« レトロなヱビスビール | トップページ | 部屋に名前を »

2006.03.26

ビールの王さまコンクール

門司麦酒煉瓦館で面白いものを発見しました。
それは「ビールの王さまコンクール」。サッポロビールの
前身であるニッポンビールが企画したもの。これによると
1954年(昭和29年)に行なわれたようです。
昔ながらの大らかさが感じられて、とっても良い感じ。

beerking

これ今やっても面白いと思いますよ。ちょうど
昭和レトロが流行ってることだし。オススメです。

このコンクールのニュース映像、残ってたら見てみたいなあ。
実際に選ばれた「ビールの王さま」ってどんな人だったのかな?
興味があります。日本一おいしそうに飲む人だったんでしょうね。

=(ポスターの内容)==================
ビールの量だけの飲み較べではありません、
堂々とジョッキを傾ける風格も併せて、
本年度のビールの王さまのタイトルに
ふさわしい方を選ぶコンクール。

賞金30万円と1年分の晩酌を贈呈。

・審査方法
半リットルのジョッキ5杯を最初の8分間に
飲んで頂き、パスした方にそれから随意に
飲んでいたヾいてその間に審査員が採点して
綜合点で最高位を決定いたします。

・期日
予戦(全国各地)七月下旬実施。
上の予戦で各地代表になった方を8月中旬
東京にご招待し決勝戦により「王位」を決定。

・東京会場
銀座7丁目 銀座ビヤホール
==========================
※当時の賞金30万円ってどれぐらいでしょうか?
調べてみると、昭和30年頃の物価はこんな感じだったようです。

1955(昭和30年)
ビール1本=125円(大壜)
もりそば=25~30円
天丼=150円
総合雑誌=120円

参考サイト
日本のビール会社の歩み

|

« レトロなヱビスビール | トップページ | 部屋に名前を »

気になるもの」カテゴリの記事

コメント

これは素敵なコンクールですねぇ。
飲んでる姿も加味して審査って・・(笑)
わたしも誰が初代ビールの王様だったのか気になります。

投稿: Sumi | 2006.03.31 10:07

門司煉瓦麦酒館って入館料は安いし、派手な感じもないけど、
撮影はOKだし、ブログのネタになりそうなものが
いっぱいありましたよ。なかでもこのコンクールに
一番惹かれました(^^)。今の時代にはなかなか出てこない発想ですよね。
Sumiさん、お酒好きそうだし、ビールの女王様になれるかも?

投稿: タオ | 2006.04.01 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/9261536

この記事へのトラックバック一覧です: ビールの王さまコンクール:

« レトロなヱビスビール | トップページ | 部屋に名前を »