« 稼ぎを待つ者 | トップページ | 門司港レトロ・ふぐフェア »

2006.02.18

めざせ屋根裏部屋!その3

引越しをすると決めて、総務とのやり取りを経て、会社の規定の
引越し条件を満たすことが分かり、引越すことが認められました。
しかし、その会社からなんと「待った」が掛かってしまいました・・。
これが1月中旬から下旬にかけての話です。
(ここまでの経緯はその1その2をご覧ください)

何が問題なのか?それは時期的な問題です。総務が「待った」を
掛けた理由は、転勤の心配でした。私たちは2月中に引越しを希望
していました。しかし4月は異動のシーズンです。引越して1ヶ月
そこらで転勤になったら、会社としてもそんな無駄なことはできない
という訳です。だから総務の回答は、1週間後の1月いっぱいまで
待ってくれというものでした。その間に確認を取るとのことです。

私は北九州勤務になって、今度の4月で丸8年になります。
確かにいつ転勤になってもおかしくありません。転勤になることは
覚悟してますが、今回ばかりは転勤の有無が気になります。
2人目が生まれたら、しばらくは身動きが取れません。それまでに
あらゆることを済ませておかなければならないのです。おとなしく
待っている余裕はありません。私は上司に直接聞いてみました。
引越ししたいことをここで初めて説明して、総務から「待った」が
掛かった話をしました。「それで、私は転勤になるんでしょうか?」
「いや、ならないよ」「あ、そうですか・・」いささか拍子抜けしました。
まだしばらく私はここで必要とされているようです。ホッと一安心。
だとしたら、なんとしてでも引越しを成功させなければなりません。
私は管理会社に連絡を取りました。

なにしろ管理会社に部屋を押さえてもらったのは1月中旬のことです。
いつまで待ってもらえるか分かりません。手付金を払うことももちろん
考えました。しかし、同じマンションの中で引越すということもあり、
こちらの要望通り1月いっぱいまで待ってもらえるということでした。

そして1月末、予想通り2月中の引越しが認められました。
あとは、物件が会社の規定にあってるかどうかの審査だけです。
この稟議が通れば、晴れて希望通りの部屋に引越せます。
稟議が通るまでに2週間掛かると言われ、一時はどうなるかと
気を揉みましたが、管理会社が待ってくれたので、なんとか
事なきを得ました。そしてこの週末で、めでたく契約完了。
会社に引越しを相談して、ちょうど1ヶ月が経っていました・・。

2月25日引越しの予定です。契約完了から1週間で引越しという
慌しさ。引越し準備でおおわらわだけど、新生活が待っています。
今度の部屋は、屋根裏部屋付きです。やったね!
いざ401号から601号へ!

|

« 稼ぎを待つ者 | トップページ | 門司港レトロ・ふぐフェア »

その他」カテゴリの記事

コメント

転勤というのはサラリーマンにつきものとはいえ、こういう節目の際には非常に気になりますよね。
でも、いよいよ今週末引越しなのですね。
同じ建物とはいえ、いろいろ大変だと思いますが、念願の屋根裏部屋付きの部屋へですから、多少の苦労は...ってところかでしょうか?

しかし...屋根裏部屋いいなぁ。

投稿: yomikaki | 2006.02.20 21:27

そうなんです。とうとう引越しです。
4階から6階で距離的にはちょっとなんですが、
一度荷物を全部出す必要があるし、諸手続きも
しなきゃいけないし、やっぱり大変ですよね。

私は屋根裏部屋を、子育てに疲れた時に利用する
大人のためのリフレッシュルーム(子供禁制)にしたい
のですが、どうやらユースケも屋根裏部屋を
狙っているようです。おもちゃは2階(屋根裏部屋)に
上げといてね!とジョン太にお願いしているそうです。
いったいどんな部屋になるのでしょうか?

投稿: タオ | 2006.02.21 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/8731531

この記事へのトラックバック一覧です: めざせ屋根裏部屋!その3:

» 一人暮らしのインテリア [一人暮らしのインテリア通販]
一人暮らしを彩るインテリアを紹介。素敵な空間を創造するインテリアをお探し下さい。 [続きを読む]

受信: 2006.03.12 08:38

« 稼ぎを待つ者 | トップページ | 門司港レトロ・ふぐフェア »