« 本屋さんの密かな愉しみ | トップページ | 初めての運動会@秋味ぶろぐ »

2004.09.19

祈るということ (追記)

何気なく読み始めた新聞のコラムの最後の一行を読んだとき、
思いもかけなかった言葉に出会って衝撃を受けました。
それはこんな言葉。

「祈りとは、諦めないということである。」

9月12日付の西日本新聞の「いまこの時代に」というコラムで
作家の村田喜代子が寄せた文章です。全文を紹介したい程、
興味深い内容でした。作家だけあって文章の構成も巧みです。
知人の娘が、看護学校で教師に聞いた話から始まります。

 最近のアメリカでは死体が腐りにくくなったという。
 食品を保たせるための防腐剤が人の体に蓄積される。
 不気味な話だ。死体は速やかに腐らねばならない。
 それが自然というものだ。

村田喜代子はこのコラムで、人間の愚行について書いています。
「地球白書・2000~01」や、「百年の愚行(紀伊国屋書店刊)」
という本を紹介しながら、人間がおこなった自然と人への愚行を
厳しく見つめます。国家と民族、宗教の争いなどの一方で、身近な
ところで行われている愚行。私たちもそれに手を貸している現状は
決して人ごとではありません。産業廃棄物、酸性雨、動物実験・・。
便利を求める私たちは、自然界にとって恐るべき猛威ではないかと
このコラムでは問いかけています。

 これからの百年にいったいどんな未来があるのか。
 私が営むような書く行為に、どんな価値があるのだろう。

そう嘆いたとき、村田喜代子は自分が書いた小説の登場人物を
思い出します。死んだ後、神となった主人公が子孫を見守る話で、
この神は非力で何の神通力も持たない。いったい神とは何であろうと
自らを問い直す主人公。

 「神とは、目のようなものではないか・・・。永遠に人間界を見つめ続ける
  尽きぬまなざしのようなものではあるまいか。」

そう考えた主人公の祈りにも似た悲しみ。
村田喜代子はこの後こんな文章でコラムを結んでいます。

 これこそ力はなく心のみ溢れるばかりの、人間の祈りではないか
 という気がしたのだった。そして祈りとは、諦めないということである。

読み終えたとき、衝撃を覚えました。私が持っていた「祈り」という
言葉のイメージは静的なものだったので、「諦めない」という
力強い言葉の響きに驚きました。目を見開かされた思いです。
そう!諦めてないから人は祈るのだ。

以前、私が書いた記事「祈るということ」を思い出しました。
人として、この世の中で一番尊い行為は「祈る」ということだと書きました。
力はなく心のみ溢れるばかりの人間の祈り。しかし、祈りとは諦めない
ということだと分かりました。平和を願う祈り。そこに力はないかもしれない。
でも祈り続ける限り、私たちに希望はあります。
祈りとは、諦めないということだから。

|

« 本屋さんの密かな愉しみ | トップページ | 初めての運動会@秋味ぶろぐ »

考える」カテゴリの記事

コメント

またまた、こにちは。
ちょっといま、「祈ること」「村田喜代子」
という文字が目に入って。
つい反応してしまいました。
村田喜代子さんの本は何冊か読みました。
特に小説ではないですが、
「名文を書かない文章講座」はすごいと思いました。
自分も村田さんを知ったのは今年の正月、
ある新聞のコラムでした。
それは文章、文学、について書かれたものでしたけど。
やはり感激しました。そのコラムぜひ読んでみたです。

投稿: face | 2004.09.23 09:35

faceさん、こんにちは。
実は村田喜代子さんの小説は読んだことがないのです。
黒澤明の「八月の狂詩曲(ラプソディー)」の原作者
ぐらいの知識しかありませんでした。
このコラムで初めて読んで、その巧さに驚きました。
これをあのおばあちゃん(写真が載ってました)が
書いてるのかと思うと完全に脱帽です。
このエントリーを書く上で、村田喜代子さんの著作も調べました。
「名文を書かない文章講座」って面白そうですね。
読んでみようかな?

このコラムはwebで探したけど見つかりませんでした。
地方紙なので仕方ないかも。全文を紹介したいけどできないので
この記事を書きました。※ほぼこの流れでコラムは書かれています。

faceさんはいろんな本を読んでるんですね。
私も本は好きです。時間がなくてなかなか読めないですけど。
これからもよろしくお願いします。

投稿: タオ | 2004.09.24 06:53

はじめまして。
今この時期に、祈るしかできない、というちょっと沈んだ気持ちでおりました。

こちらの文章に救われました。ありがとうございました。
勝手ながら、FBでシェアさせて頂きました。。

投稿: jey | 2011.03.17 20:58

jeyさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

2004年に書いた文章ですが、
時を経てまた誰かに読んでもらえて、
役に立てたことがとてもうれしいです。

今回の震災で誰もが心に傷を受けました。
被災した人もそうでない人も。

「祈りとは、諦めないということである。」
もう一度私もこの言葉を噛みしめようと思います。

※facebookにシェアしてもらってありがとうございます。

投稿: タオ | 2011.03.18 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1468963

この記事へのトラックバック一覧です: 祈るということ (追記):

« 本屋さんの密かな愉しみ | トップページ | 初めての運動会@秋味ぶろぐ »