« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の14件の記事

2006.01.27

五七五の伝言板

先日、久しぶりにHP作成ソフトを触っていたら、昔作った未公開
コンテンツを見つけました。そのコンテンツとは、縦書き掲示板と
お絵かき掲示板。忙しくて管理できないので公開はしてないけど、
実はwebのどこかに存在しています。

縦書き掲示板のタイトルが「五七五の伝言板」。
その昔、一句思いついたらここに書き込んでいました。懐かしくてつい
読み返してしまいました。くだらないと思いつつ、このまま日の目を
見ないのも寂しいので、ここに一部載せてみようと思います。

 [2001年2月4日]
●ラジオの体験談より ・尾崎放哉風に・

 豆まきをしても一人

 [2001年8月24日]
●ふと見ると・・

 2つ並んだケータイの
 ランプがともに
 灯ってる

 [2002年2月14日]
●バレンタインデー

 義理チョコを
 もらって妻が
 喜んで

 [2002年2月15日]
●父と子 2人きりの留守番風景

 カップ麺
 湯気をつかもうと
 する乳児

 [2002年5月31日]
●ベランダで一句

 五月晴れ
 空に向かって
 珈琲のむ

 [2002年9月22日]
●仕事多忙につき 深夜の帰宅

 栗ごはん
 噛みしめるたび
 秋はふけゆく

 [2003年1月22日]
●雪の日

 雪ふわり
 ビルを飛び越え
 舞い上がる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.23

豊前海一粒かきって美味しい!

hitotsubukaki1

行橋の蓑島(みのしま)に、かきを食べに行きました。
ここは小倉から車で30分ぐらいのところ。この辺りは、かきの
養殖が盛んで「豊前海(ぶぜんかい)一粒かき」というブランドで
売り出されています。初めて食べたけどこれが絶品!

私たちが行ったのは、蓑島カキ直売所というところです。
ここで買って帰るもよし、焼いて食べるもよし。
私たちは炭代として別途500円払ってその場で食べることに
しました。自分で焼いて食べるのも楽しいものです。手袋と
専用ナイフを貸してもらって、自分でかきの殻をこじ開ければ、
ちょっとした漁師気分です。

かきは大・中・小と選べます。小でもけっこう大きいです。
どれぐらい頼めばいいか分からないので、お店の人に聞いて
みると、小1Kgでかき18個くらいという答え。私たちが食べる
にはそれで十分だろうということで小1Kgを買いました。
お値段なんと400円!!これがその写真です。

hitotsubukaki2

家に持ち帰るなら400円でこれだけのかきが食べられます。
その場で食べても炭代500円プラスの合計900円で
至福の時間が堪能できます。それほど美味しいんです!

網の上でかきが焼けるのを待つわくわく感。自分で殻を剥く楽しさ。
熱々の汁がこぼれないようにしながら、潮の香りを飲み干す豪快さ。
そしてぷっくりとしたかきはほおばると、口の中いっぱいにうまさが
ほとばしります。とってもクリーミィ!そしてその柔らかな食感。
この世のものとは思えません。最高です。

あんまり美味しかったので、食べるのに夢中になり、ユースケが
食べてる写真を撮り忘れるところでした。ユースケは、かきを
食べたことがないので、食べられるかどうか心配してたけど、
「こんなに美味しいのは食べたことがないねー」と言って、にっこり。
周りにいた人もつられて笑ってました。

それではユースケの食べっぷりをどうぞ。

hitotsubukaki3
hitotsubukaki4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

みかん漬け

正月、実家に帰省したとき、みかんを箱ごともらいました。
以来、今日に至るまで毎日みかんを食べています。

以前も、もらったことがあるけど、いつも最後には腐らせて
しまいました。それまでは袋だったけど、今回は箱です。
もらったみかんの数が違います。こりゃ大変と、ジョン太と
ふたりで気合いを入れて毎日食べています。1日1個では
追いつかないので食事の後に必ず食べるようにしてます。
ビタミンCのおかげか、風邪知らずの健康な毎日です(^_^)。

