« 初めての運動会@秋味ぶろぐ | トップページ | 109226件中 5件目 »

2004.09.29

来年の運動会への覚え書き

初めての運動会を経験して、初めて分かることもある。
運動会の撮影って難しい!痛感しました・・。
次回に活かすため、ここに覚え書きを残しておきます。

今回の運動会では我が子の晴れ姿を撮ろうと3台カメラを用意しました。
ビデオカメラ、コンパクトデジカメ、銀塩一眼レフカメラの3台です。
これを一人で撮ろうというのがそもそも無茶なこと。持ち歩くのも大変です。
デジカメをポケットに入れて、手にはビデオカメラ、首からは一眼レフカメラを
ぶら下げたお父さん。それは私のことです。

運動会の撮影で何が難しいかと言えば、被写体までの距離の遠さ。
これに尽きます。踊りや競技してる子供たちを撮ろうと思えば、
運動場のトラックの外側から撮るしかありません。
ふつうに撮れば我が子の姿はマメ粒ほど。そこでズームの出番です。

今回の運動会で一番役に立ったのはビデオカメラでした。
光学10倍ズームだったので、顔の表情まで分かりました。
銀塩一眼レフカメラは標準ズームのレンズしか持ってなかったので、
3倍程度で、競技中の姿を撮るにはちょっとツライものがありました。
デジカメは光学3倍ズームだけど、ソニー製はスマートズームというのが
あって、写真プリント程度の画質なら6倍くらいまでズームできました。
画質をそれほど落とさず撮れるので、かなり実用的で使える機能です。
そんなわけで主にビデオカメラとデジカメを持ち替えながら撮影しました。

運動会といえばビデオカメラを持つお父さんたちの姿を想像しますが、
それにはやっぱりちゃんとした理由がありました。運動会の様子を
伝えるにはビデオカメラが一番。高倍率で撮れるし、動画音声付きの
映像は文句なく楽しい。写真も良いけど、子供の可愛い仕草や表情を
全て逃さず撮ろうとするならビデオカメラが最適です。後で見れば
運動会のダイジェスト版みたいになってるので、実家で披露する時にも
喜ばれること請け合いです。

でも我が子の決定的瞬間を写真に撮ってみたい欲求もあります。
運動会の全体的な流れはビデオカメラで撮影して、ここぞというポイントで
写真を撮るのが良いのではないかと思いました。そのためには運動会の
プログラムとその内容を前もって良く理解しておく必要があります。
こんな画が撮りたいというのを考えておいて、それを撮るための場所や
方法など、運動会の始まる前に確かめておいたほうが慌てなくて済みます。
例えばかけっこなどは、ゴールする瞬間の写真を撮りたいもの。
今回失敗したなあと思ったのが、何も考えずにかけっこをビデオカメラで
撮ってしまったことです。ゴール手前でビデオカメラの撮影をやめて、
デジカメに持ち替えて写真を撮るなんて出来るはずがありません。
そんなことしたら、ビデオカメラの映像はゴール手前でブチっと切れる
ことになります。この場合は夫婦で、ビデオカメラ班と写真班に分かれる
べきだったと後で思いました。撮影プランを練っておくと失敗も少なくなる
でしょう。

運動会の大半の写真はデジカメで撮りました。でも銀塩一眼レフカメラでも
ちゃんと撮りました。やっぱり大切な写真はいいカメラで撮りたいもの。
大きくて重いけど、こんな大事なイベントの時には持って出掛けます。
標準ズームしか持ってないので、踊りや競技してるところは倍率が足りず
撮れなかったけど、運動会が始まる前や休憩時間などのリラックスしてる
姿を撮ることができました。どんな写真が撮れてるか楽しみです。

長々書いてきたけど、大切なのは「思い出」ですね。撮影するのが
目的ではありません。それを忘れないようにしようと思いました。
ビデオや写真は「思い出」を思い出すためのツールに過ぎないのですから。
その年の運動会は一度きり。心に残る運動会を!
それが一番大事な、来年の運動会への覚え書きです。

|

« 初めての運動会@秋味ぶろぐ | トップページ | 109226件中 5件目 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1547292

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の運動会への覚え書き:

« 初めての運動会@秋味ぶろぐ | トップページ | 109226件中 5件目 »