« コスモスとオルゴール(中編) | トップページ | 3年前の秋@秋味ぶろぐ »

2004.10.06

コスモスとオルゴール(後編)

3年前に書いた日記。
(以下原文そのまま)

2001年10月6日の日記
「コスモスとオルゴール(後編)」

[プロポーズ篇]

私が思い描いたのは、コスモスが咲き乱れる能古島で、
彼女の誕生日プレゼントに「カノン」のオルゴールを渡して
プロポーズすることだった。オルゴールは準備したし、
能古島のコスモスは9月下旬から10月上旬が見頃だから、
10月6日の彼女の誕生日前には絶好のプロポーズ日和となる。
これ以上のシチュエーションがあるだろうかと、私はひとり悦に
入っていた。しかし、現実は思ったようにはいかないものだ。

2年前の9月24日、台風18号が九州各地に壊滅的な
ダメージを与えた。新聞の「コスモスだより」はそれまで
「3分咲き」だったのが、翌日には「つぼみ」に戻っていた。
暴風雨がコスモスをなぎ倒してしまったのだ。
うひゃあ。プロポーズする日まであと1週間ぐらいなのに。
私は祈るような思いで、新聞の「コスモスだより」を
毎日チェックするしかなかった。

「見頃」になるはずだったコスモスは、なんとか「3分咲き」まで
回復してくれた。考えていたシチュエーションとはちょっと違うけど、
今さら計画を変更できない。なんとしてでもプロポーズするのだ。
プロポーズする日は10月3日の日曜日。彼女の誕生日前の週末だ。

そしてその週末はあいにくの天気となった。前日の土曜日には
彼女から「ねえ、ほんとに能古島行くの?明日は雨だよ」と
言われてしまった。確かに明日の天気予報は曇り時々雨。
考えていたシチュエーションとはちょっと違うけど、今さら計画を
変更できない。なんとしてでもプロポーズしなければ。

プロポーズ当日。ぐずつく天気をにらみながら、能古島にやってきた。
雨はまだ降ってなかったけど、今にも降りそうな曇り空だった。
コスモスが一面に広がっているはずだった花畑は、まだ台風18号の
影響でところどころなぎ倒されたまま、花も実際には1分咲き程度に
見えた。コスモス畑のある丘で、海を見ながら、彼女がつくってくれた
お弁当を一緒に食べた。本当なら今ごろはコスモスを見に来る
観光客でいっぱいなのだろうが、やはり見頃ではないために、
能古島を訪れる人はまだ少ないようにみえた。
私たちもまた場違いな観光客だった。

いつプロポーズするか、私はそのタイミングを考えていた。
なかなか言い出せず、島を散策するうちにとうとう雨が降ってきた。
土砂降りだった。

土産物屋で雨宿りしながら、軒先のコスモスを見ていた。
今日はもうプロポーズできないかもしれない。
でも今日しなければ、彼女の誕生日を過ぎてしまう。
途方に暮れながら、雨に打たれるコスモスを見ていた。
彼女も心なしか悲しそうに見える。
(というよりはこの強引な能古島行きに合点がいかないみたい)

しばらくすると小雨になり、また散策ができそうな天気になった。
土産物屋の人が大きなパラソルを貸してくれた。
ゴルフのときに使いそうな赤と白と青の3色のパラソル。
私たちは礼を言ってまた散策に出かけた。
途中、いろんな花を見たり、うさぎと一緒に遊んだりしたが、
どこで言おうかそればかりが気になり、あまり楽しむことはできなかった。

そしてまた海の見える丘に来て、マットを敷いて2人で座った。
小雨がちょっと降っていたので、借りた大きな3色パラソルを
2人の後ろに立てかけた。目の前にはコスモス畑があり、
満開には程遠かったが、それでもコスモスは咲いている。
そこから先は海が広がり、空が大きく見える。
気がつけば雨は止み、晴れ間からいく筋かの光が射してきた。
周りを見ると私たちのいる丘には他に誰もいなかった。
いくらまだ観光客が少ないとはいえ、この丘に誰もいない瞬間が
あるなんて考えられないことだった。小さな奇跡というものがあると
すれば、それはきっとこんな状況のことをいうのだろう。
私はここでプロポーズすることにした。

