« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年10月の6件の記事

2005.10.31

花、その後

仕事がまた忙しくなってます。
でもブログに載せたいことはたくさんあって
そのジレンマにジタバタしています。
ま、いつものことなんですけどね。
USJに行ったこと、花どんたくのこと、
友達の結婚披露宴に出席したこと等々。

ハロウィンの写真もいっぱいあるんですよ。
でも当日載せられそうにありません。遅くなっても
見たいと思ってくれる人いるでしょうか?

ところで「誕生日プレゼント」の花びんですが、
なかなか花を買えなかったりします。忙しいと
帰る時間も遅く、花屋が開いてなかったりして・・。
申し訳なく思っていたら、ジョン太がこのあいだ
花を買ってきてくれました。

我が家は花を飾る習慣がなかったんですよ。
だからジョン太が花を買ってきてくれたことが
とても嬉しかったのです。
ジョン太に喜んでもらうため花を買うつもりが、
花を買ってもらって私が喜んでました(笑)。
花を絶やさない生活にしたい、そのために頑張るぞと
一人で意気込んでたけど、ふっと肩の力が抜けました。
そうか一人じゃないんだなと思うと、少しだけほろり。
夫婦でいてよかったなと思えるのはこんな瞬間ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

プチフール・パーティー

10月6日はジョン太の誕生日でした。
当日のプレゼントは一輪挿しの花びんとバラ+α。

この"+α"というのが、実はプチフールなのでした。
プチフール(小さな洋菓子)は一口サイズのケーキ。
誕生日プレゼントのおまけとして買いました。
ユースケはこれがとっても嬉しかったようです(^^)。

petit four

近くのおしゃれなケーキ屋さんでショーケースを指さし
「ここからここまで全部ください!」と言って買いました。
1個105円也(税込)。こんなに買ってもお手頃価格。
お得感いっぱいですね。

実はこのプチフールのプレゼント、結婚して最初の年にジョン太の
誕生日に贈ったことがあります。2人で仲良く食べました。
今回はユースケがいるから頭数は3人です。1人5個ペロリ。
順番に好きなものから食べました。
最初はジョン太、次にユースケ、最後は私、その繰り返し。
食べたいものから選んでね。じゃないと食べられちゃうよ。
ユースケはあれも食べたいこれも食べたいと大騒ぎ。
みんながみんなにちょっとずつ味見させたりなんかして、
とても楽しい誕生日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.19

誕生日プレゼント

10月6日はジョン太の誕生日でした。
当日のプレゼントは一輪挿しの花びんとバラ+α。

我が家では誕生日プレゼントは自己申告制となってます。
欲しくないものをもらっても・・というのが理由で、きわめて
合理的な考えです。欲しいものがあれば後日一緒に
買いに行くことになります。とはいってもせっかくの誕生日。
何もないのもさみしいので、ちょっとしたプレゼントをいつも
心掛けてます。

計画性のない私はいつも行き当たりばったりで、
何をプレゼントするか毎年その場で決めています。
デパートで物色したり、出掛けた先で見つけたり。
でもそのときの自分の気持ちに合うものをプレゼントする
ようにしています。ほんとに大したものではないけど、
やっぱり打ち合わせなしのプレゼントは嬉しいみたいで、
ジョン太も喜んでくれます。

そして今年もジョン太の誕生日がやって来ました。
何をプレゼントしたら喜んでくれるだろう?
何を自分はプレゼントしてあげたいのだろう?
今年もまた行き当たりばったりです。

一人の女性として年を重ねることを祝ってあげたい
というのが、そのときの私の気持ちでした。
妻としてとか、子を持つ母としてとかではなくて、
一人の女性として祝ってあげたかったのです。
結婚生活を続けていれば、妻や母としての役割を
求められることが多くなるでしょう。それなら一年に
一回の誕生日は、一人の女性として祝ってあげたい
と思いました。

と、ここまで考えてまた思案。一人の女性として誕生日を
祝うってどういうこと?何をプレゼントするのが良いのだろう?
あれこれ思いを巡らせてもいい考えが浮かびません。
結局思いついたのは花をプレゼントすること。
あまりに平凡すぎて情けなくなるけど、
それが一番良いようにも思えました。

でもそう決めてから、ある考えを思いつきました。
それが一輪挿しの花びんです。

我が家はこれからの半年、そして一年とても大切な時期を
過ごすことになります。その間ずっと花を贈ることができたら
いいな、と思ったのです。続けられるか分からないけど、
そんな気持ちで一輪挿しの花びんを買いました。
バラの花を添えて。

ジョン太にどこまで伝わったのか分からないけど、
でも喜んでくれました。高価なものではないけど、
本当に喜んでもらえるのはこれからです。
花を絶やさぬ生活。がんばってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.08

10月6日はジョン太の誕生日でした。
当日のプレゼントは一輪挿しの花びんとバラ+α。

あらためてそのことについては書くつもりですが、
以前書いた日記をふと思い出し懐かしくなったので、
このblogにそれを再掲載したいと思います。

(以下原文そのまま)
2003年4月25日の日記
「花」

初めて人に花を贈ったのはいつのことだったろうか?
思えば花を贈るとき、そこには必ず伝えたい気持ちがあった。

花を贈る場面というと、不思議と男が女へ渡すところを思い浮かべてしまう。
女性は花が好きで、もらうと喜んでくれるからだろうか?
そうかもしれない。でもそれだけではないような気がする。
男の側にもきっと理由があるのだと思う。

子供のときは誰かに花を贈るなんて想像できなかった。
そんな恥ずかしいことができるかと思っていた。
でも気がつけば花を贈るようになっていた。
それができるようになったのは大人になったからだろうか?

