« 「ハウル」・・私はこう見た | トップページ | 星と光@越冬ぶろぐ »

2004.12.22

「ハウル」・・私はこう見た2

「ハウルの動く城」を見て、この映画って「千と千尋の神隠し」に
似てるなと思いました。姉妹のような映画というのが私の印象です。
※以下、見た人を対象に書いています。

何が似てるのかと言えば、話の構成です。
物語には起承転結というものがあります。
物語の導入部にあたる「起」、そこから展開する「承」、結末に向けて
急展開する「転」、そして幕を閉じる「結」という構成です。
この2つの作品では、「起」がどちらも実にあっさりしてる。
千尋もソフィーもいきなり不思議な世界に放り込まれるわけですが、
その理由が希薄です。なぜそんな目にあわないといけないのか?

そして起承転結の「承」が延々と続きます。
「転」と「結」はおまけのような感じです。
え?こんな解決の仕方でいいの?という感じ。映画を見て、
物足りないと感じる人はこれが原因ではないでしょうか?

宮崎駿監督は何が描きたかったのか?それは延々と続く
「承」の部分だろうということが想像できます。
この2つの作品はどちらも「活力」をテーマにした物語です。
どこにでもいる普通の人が不思議な世界に放り込まれて、
そこで生きる力を見つけて輝き始める物語。

「千と千尋の神隠し」以前と以後では、宮崎駿監督の中で何かが
変わったような気がします。主人公のキャラクターの作り方が違います。
以前は主人公自身のキャラクターがとても魅力的でした。
でもこの2つの作品の主人公たちは魅力的とは言い難いものがあります。
どこにでもいる普通の人が環境の変化によって成長していく物語です。
キャラクターの魅力によってぐいぐい引っ張っていくタイプなら面白い
導入部が描けるのでしょうが、この2つの作品ではそれは無理です。
魅力的ではないキャラクターの導入部はばっさり切り捨てるのが良いの
かもしれません。本当に描きたいのはその後の「承」なのですから。

宮崎駿監督がなぜそんなタイプのキャラクターを主人公にしたのか?
理由は分かりませんが、以前の方法論が限界に来たのかもしれません。
「もののけ姫」でその方法論が破綻したような気が私はします。
あの映画ではサンよりもアシタカのほうがキャラクターとしては魅力的でした。
異世界に放り込まれた普通の人間という意味では、サンは千尋やソフィーの
原型なのかもしれません。にもかかわらず以前の方法論で展開したため、
アシタカに比重が移ってしまい、主人公のサンに感情移入しにくい映画に
なってしまったのではないかと感じました。

魅力的なキャラクターが紡ぐ物語より、普通の人の物語を描きたい。
宮崎駿監督はそう考えているように思えます。
現代を生きる人に向けた映画が「千と千尋」と「ハウル」なのでしょう。

「ハウル」を見て私はこう考えました。
ソフィーは呪いをかけられて90歳の老婆になった訳ではない。
90歳の老婆になったという強力な暗示をかけられただけではないか?
ただ、その暗示は肉体的な見た目の変化をもたらすほど強いものだったと。

そして、呪いは解けたのかという疑問。私は呪いは掛かったままだと
思ってます。呪いは掛かったままだけど、それを克服したというのが、
あのエンディングなのだと解釈しています。だからその後のソフィーの
ことを考えれば、気持ちが後ろ向きになったりしたとき、ふっと老婆に戻る
こともあるでしょう。でもソフィーとハウルの2人ならきっと大丈夫。
「ハウルの動く城」とはそんな映画だったのかなと思います。

描きたかったのは「承」の部分だったから、「転」や「結」の部分は
物語を終わらせるためのおまけのようなものだったのでしょうか。
だからあんなにあっさりしてたのだと思います。

この映画を見終わって読み取れるのはまず老いの問題。
気持ちの持ち方で若く生きることができるのだというメッセージを感じます。

そして呪いは掛かったままだと解釈した場合、心に不安を抱えるあらゆる
人たちに生きる希望を与えてくれます。例えば治らない病気と闘っている
人たちにとっては、この映画は特別な意味を持つかもしれません。
気持ちの持ち方で生き方は変わってきます。
この映画はそのことを伝えたかったのではないでしょうか?

|

« 「ハウル」・・私はこう見た | トップページ | 星と光@越冬ぶろぐ »

映画」カテゴリの記事

コメント

記事を読んで、わたしが疑問に思っていたことが解消されました。
ありがとうございました!

投稿: norry | 2004.12.26 12:45

初めまして、弓木といいます。
『ハウル』については、僕は「若く生きられる」というより、むしろ「老い」さらに「死」と向き合った作品だと捉えました。この作品は宮崎監督のあるいは「遺書」なのではないでしょうか? これ、ウチの記事にも書いたので、ご訪問いただければ幸いです。

投稿: 弓木 | 2004.12.26 23:06

>norryさん
読んでいただいてありがとうございます。
思うところをいろいろ書きましたが、
本当は何も考えず監督のイマジネーションの
世界に浸るのが一番楽しい見方かもしれませんね。
その後で少しずついろんなことを思い出しながら
監督が伝えたかったことを考えるのも楽しいものです。
そしていろんな人と話すのもまた楽しいことですよね。

>弓木さん
記事を読ませていただきました。
いろんな感想があるものだなあとあらためて感じました。
私は楽観的過ぎるのかもしれませんが、人生について
肯定的なところを探す癖があるようです。
どんな状況に置かれても、どうしてそうなったか
くよくよ悩まずに、今ここで何をするべきか
一生懸命生きようとするソフィーや千尋の姿が好きです。

投稿: タオ | 2004.12.27 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/2346777

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハウル」・・私はこう見た2:

» ■ ハウルの動く城 [電脳サーチライト.ver2]
「ハウルの動く城」見てきました。 賛否両論ある作品だと思います。 新しい宮崎駿作品が見たい人なら、 大満足かもしれないし、 ジブリはこうあるべきだと、 ... [続きを読む]

受信: 2004.12.23 13:14

» 「ハウルの動く城」 [今日もごきげん]
ちょっと遡りますが、2日に観てきました。 平日にもかかわらず結構座席が埋まってい [続きを読む]

受信: 2004.12.26 12:46

« 「ハウル」・・私はこう見た | トップページ | 星と光@越冬ぶろぐ »