オルゴールを彼女に手渡し、開けてみると「カノン」が流れてきた。
彼女もそれを聞いて、あのとき一緒に見た映画の曲だと分かってくれた。
私は嬉しくなり彼女にプロポーズした。
「結婚しよう」。
彼女から返ってきた答えは「イや~」 だった・・。

ずるっ。なんだそりゃ。
でもそう言った彼女の顔がとても嬉しそうだった。
もう一度、結婚しようと言うと今度はうなずいてくれた。
そしてまた2人でオルゴールを聞いた。
「カノン」のオルゴール以外は何も聞こえない世界。
あの時のあの場所は、確かに2人の為だけにあった。

あのとき感じたことは「おおむね良好」という言葉だった。
コスモスはほとんど咲いてなくて、途中で土砂降りになったりと
コンディションは最悪だったが、プロポーズは最高の瞬間にすることが
できた。プロポーズしてからは結婚準備に邁進することになるのだが、
何か問題があるたびに感じたのも「おおむね良好」という言葉だった。
そしてあれから2年が過ぎ、私たちは結婚して子供もできた。
「おおむね良好」という意味の「Mostly Good」という言葉は、
結婚指輪に刻み込まれ、今でも私たちと一緒にある。

10月6日は彼女の誕生日。あの頃のドタバタを懐かしく思い出す。
心から誕生日おめでとうを言いたい。

|

« コスモスとオルゴール(中編) | トップページ | 3年前の秋@秋味ぶろぐ »

以前の日記より※」カテゴリの記事

コメント

素敵なお話読ませていただきました。
タオさんの演出、羨ましいなぁ~。「カノン」私も大好きです。
奥様のお誕生日、今日なのですね!!
おめでとうございます♪素敵な一日でありますように^^

投稿: Hina | 2004.10.06 08:43

長~いお話読んで読んでくれてありがとうございます。
演出というほどのことではないですよ。
どちらかといえばそういうの苦手なんです。
でもこの時だけはそうしたかったんです。不思議ですね。
「カノン」私も大好きです。でもその映画をふたりで見るまで、
知りませんでした。私がここで書きたかったのは、コスモス畑で
コスモスを見たこと、ふたりで映画を見て「カノン」という曲を
知ったこと、そんなことのすべてが結婚につながっていたんだなあと
いうことかもしれません。無駄なものなんてなくて、すべてのものに
意味があって、それまでがあったから今の私たちがある。
そう思えるんです。

今日は早めに仕事を終えて、家族3人でお祝いしました。
プレゼントは好きなものを後日買ってもらうことにしてるので、
今日は私からワインと、ジョン太の好きなケーキ屋のケーキ、
それとデパートをぐるりと回って見つけたちょっとしたプレゼントを
買って帰りました。デパートで見つけたのはプリザーブドフラワー。
知ってますか?

投稿: タオ | 2004.10.07 05:16

お話読ませていただきました。私も能古島行ったことありますがコスモスは2部咲きくらいでした。そのときは母と祖母の三人で行きましたがいつか最愛の人と行きたいと思いました。コスモスって不思議ですよね。秋の代表的な花で漢字も秋桜と書きますが、春の桜と違って風に揺れて今にも倒れそうにしているけどしんはしっかりしていてなかなか強いものです。打たれ強いという印象があります。でも一輪ではきっと倒れてしまうのかもしれません。私のようだなって思ったりします。そばで支えてくれる人がいるからこそ今の自分がいるんだなと感じました。

投稿: 桜 | 2004.10.18 18:16

能古島は私にとって特別な場所になりました。
初めて行ったときコスモスが咲いてとても印象的でした。
桜さんは良い出会いがありましたか?
思うんですが、出会いは、出会いだと思わなければ
いつまで経っても出会わないものですよね。
出会ってるのに気づかず見逃すことが多いものです。

同じように、特別な場所はその人が特別な場所だと
思わなければ、単なるそれだけの場所でしかありません。
桜さんが最愛の人と能古島に行けるように私も願うことにします。
桜さんと最愛の人で特別な場所にしてください。支えてくれる人が
そばにいるならきっと大丈夫ですよ。

投稿: タオ | 2004.10.18 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1605258

この記事へのトラックバック一覧です: コスモスとオルゴール(後編):

« コスモスとオルゴール(中編) | トップページ | 3年前の秋@秋味ぶろぐ »