伝えたい気持ちがあって、それを形にして贈りたい。
そう思う人は多いだろう。花でなくてもそれはできる。
でも花でしか伝えられない不器用な人間もいる。
それが男なのかもしれない。花が似合うのは女なのに、
男には花が似合わないのは分かっているのに。
それでも男は女に花を贈る。遠い昔から同じことを何度も何度も。
世界中のあちこちで、たぶん言葉が生まれる前の時代から。
馬鹿の一つ覚えのように。

男はロマンチックな生き物だというけれど、コミカルな生き物でもある。
花を贈る滑稽な姿を見れば分かるだろう。
だからどうかそんな姿を見たら優しく笑ってほしい。
しょうがない奴だなと。

花はいずれ枯れてしまうものだけど、気持ちを受け取ってもらえるなら、
想い出としていつでもその花を思い出すことができる。
人生の節目ふしめが花で飾られるのも悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

運動会

undoukai2005

ユースケは幼稚園の年中さん。2度目の運動会です。
去年と違って少しはサマになってました。
お友達とも楽しそうにしてる様子を見て安心。
それが一番なによりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

お父さんは大忙し

 カメラのバッテリー
 ダメになったを
 運動会で知る

先日、幼稚園の運動会がありました。ユースケは年中さん。
運動会はこれで2度目。去年は親として参加する初めての運動会で、
ビデオカメラやらデジカメやらを持つお父さんの仲間入りをしましたが、
今回は大きなトラブルに見舞われました。冒頭で一句詠んだとおり、
ビデオカメラのバッテリーがダメになっていました。
前の日にバッテリーは充電したはずだったのに、どうやら寿命が
来ていたようです・・。なにも運動会当日にならなくてもと思うけど
後の祭りです。

撮り始めてから10分経ったぐらいでしょうか?
入場行進とかけっこが終わり、次はお遊戯というところで、
バッテリーが点滅し始めました。

「△★■▽◎※◆?」

言葉になりません。頭の中が真っ白です。昨日の夜、充電した
はずなのに!!でもバッテリーが切れそうな現実は変わりません。
なんとかお遊戯は撮れました。でもまだ午前中の早い時間。
とても最後まで持ちそうにありません。どこかでバッテリーを
充電せねば!でもすぐ母子ダンスが控えています。
撮らなければ!でも撮れないかも?
ああ、私はドウシタライイノデスカ?・・。

学校と家までは歩いて5分の距離。時間さえあればバッテリーを
充電できるのに!!歯がゆい思いをしながらも、ここを離れるわけには
行きません。このことはジョン太には言えませんでした。言えばきっと
動揺して母子ダンスにも影響が出るでしょう。楽しみにしてたのだから
黙っておいたほうがいいと判断しました。

ここでジョン太の妹さんが到着。
ユースケの応援に来てくれたのです。

「大ピンチ。ビデオカメラのバッテリーが切れそう」
「えー、お姉ちゃんに怒られるよ」
ますますプレッシャーが掛かります(>_<)。
そうこうしてる間に母子ダンスが始まりました。

祈る思いで撮る私。ジョン太の姿を撮りながらドキドキするなんて、
結婚以来なかったことかも?ああ、俺はなんてバカなことを考えてるんだ。
いろんな思いが走馬灯のように過ぎていきます。
母子ダンス終了。なんとかバッテリーは持ちました。
でももう限界です。妹さんに伝言を頼んで、急いで家に帰りました。
ユースケが次に出るのは5種目め。途中、休憩もはさむのでなんとか
その場しのぎで充電できそうです。

家に帰ってからも、運動会の進み具合が気になります。
もうそろそろ行かなくては!とか、いやもう少し充電したほうが良い
のでは?とか、じりじりしながら時間だけが過ぎていきます。
結局、バッテリーの充電も完了しないまま、運動会に戻って行きました。

組対抗リレーを撮り、父子の障害物競技を撮ってもらい、ここで昼食です。
みんながシートを広げるなか、私はまた家に帰り、バッテリーを充電器に
セットして、学校に戻りました。しばし歓談。楽しい昼食タイムを終えて
家に戻るとようやく充電完了。ホッと一息。

昼からのユースケの出番はそんなにないので安心していたのですが、
またまた悪夢が!!最後の子どもたち全員で踊る遊戯の途中で
またバッテリーが点滅を始めました!バッテリーがダメになってる!
ここで初めて気がつきました。それまでは充電のやり方が悪かったか、
たまたまだろうと思ってたけど、どうやらバッテリー自体の寿命のようです。
今ごろ気がつくなんて!

とうとう踊りの途中でバッテリーが切れてしまいました。
でも踊りの3分の2は撮っていたので、まあ、良しとしましょう。
こうやって運動会は終わったのですが、後からビデオを見るとなかなか
面白いです。最初は入場行進の前から撮ってたりして無駄に長く撮ってる
のが、途中からは余計なことはせず、演目のポイントしか撮ってなくて、
その落差に笑ってしまいました。

こういう一度きりのイベントは念には念を入れた用意が大切ですね。
反省してこれからに生かしたいと思います。でもまあいろいろあったけど、
それもまた時が経てばきっといい思い出になっていくのでしょう。
でも、もう勘弁してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »