« 旅先にて@秋味ぶろぐ | トップページ | 誰かのドングリ@秋味ぶろぐ »

2004.10.28

淡いつながり

我が家宛てに1通のハガキが届きました。
私とジョン太とユースケに宛てられたハガキ。
縁というのは不思議なものだなあと、近況を知らせる
そのハガキを読みながら、しみじみ思ってしまいました。

始まりは3年前の秋。2人の女性と出会うところからです。
出会うといっても、その2人は私の得意先で働いてた女性たち
だったので、顔は以前から知ってました。直接仕事のやり取りは
ないので、普通なら挨拶するだけの関係だったはずです。

きっかけはユースケでした。ちょうどその頃ユースケは生まれて
6ヶ月ぐらい。私も親バカなもので、携帯にユースケの待ち受け
画像を入れてました。彼女たちから「赤ちゃんいるんですよね?」
なんて聞かれたもんだから、喜んで携帯を取り出し、ユースケの写真を
見せてあげました。「かわいい!」なんて言うもんだから、つい調子に
乗って、「じゃ見に来ます?」なんて冗談を言ってしまいました。
そしたらなんと「え!いいんですか?じゃ行きますー」という意外な展開。
2人とも独身で、私よりも10歳以上若い彼女たち。それまでほとんど
しゃべったことのない彼女らを、なぜか我が家に招くことになりました。

「うちに遊びに来たいって言ってる得意先の女の子がいるんだけど・・」
そうジョン太に切り出したけど、とっても話しづらかったのを覚えています。
だいたい変でしょ?会社の女の子ならまだ分かるけど、得意先の女の子が、
ユースケを見たいから遊びに来るなんて。私だって信じられない話です。

心配したものの、いざその日がやってくると、とても楽しい時間を過ごす
ことができました。明るい彼女たちとジョン太はすぐに仲良くなり、
おしゃべりしたり、ユースケを抱っこしてみたり、写真を見たり・・。
「今度は一緒にピザを作ろう~」と、ジョン太と彼女たちは次の約束を
したようでした。そうして彼女たちと我が家の付き合いは始まったのです。

その年のクリスマスに手作りのピザパーティ。そしてユースケの誕生日
祝いを兼ねたひな祭りパーティなど何度か集まって楽しく過ごしました。

その後、彼女たちは会社を辞めたので、仕事で会うこともなくなりました。
一人はこの場所を離れ、一人はこの場所に残り、それぞれ別の道を
歩き始めたので、以前のように我が家に遊びに来る機会もなくなりました。
でも年賀状や暑中見舞いのやり取りは今でも続いています。
たまにメールが届くこともあります。

この前、彼女のうちの一人が、たまたま私たちを見かけたらしく、
車のクラクションをプップッと鳴らしてくれました。車の中から
一生懸命手を振る姿がとても印象的でした。

彼女たちに会うたびに、そしてメールやハガキを読むたびに、
ふんわりと温かい気持ちになれます。友達とさえも呼べないような
淡いつながりだけど、この関係を大切にしていきたいと思ってます。
ほっとけば簡単に消えてしまいそうなつながり。
でも純粋にお互いの好意だけで成り立ってるつながり。
だからこそいつまでも大切にしたい。そう思えるのです。

|

« 旅先にて@秋味ぶろぐ | トップページ | 誰かのドングリ@秋味ぶろぐ »

思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/1792665

この記事へのトラックバック一覧です: 淡いつながり:

« 旅先にて@秋味ぶろぐ | トップページ | 誰かのドングリ@秋味ぶろぐ »