ところがユースケはみかんを食べません。
野菜や果物は好き嫌いがあって、嫌いなものはなかなか
食べようとしません。困ったものです・・。だから、みかんは
私とジョン太でせっせと食べるしかないわけです。

話は変わりますが、ユースケは「ねずみのすもう」という昔話が
大好きです。やせたねずみと太ったねずみ。負けてばかりの
やせたねずみにおじいさんはお餅を食べさせてあげると、
やせたねずみが強くなって・・というお話。ユースケもお餅を
食べたつもりになって、私とすもうをしたがります。

ある日のこと、ユースケがまたすもうをしようと言い出しました。
いつもは適当に負けてあげるのですが、ちょうどみかんを食べた
ばかりだったこともあり、「みかんを食べたから負けないぞー」と
私も言い返しました。みかんを食べないユースケに対する当て付け
です。「お餅を食べたからこっちが強いんだ」とユースケが私に
挑みかかります。「みかんを食べたら風邪を引かないんだぞ」と
私も押し返します。「でもお餅のほうが強いから、どうせユースケが
勝つよ」とユースケが言うもんだから、ムカッときて私もキレて
しまいました。毎日せっせとみかんを食べてる自分の努力を
ばかにされたような気がしたのです。「みかんを馬鹿にするなぁ!」と
ユースケを投げ倒しました。その後も手加減しなかったものだから、
負けず嫌いのユースケは倒された姿勢のまま泣き出してしまい
ました。ちょうど寝る時間だったこともあり、ユースケはそのまま退場。
悪いことしたなと思ったけど、みかんのことになると、いくらユースケと
いえど、ゆずれません。

とはいえ、ちょっと大人げなかったので、次の日からは勝ったり
負けたりしてあげてます。「みかんを食べたら強くなるよ」と言って。

そしてまたジョン太とふたりでせっせとみかんを食べる毎日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.21

グリッピを探して

花どんたくのキャラクターがグリッピです。
会場内には当然のことながらグリッピがいました。
気づきにくいとこにいたり、勝手に写っていたり・・。
そんなおちゃめなグリッピをいくつかご紹介。


ユースケとグリッピ。入り口の前で記念撮影。

 
木の上になにか発見!こんなところに・・。


会場内を回るロードトレインと記念撮影。ん?

こんなところにも・・。勝手に写りこんでるよ。


博多名物の山笠。なんとグリッピの飾り山がありました。
グリッピがいっぱい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

花どんたくの花と緑

1000種、150万本の花と緑があったらしい花どんたく。
でも一番のお目当ては、サントリーが開発した青いバラでした。
撮影禁止なので見るだけ。実際に見るとまだ紫っぽい感じかな。
これからに期待します。

青いバラは撮れなかったけど、花と緑はいっぱい撮れました。
その一部をご紹介。※名前をメモるの忘れてました・・。

hanadontaku1  hanadontaku2

hanadontaku3  hanadontaku4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

花のじゅうたん

Infiorata1

去年の秋、アイランド花どんたくに行ってきました。
テーマ館にあった花じゅうたんです。こういったものをインフィオラータと
言うのだそうです。イタリア語で「花をしきつめる」という意味。

Infiorata2

高いところから撮ってみました。床に敷かれた花のじゅうたんを
こんなふうに撮ると壁に掛けてある絵のように見えるから不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

こんな記念撮影

初詣

なんだかおかしいので載せてみました。お正月の初詣にて。

獅子舞を見かけたので、記念撮影を頼んだら、みんなで
写真を撮ることになってしまいました。友達みたい・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

年賀状に映すもの [2006年版]

