« ミュージカルバトン | トップページ | ミュージカルバトンのリレーを視覚化(2) »

2005.06.26

ミュージカルバトンのリレーを視覚化(1)

まずは質問。
テーブルの上に無造作に置かれた100円玉。
この100円玉の位置情報をA,B,C,Dの4つの
記号を使って表してください。

「『考え方』が動きだす(佐藤雅彦研究室のアニメーション・スタディ)」
というTV番組が今年1月3日放送されました。上の質問は「100円玉の住所」
というアニメーション作品で紹介されているものです。

では答え。
テーブルを4分割(縦に2等分・横に2等分)します。
4分割されたエリアをそれぞれA,B,C,Dとします
(例えば右上をA、左上をB、左下をC、右下をD)。
100円玉はどこかにあるはずです(例えばAの場所)。
今度はその100円玉のあるエリアをさらにA,B,C,Dで
4分割するのです。(例えばAの場所を4分割すると
AA、AB、AC、ADになります)。100円玉はやはり
このどこかにあるはずです(例えばACの場所)。
これを繰り返します。そうすれば100円玉の位置情報は、
例えばACDCなどになり、記号で表すことができます。

どうでしょう。面白いですか?面白いと思った方は
もう少しこのまま読み進めてください。

この「100円玉の住所」。実は木構造を持っています。
1つのものから2つに分かれるものを2分木(にぶんぎ)、
4つに分かれるものを4分木(よんぶんぎ)の木構造と
呼ぶそうです。この場合は4分木の木構造というわけです。
4つに枝分かれすることを繰り返します。

さて、ここからが本題です。
『Musical Baton』という企画がブログをしてる人の中であっという間に
広がりました。バトンを受け取った人は音楽に関する質問を答えた後、
次の5人を指名してバトンを渡すというルール。ここまで読んで勘の鋭い人なら
お気づきだと思いますが、これは5分木の木構造を持っています。

私がミュージカルバトンで興味を持ったのは、どこから発生して、どのような
経過をたどり、終息していくのか、ということ。私が受け取ったバトンは
全体から見て、どのあたりに位置してるかというのが知りたかったのです。

ミュージカルバトンで残念だったのは、その位置情報を特定するための
仕組みが出来ていなかったことです。例えばバトンを渡すときにただ5人に
渡すだけでなく、1,2,3,4,5というバトンナンバーを付けて渡したら
どうだったでしょうか?その場合、企画を考えた最初の人からバトンを
渡された5人が1、2、3、4、5という番号になります。例えば1という番号の
人から渡される次の5人は11、12、13、14、15となり、さらに11という番号の
人の次の5人は111、112、113、114、115という具合です。
バトンを受け取った時点で自分だけのバトンナンバーが確定します
(現実的にはほぼ同時にバトンが複数の人からまわってくることも多かったので、
一番最初の人だけ受け取るなど厳密なルール決めが必要ですね)。

バトンナンバーからいろんなことが分析できそうです。
例えば自分は第何世代に当たるかもすぐに分かります。
(例えば1342だったら4桁だから第4世代)
またA、Bというお互い知らない2人がいたとして、その関係もバトンナンバーから
たどることができます。上の階層をたどっていけば、2人には必ず共通の友達が
いるからです。(友達の友達だったり、さらにそのまた友達だったりという具合)
例えば1342ナンバーのA、1351ナンバーのBの2人だったら
上2桁が同じなので、13ナンバーのCという共通の友達(この場合は友達の
友達)です。同じような音楽の趣味を持ってるなあと思って調べたら、
意外と近い関係だったり、実はずっと遠い関係で共通の友達が
アメリカのジャックなんて人だったり・・、なんてことも分かるかもしれません。
バトンナンバーが実現したら面白いなと思うのは、数字のひとつひとつが
人の集まりであり、その数字のつながりが人のつながりを示していること。
数字を読み解くことで、いろんな関係が見えてきそうです。

ミュージカルバトンからいろんなことを想像してしまいました・・。

| |

« ミュージカルバトン | トップページ | ミュージカルバトンのリレーを視覚化(2) »

デジタルもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルバトンのリレーを視覚化(1):

» 「scherzo」全国ツアー決定!! [ QOL向上委員会   〜ステキに生きる為に〜]
私の友人(加賀城匡貴)が表現している芸術活動 「scherzo(スケルツォ)」の全国公演が決定しました! 毎回いろんな「仕掛け」を提供してくれるのですが、今回は「ピタゴラスイッチ」「団子さん兄弟」「バザールでゴザール」「ポリンキー」「I.Q.」などでおなじみの佐藤雅彦... [続きを読む]

受信: 2005.06.28 02:36

« ミュージカルバトン | トップページ | ミュージカルバトンのリレーを視覚化(2) »