« ミッキーとユースケ | トップページ | 足湯@越冬ぶろぐ »

2005.01.30

詩のボクシング

詩のボクシングが1月22日NHKで放送されました。
今回は第4回全国大会。第1回こそ見逃しましたが、
第2回から欠かさず放送を見る機会に恵まれました。

詩のボクシングとは、白いリングの上に、青コーナーと
赤コーナーに分かれた詩人が交互に自作の詩を朗読して、
どちらがより観客の心に届いたかをジャッジが判定して、
競い合うトーナメント競技。1人の持ち時間は3分。
準決勝までは自作の詩を用意できますが、決勝は、
用意した自作の詩と、レフェリーが出すテーマでの
即興詩の2ラウンド制でチャンピオンを決めます。

この詩のボクシング、なかなか面白いです。
自分のスタイルで自作の詩を朗読するのですが、
そのパフォーマンスが楽しいやら、おかしいやら。
もちろんふつうの人もいます。でもウケの良い人が
勝ち上がる傾向にあります。今回はどんな人が登場
するのだろうと思ってたら、すごい人が出ました。
山口県代表の林 木林(はやし きりん)さんです。
この人が今回のチャンピオンになりました。

猫背でメガネの彼女。うつむき気味に朗読するため、
顔に髪が振りかかり、よけい地味めな印象を感じさせます。
詩のボクシングはクセ者揃いなので、わざとこういった
キャラクターにしてるのかもしれません。が、これが面白い。
消え入りそうな声でおどおどと「よろしくお願いいたします・・」と
言うだけで、観客からは笑いが起きてました。

1回戦では「わがふるさとのうた」という詩を朗読しました。
山口を地味で目立たない県と言い、ふるさとを自虐的に
紹介しながら、それでいて愛着も感じさせる作品でした。
2回戦は「伝説の祖父」という詩。マキを切ってお風呂を入れる
祖父をこれまた面白おかしく、淡々とシュールに読み上げます。
3回戦は「私の来世」という詩でした。もし来世があるのなら、
私はおじさんになりたいという彼女。飲んだくれるおじさんは
楽しそうというのがその理由。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の
パロディ作品になっていました。「そういうおじさんに来世こそ
私はなりたい」と締めくくるまで、おかしくって笑ってしまいました。
ここまで3回戦とも7人のジャッジの全票を集めて完勝!
その個性あふれるセンスと存在感に脱帽です。

そして決勝。今度はどんな手で笑わせてくれるのだろうと
思っていたら、びっくり。素晴しい自作の詩を朗読してくれました。
「水と木と」という詩です。これまでの笑いを誘う詩は、決勝に
勝ち上がるまでの作戦だったのではないかと思いました。
それほどこの詩は素晴しい。

「幼い頃、水という漢字を木と読んでいたことがありました」と
語り始めた彼女。誰にでもありがちな小さな勘違いが、
彼女の手にかかれば、豊かなイメージと広がりを見せます。
「川に木が流れる。木を入れたバケツ。冬の木は冷たい。
今でも私は水を見ていると木に見えてくることがあります」
彼女独自の世界です。水のイメージと木のイメージを次々に
置き換えていきます。水の波紋が年輪に見えたり、木の家が
水に揺らぐ家になったり。目を閉じるとその光景が次々に
浮かんできます。それは今までにない新鮮な体験でした。
水たまりから始まったイメージの置き換えは、やがて海にまで
広がります。そして最後の言葉は「地球は木の星です。」

すごい。思わずうなりました。詩が持つ言葉の力を感じます。
地球は水の星であるという固定観念がくつがえされる心地よさ。

自己満足だったり、自分を見つめるような内向きな詩が多い中で、
この詩は外に向かって聴く者に訴えかけるイメージがありました。
発想の素晴しさと豊かなイメージ、そして広がる世界。
優れた詩は世界を変える力を持っています。
林さんのこれからの活躍に期待します。

|

« ミッキーとユースケ | トップページ | 足湯@越冬ぶろぐ »

気になるもの」カテゴリの記事

コメント

初めまして
藤元です。
詩のボクシングの林さんに衝撃を受けた1人です。
大会前、中国新聞に、林さんが載っていました。
私は 古民家に住んでいて、ここで催し物もやっていて、林さんを是非お呼びしたいと、新聞社に
問い合わせのメールを送りましたが、音沙汰なしで、もんもんと暮らしていましたら、貴方のHPにたどり着き、なっ、なんと!詩のボクシングの事が、林さんのことが書いてあるではありませんか。
林さんにたどり着ける一歩を確実に踏み出せた思いです。
口下手で、ディスカッションの苦手なわたしですが、林さんに会いたいと思っています。
何か情報がありましたら是非、お教えください。
「よろしくお願いいたします・・・」

   フジモトエリコ

投稿: まんぼう:藤元恵里子 | 2005.02.07 08:42

蔵元さん、初めまして。
毎回面白い人が登場する詩のボクシングですが、
今回は思わぬ才能に出会ってしまいました。
林 木林さんの「水と木と」という詩に感動しました。
他の詩もぜひ聞いてみたいものです。
林さんは、うにまるというペンネームでも活動されているようです。
HPはhttp://www.geocities.jp/unimaru6_6/index21/index.html
こちらを訪ねてみてはいかがでしょうか?

投稿: タオ | 2005.02.08 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/2742806

この記事へのトラックバック一覧です: 詩のボクシング:

« ミッキーとユースケ | トップページ | 足湯@越冬ぶろぐ »