去年「年賀状に映すもの」というエントリを書きました。
その2006年版を書いてみます。

今回の年賀状のテーマは「桜と家族」でした。
なぜ?という疑問は後回し。懐かしい写真が並んでいます。
まず、ユースケが生まれた年から現在までの花見の写真。
<桜.BLOG>で使った写真もあるので、見覚えのある人も
いるでしょう。そしてそれと同じ年に撮った家族写真の数々。
実はこれ、その年の年賀状で使った家族写真です。
これもまた見覚えのある人もいると思います。

この年賀状は、ユースケの成長と家族の歴史をたどる
ミニアルバムのような構成になっています。それだけを
楽しんでもらってもいいのですが、でもこの年賀状の
本当の狙いは別にあります。それは控えめに載ってる
桜の花びらのイラストと「plus one 2006.3.25?」の文字。
これが意味するところは何か?ちょっとした謎かけです。

そう、実は我が家にこの春、家族がひとり増えるのです。
桜の花びらの枚数は家族の人数。ちっちゃな花びらは
赤ちゃんで、「plus one 2006.3.25?」は出産予定日。
桜の花が咲く頃に、赤ちゃんが生まれる予定なのです。

それに気づいたとき、もう一度年賀状を見てもらえたら
なぜ桜と家族がテーマになってるか、きっと分かって
くれるのではないかと思いました。それと同時に過去、
現在、未来につながる時間の流れを感じてもらえたら
嬉しいです。桜が咲くわずかな期間、私たちがどこで
何をしていたか、それを収めた写真たち。
そこに今年の春また一枚、桜と家族が加わります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.13

年賀状2006

2006年賀状

今年の年賀状。本当は手に取って見てもらいたいけど、
雰囲気だけでも伝わればと思い、ここに掲載します。

webを通じて知り合えた方&初めましてのみなさまへ
我が家からの年賀状です。

今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

春にはニ人目\(^o^)/

知ってる方もいるとは思いますが、実は我が家に
二人目の子どもが生まれる予定です!予定日は
今年の3月25日。桜が咲く頃生まれる予定です。

ジョン太が自分のHPで公表したので、
こちらでも発表することにしました。

まずはご報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

ばら色の未来

新年にふさわしい話題を書こうとして思い出したことが
あります。去年の秋のことです。1泊2日でUSJに遊びに
行きました。いっぱい遊んだ後、オフィシャルホテルに
泊まって、ユースケ(4才)を寝つかせていたときの話。

ユースケにUSJの感想を聞いたら
こんなことを耳元でささやきました。
「でもね、未来を見たよね。楽しかったから安心したよ」
耳を疑いました。でも本当にそう言ったんです。
ユースケには、USJが未来の国に見えたのかもしれません(笑)。

疲れたのかユースケはすぐに寝てしまい、私もまた眠りに
つきながら、それもいいかもしれないなと思い始めました。
USJのような未来があってもいい。未来はつまらないものだと
誰が決めたのだろうか?

ばら色の未来は、まず想像することから
始まるのではないだろうか、と。

現実を見れば、とても楽観的な気分になれないのは分かります。
でも、足元しか見ないようでは、きっといつか行き詰まるでしょう。
理想や夢を語ることは何も恥ずかしいことではなく、
みんなが上を向いて歩くようになれば、きっと未来は素晴らしい
ものになるはず。子どもたちにそんな未来を残してやりたい。

なんて、そんなことを考えた翌朝のこと。
ユースケは私にこう言いました。
「今日からここが新しいおうちだね」
おいおい、ここはホテルだってば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

2005エントリまとめメモ

年末にやるべき話題を今さらする図々しさ。
2006年もこのイキオイで乗り切ろうと思います^^

去年はちょうど100本のエントリを載せました。
その中でも特に思い入れのあるものを10本厳選して列記。
※興味のある方はよかったら見てみてください。

2005.1.9年賀状に映すもの
     これを書いた時には今年の年賀状が想像できなかった
     からやっぱり面白いものですね。

2005.4.12桜の覚え書き
     短いけど素朴で素直な感想。春が待ち遠しいです。

2005.4.25マイ・ポケット
     これを読むと甘酸っぱいような、ほろ苦いような気分に
     なります。年末、仕事が忙しい時に読んで勇気づけら
     れました。自分の書いた文章に励まされるとは・・。

