« さっきそこでサンタさんに会ったよ | トップページ | 感謝を送る日 »

2005.12.23

こんなにちぎれそうになっても

 こんなちぎれそうになって
 
 なんで私は働いてるのかな

モーニングに不定期連載の「働きマン」にこんなモノローグがありました。
いつも弱音を吐かない主人公の松方弘子がふと漏らしたこの言葉。
これを読んでいろんなことを考えてしまいました。

私自身、2ヶ月に及ぶハードな仕事漬けの日々を送っていました。
深夜、会社のソファにうずくまって、仮眠を取りながら、ぼんやりした頭に
ふとよぎる思い。でも次の瞬間には眠りに落ちてしまってるので、
それが何か深く考えることはありませんでした。

しかし、冒頭のモノローグを読んで、はっきり思い出しました。
そうだ、私も同じことを考えていたんだと。

なんで俺はこんなに働いてるんだろう?誰かに褒められるわけでもないし、
何かを期待してるわけでもない。それなのに、なんでこんなに必死に
頑張ってるんだろう?それが自分でも不思議に思えました。

いろいろ考えて思いついた理由が「多少なりとも世の中の役に立ってると
思えるから」と「家族がいるから」。優等生的な答えだけど、これは
「なぜ頑張れるのか」という答えであって「なぜ頑張るのか」の問いには
ちゃんと答えてない気がします。答えはたぶんもっと個人的な理由です。

中学時代のことを思い出します。私は駅伝の選手でした。
バスケット部にいた私は、たまたま他の人より速く走れたという理由で
駅伝の選手に選ばれてしまいました。適当に走れば選ばれなかっただろうに、
そして例え選ばれたとしても適当に走れば苦しい思いをせずにすんだのに、
それができませんでした。毎回ゴールするたびに全力を出し切りボロボロに
なりながら、こう思いました。なんで俺はこんなになってまで走るんだろう?

気がつけばあの頃と全く同じことを繰り返してます。それを性格と
片付けることは簡単ですが、それもまたちょっと違う気がします。
私にとってどちらにも共通するのは「逃げたくない」という気持ちです。
目の前の困難から逃げてしまえば、自分が自分でなくなるかのような気持ち。
自分が自分であるために、なんていうとカッコイイけど、たぶんそんな
じゃなくて、もっと原始的で本能にもとづく感情。なぜ逃げたくないのか?
それは、逃げてしまうことが、怖くて怖くてたまらないからです。

「愛と青春の旅だち」を見たことがあるでしょうか?
若かりし頃のリチャード・ギアが主人公の映画です。私にはいまだに
忘れられないシーンがあります。海軍の士官候補生(リチャード・ギア)が
士官学校で規律に違反し、教官からシゴキを受けます。教官は依願退学
させようと厳しいシゴキをするけど、主人公は絶対辞めると言いません。
いくらやっても辞めると言い出さないので、教官は強制退学にすると話すと、
主人公は泣き叫んでこう言うのです。
「行くところがない!!ここしかないんだ!」
この時のリチャード・ギアの表情を忘れることができません。
たぶんそれは誰もが心の奥底にある感情。「逃げたくない」というのは、
裏を返せば「ここにいたい」ということ。あのリチャード・ギアのように、
ここからいなくなることが、怖くて怖くてたまらないのです。

ここにいたいと言っても、別に会社が好きだからというわけではありません。
今の自分というのは、自分が選択してきたベクトルの線上にいて、
そしてこれから先もそうでありたいと願う自分がいる。
ただそれだけです。それ以外の自分を想像できないのです。
強いから頑張るのではなく、弱いから自分を守るために必死で頑張る。
だから、こんなにちぎれそうになっても、私は働いてます。
そしてたぶん、それは私だけではなく、今を必死で生きる人に
共通することなのだと思います。

休日の深夜、誰もいないオフィスでiPodをシャッフル再生してた
私の耳に、佐野元春の「太陽」という歌が聴こえてきました。
それを聴いて思わず涙が込み上げてきそうになりました。
それはこんなフレーズです。

「ここにいる力をもっと!」

そしてこの歌はこんなふうに結んでいます。
「愛しいあのひとが無事にたどりつけるように」

私は無事にたどりつけました。
あなたもどうかそうであるように・・。

※この歌をあなたへ、そしてこの文章を頑張ってる全ての人へ。

|

« さっきそこでサンタさんに会ったよ | トップページ | 感謝を送る日 »

思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/7786791

この記事へのトラックバック一覧です: こんなにちぎれそうになっても:

« さっきそこでサンタさんに会ったよ | トップページ | 感謝を送る日 »