« 「コスモスとオルゴール」について | トップページ | コスモスとオルゴール(中編) »

2004.10.04

コスモスとオルゴール(前編)

3年前に書いた日記。
(以下原文そのまま)

2001年10月4日の日記
「コスモスとオルゴール(前編)」

2年前の秋、私は彼女にプロポーズした。
新聞の「コスモスだより」を見るたびに、あの頃のことを
懐かしく思い出す・・。

2年前の9月の終わり、私は新聞の「コスモスだより」という
コスモスの各地の開花状況を知らせる小さな欄を毎日チェック
していた。私が見ていたのは、能古島(のこのしま)のコスモスの
開花状況だ。能古島は福岡にあり、1年を通して季節の花が
楽しめる島である。島とはいえ、フェリーで10分と比較的近く、
福岡の中心地からもそれほど離れてはいない。ここはコスモスの
名所として知られている。
私はもう一度ここで彼女とコスモスを見たかったのだ。


[コスモス篇]

話はそれからさらに1年前にさかのぼる。
当時私たちは知り合って2か月が過ぎていた。知り合ってからは
週末になるたびに、お互いの家を行き来する生活を送っていた。
車を持っていなかった私たちは、どこかに遊びに出かける時は
電車かバス、または徒歩という今どきの学生でもやらないような
交際をしていた。当然、行動範囲は狭い。そんな私たちが立てた
初めての計画が、能古島にコスモスを見に行くことだった。とはいえ、
彼女の住んでたところから1時間そこらの場所なので、小旅行とさえ
呼べないものかもしれない。それでも船に乗って島に行くのだ。
気分はすっかり小旅行だった。

それまでの私は、彼女とのことを強く意識したことはなかった。
毎週会うことがあまりにも自然なことに思えていたから、
付き合っているという自覚さえ薄かったのかもしれない。
しかし能古島に着き、一面に広がるコスモスの花畑を見ながら、
2人で歩いているうちに、ふいにこんなふうに思っている自分に
気が付いた。「来年もまたここに来て、2人でコスモスを見たいな」と。
2人の将来について初めて考えるようになった場所がここだったのだ。

この日、私たちは初めて記念撮影をした。
私たち2人の姿が写った最初の記念すべき写真。
それまでは写真なんていらないと思っていた。
だけど、このとき初めて、形に残るものが欲しいと思った。
記録に残したいと思い始めたのは、彼女が大切な存在に
なったせいかもしれない。
それから1年後、私はここで彼女にプロポーズすることになる。

|

« 「コスモスとオルゴール」について | トップページ | コスモスとオルゴール(中編) »

以前の日記より※」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1587308

この記事へのトラックバック一覧です: コスモスとオルゴール(前編):

« 「コスモスとオルゴール」について | トップページ | コスモスとオルゴール(中編) »