2005.5.32005年4月9日の桜@桜花ぶろぐ
     桜スパイラル2005年度版。今年もまた楽しみです。

2005.5.30瞳に映る世界
     認識論ですね、これは。ユースケは今お絵描きもするけど
     やっぱりカレンダー大好きです。ヒマがあれば書いてます。

2005.6.5さよならは言わない主義
     意外に反響があってびっくりしました。
     なんだ、みんな同じこと考えてたんだなって。

2005.6.23ミュージカルバトン
     ご存知、元祖バトンもの。他の誰かの企画だけど
     自分らしいエントリが書けました。

2005.7.5明け方のしまじろう
     詩ですねー、これは。韻を踏んでるし。

2005.8.6天気読み
     未来とは?がテーマ。今読んでも刺激的。

2005.10.2お父さんは大忙し
     くだらないけど本人いたってマジメ。笑ってやってください。

去年は充実した1年でした。
そして今年は変化に富んだ1年になると思います。
今年もよろしくどうぞお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

本正月

寝正月ならぬ、本正月。
今回はひたすら本を読みふけった正月でした。
12月30日から実家の大分に帰省して、1月3日に
自宅に戻るまでヒマがあれば本を読んでいました。

なかなかこんな機会はないですね。休みの日であっても
いつもなら、昼間はユースケの遊ぼうよ攻撃にあって、
とても本を読める状況ではありません。夜はDVDレコーダーに
溜まってる番組を見たり、PCに向かうことが多く、本を読む
機会が少なくなってました。

でも実家に帰省すると、そういったものからすべて解放されます。
いっそすがすがしい気分です。DVDレコーダーもここにはないし、
持って帰ったPCのミニノートは古いせいか調子が悪いし、
実家だとインターネットに繋ぐのも一苦労なのでPCもあまり
触ってませんでした。でもなにより良いのは、実家だとユースケと
遊んでくれる人が大勢いることです。おばあちゃんやいとこの
モモちゃん、そして兄などが一緒に遊んでくれます。
みんなにかわいがってもらえるので、私もジョン太も安心して
好きなことができました。

年末忙しかったので落ち着いたら本を読みたいなと思って
いたのです。もともと本を読むのは好きなほうです。
できることなら1年のうち3分の1は本を読んでいたいと思うほど。
現実には叶わない夢だけど、今回の正月はちょっとだけ
そんな気分にさせてくれました。

本を読む時間はなにものにも代えがたいのだと、今回あらためて
感じました。テレビの番組や映画も面白かったりタメになるけど、
本を読むという行為は自分と向かい合う時間なのかもしれません。
本を読むときは、内容を理解していきながら、同時に自分自身と
対話しているような気がします。活字からイメージを広げていくとき、
まぎれもなく自分の記憶や想像力を働かせているのだと思います。
それは他では得がたい大切な体験です。

お正月は終わってしまったけど、これからは本を読む時間を確保して
いきたいと思いました。とりあえずこれが今年の抱負のひとつかな?

※今回読んだのは3冊。「犯人に告ぐ」雫井修介、
 「魔王」伊坂幸太郎、「夜のピクニック」恩田陸。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.03

あけましておめでとうございます

 新しい年が始まりました。
 これから1年、ここにどんなことを書くのかわくわくします。
 ここを訪れた人が、来て良かったなと思えるような記事が
 ひとつでも多くあればいいなと思っています。
 今年もよろしくお願い致します。

↑と書いたのが去年のお正月。
去年はちょうど100本エントリしてるようです。
タイトルだけざっと振り返ってみましたが、
とても充実した1年に思えました。
去年の正月と思いはまったく同じです。
今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »