« 赤い実何の実?@秋味ぶろぐ | トップページ | 秋の庭園@秋味ぶろぐ »

2004.11.20

スタンド・バイ・ミー

言葉は命である。
哲学者の池田晶子は、著書「あたりまえなことばかり」で書いてます。

 死の床にある人、絶望の底にある人を救うことができるのは、
 医療ではなくて言葉である。宗教ではなくて、言葉である。

この文章を読んだときの衝撃を忘れることができません。
なんて力強い言葉なのだろうか。人が人らしく生きるために
必要なのは医療や宗教ではなくて、言葉であると気づきました。

こんなことを書くのは、11月10日付の読売新聞の「余命 輝いて生きる」の
連載第2回「傾聴で孤独感軽く」という記事を読んだからです。

ここでは末期がん患者のための傾聴ボランティアが紹介されています。
そういうボランティアがあると初めて知りました。傾聴とは、相手に寄り添って
話を聴くこと。ただ聴くだけのボランティア・・。なんだ簡単じゃないかと
思ってはいけません。この人たちは聴くことのプロです。
傾聴で大切なポイントは3つ。
1.自分の意見を言わない。2.同じ目線で接する。3.相手の話を遮らない。
「相手に近づき、話に共感しようとする努力が大切」 なのだそうです。

末期がん患者にとって、自分の話を聴いてもらえることは、孤独や不安を
やわらげる何よりの薬になるでしょう。そのときに必要なのは、意見や
批評ではなく、肯定なのだと思います。末期がん患者の話を受け止めて、
受け入れる。それはすなわち、その人の人生を認めてあげること。
それが傾聴ボランティアの本質だと思います。

嬉しかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、つらかったこと。
誰の人生にもドラマはある。普通の人の、でもその人だけの生き様を
誰かが聴いてあげること。そして覚えてあげること。それはきっと意味の
あることだと思うのです。なぜなら言葉は命だから。言葉を受け止めて
あげることは、その人の命を受け止めてあげることと同じです。
それが傾聴ボランティアの仕事なのだと思いました。
相手に寄り添って聴くだけ。ただそれだけで人は救われます。

ベン・E・キングの歌をふと思い出しました。
「スタンド・バイ・ミー」には確かこんな意味の歌詞が出てきます。

「暗くなって月の光しかなくても君がいるなら、恐くないよ」
「君がそばに寄り添ってくれるだけで僕は強くなれるんだ」

|

« 赤い実何の実?@秋味ぶろぐ | トップページ | 秋の庭園@秋味ぶろぐ »

考える」カテゴリの記事

コメント

何年も前ですが、知人が傾聴ボランティアの講習を
受けて、資格?をもらってボランティアに行きました。
聴くってほんとに難しいですよね。

投稿: norry | 2004.11.21 13:09

傾聴ボランティアって、この新聞記事で初めて知りました。
読んで感動して、その感動を少しでも伝えたくて、
この記事を書いてみました。
聴くって難しいです。でも聴くって大切ですよね。
話すことに比べて、軽んじられがちだけど、
相手を理解するためには、聴くのが一番。
そこからコミュニケーションは始まるような気がします。

投稿: タオ | 2004.11.22 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/2011970

この記事へのトラックバック一覧です: スタンド・バイ・ミー:

« 赤い実何の実?@秋味ぶろぐ | トップページ | 秋の庭園@秋味ぶろぐ »