
暴れ打ちのほうが私は好きです。左右にステップを踏んだり、
飛び跳ねたり。どうしたらそんな風に打てるのか不思議です。
叩いた後のバチのさばき方がまたかっこいい!
あれだけ早く叩いてるのに、その合間にピタっと溜めをつくります。
叩いた後のバチをすっと上に伸ばしたり、左右いっぱいに両手を伸ばしたり。
音だけじゃなく、こういったパフォーマンスも見る人を楽しませてくれます。

それと小倉祇園太鼓で好きなのは、太鼓の打ち手が替わる瞬間です。
踊るようにステップを踏みながら、するりと打ち手が入れ替わる瞬間が
なんとも見てて気持ち良いのです。感心します。

途切れず響く太鼓の音と繰り広げられるパフォーマンス。
全国でもめずらしい太鼓の両面打ち。
一度ご覧になってはいかがでしょうか?

「小倉祇園太鼓」
小倉祇園太鼓

|

« 夏のスタンド@夏っちゃん | トップページ | サイバーショットと私 »

福岡・北九州・小倉」カテゴリの記事

コメント

埼玉県春日部市で小倉祇園太鼓 春日部無法松会に所属してます。毎週日曜日に4時間練習してます。会に入ってまだ8ヶ月ですがドロが打てるようになりました。

投稿: 和久田達也 | 2004.12.18 12:23

初めまして!埼玉でも小倉祇園太鼓やってるんですね。
知りませんでした。私は見るだけなので
太鼓打てる人はもうそれだけで尊敬してしまいます。
小倉祇園太鼓は夏の風物詩。あの暑い頃を思い出しました。
冬でも練習するんですね。頑張ってください。

投稿: タオ | 2004.12.19 11:50

私は、こちらのページの写真にある流麗会(ながれかい)の者ですが、初めてお邪魔します。私共の写真を載せて頂き、ありがとうございます。これからもがんばりますので、応援宜しくお願い致します。

投稿: あすか | 2005.07.19 02:51

あすかさん、初めまして。
自分が載せた写真の団体の方からコメント
頂けるなんて、感激です。ありがとうございます。
写真は去年のものです。
いろんな団体の写真を撮ったけど、
この写真がイメージにぴったりだったので
掲載させてもらいました。
わっしょい百万夏まつりには出ますか?
頑張ってください。応援します。

投稿: タオ | 2005.07.19 03:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1016489

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉祇園太鼓:

« 夏のスタンド@夏っちゃん | トップページ | サイバーショットと私 »