« ステップ!@青春&桜花ぶろぐ | トップページ | 点景 »

2005.06.05

さよならは言わない主義

昨日は会社の送別会がありました。結婚退社する女性がいて、
さびしさもあるけどおめでたいという雰囲気の送別会。

2次会が終わり、これでお開きとなり、店の外でたむろする。
みんな彼女にお別れの挨拶をしては、三々五々帰って行きました。
そして私の番。私は彼女と握手してこう言いました。
「それじゃまたどこかで」

私はさよならは言わない主義です。縁のある人とは
またいつかどこかで会えるものだし、縁のない人とは
そこまでの関係でしかなかったのでしょう。
いずれにしても、それは私が決めることではない。
いつの頃からか、そう思うようになりました。

もう会えないと思ってた人にまた会えたことが何度あったでしょう。
年を重ねるとそんな経験をすることがあります。
もう2度と会うことはないかもしれないけど
「それじゃまたどこかで」と、この年になって
そう言えるようになりました。

|

« ステップ!@青春&桜花ぶろぐ | トップページ | 点景 »

思う」カテゴリの記事

コメント

わたしも縁があればまたあえるって思う人なのですよ。わお。かんどー。
とりたてて、絶対いわないぞーさようならなんてのは思わないんだけど、自然ともっと前向きに、お別れのときはこの人と次はいつ会うかしらと思いますね。

そういえば最近、さようならって使ってないな。

投稿: Sumi | 2005.06.06 17:13

Sumiさんもそうですか?
縁がある人って不思議といますよね。
東京に住んでる友達が出張で福岡に来てて、
日帰りだから特にこちらに連絡はなかったんだけど、
私もたまたま仕事で博多に行ってて、
博多駅のホームでばったり会ったことがあります。
こちらはホーム、あちらは空港行きの電車の中。
たまたま目が合って気がつきました(笑)。
しょうがないので私も空港行きの電車に飛び乗って、
空港のロビーでお茶した思い出があります。
万事そんな具合です。

投稿: タオ | 2005.06.07 00:30

こんばんは。
遅い時間に失礼します。
前に、この記事を読ませていただいたとき
「同じ~」って思いましたょ。
今回、トラックバックさせていただきました。

投稿: Youyounonbiri | 2005.07.09 02:11

Youyounonbiriさんも同じなんですね。
縁って、よく言われるように人と人をつなぐ
糸のようなものかもしれません。
糸を切ってしまうよりは、見えないけど
細い糸でつながってるままだと思うほうが
人生を楽しめるような気がします。
心の余裕やゆとりは、そういうところから
生まれるものかもしれませんね。

投稿: タオ | 2005.07.09 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/4416105

この記事へのトラックバック一覧です: さよならは言わない主義:

» お世話になりました [のんびりのblog�]
近くの商店街の本屋さんが、七夕の日にお店を閉められました。 毎月とりおきしてもらっている本があり、今月はなんだか忙しくてまだお店に行ってなかったので 「来店をお待ちしています」と、それとお店を閉める「ご挨拶」が 留守電に、入っていました。 いつも遅くまで..... [続きを読む]

受信: 2005.07.09 02:05

« ステップ!@青春&桜花ぶろぐ | トップページ | 点景 »