« PSX買いました! | トップページ | テレビの未来を予想する »

2005.02.16

テレビは使う時代へ

DVDレコーダーを買って、生活が一変しました。
テレビは、ただ見るだけの時代から、使う時代へ変わろうと
しているというのが、DVDレコーダーを使った実感です。

放送される時間に見るというのが、これまでの視聴スタイルでした。
もちろんビデオもありますが、それは放送時間に見られない場合、
録画して後で見るという使い方で、基本はやはり放送時間に
合わせて見ていたと思います。

DVDレコーダーなら、とにかく気になるものは何でも録れるように
なりました。最近ではキーワードで自動録画してくれる機種もあります。
ビデオだと、放送時間に見られないものだけ録っていたけど、
DVDレコーダーなら、見たいもの全て録ることができるようになります。
私は気になる番組をテレビで見ながらDVDレコーダーでも録るように
しています。わざわざ録らなくてもいいのにと思うかもしれませんが、
番組予約はEPGで簡単になってるし、活用方法はたくさんあります。

例えば追いかけ再生。ちょっと用事ができた時に席を立っても
DVDレコーダーで録っていれば、またそこから見ることができます。
また番組開始時間からわざと少し遅れてDVDレコーダーで見るのも
面白い使い方かもしれません。興味ない部分は早送りできるからです。
こうなるとテレビの前に座って、流れてくる番組をただ見るというよりは、
番組の内容をこちらで主体的に選んで見ることができるようになります。

そして気になる部分をもう一度見るときにも役に立ちます。
わざわざビデオで予約するほどでもないからといって録らなかったら、
後で見直したいところが出てきて困ったことがあります。そんなとき
テレビで見ながら、同時にDVDレコーダーでも録っていれば、OK。
録り終わった後、必要なければ簡単に消すことが出来ます。

また、キーワードによる自動録画ができる機種なら、思わぬ掘り出しもの
に出会える可能性があります。さらに学習機能付きなら、キーワード以外
でも自分好みの番組を予想して録画してくれます。24時間放送されてる
中から、自分好みの番組を録り溜めることで、テレビとの付き合い方が
変わってきます。録ったテレビ番組をひとつのコンテンツと考えることが
できるようになるからです。

ブロードバンドが普及して、インターネットで動画が見られるようになったと
言いますが、映像コンテンツとしてはテレビがまだ、画質も内容も圧倒的に
優れています。これまでテレビは放送という性格から、時間という制約に
縛られていました。しかし考え方を変えれば、テレビ番組というのは
ある特定の時間にだけ存在するコンテンツと捉えることもできます。
テレビは、非常に短い期間限定のサイト(番組)が連続しているようなものと
考えたらどうでしょうか?時間が終われば消滅するけど、自分に必要な
ものが、手軽に漏れなく保存できるようになれば、テレビ番組は使える
コンテンツになります。テレビは膨大な情報を持つ魅力的なコンテンツ。
それを活用するためのハードがDVDレコーダーです。

DVDレコーダーは、まだこれからも進化することでしょう。
今後が楽しみです。

| |

« PSX買いました! | トップページ | テレビの未来を予想する »

デジタルもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビは使う時代へ:

« PSX買いました! | トップページ | テレビの未来を予想する »