« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の13件の記事

2006.05.29

家庭内標識

ユースケにはいつもびっくりさせられます。
この間、トイレから出ようと手を洗っている時に、
ふと顔を上げると、見慣れないものが貼ってありました。
どうやらユースケのしわざのようです。

Hyousiki1

何だこれは?

Hyousiki2_1

右側のイラストは、水道の蛇口に向かって
歩いてる人。その上から斜めの赤い線が!
そして左の吹き出しに書かれている文字は・・。

Hyousiki3_1

「この水は飲めません」 ご心配なく。飲みませんってば(^^;)。
しかもよく見たら「のめままん」になってるし・・。

我が家にはユースケが描いた標識がほかにもあります。
これは玄関の横に貼ってあるものです。

Hyousiki4

さて、これは何でしょう?

Hyousiki5_1

「非常口」だそうです(^^)。
なかなか切迫した感じがグーです。

面白い作品は、我が家の家庭内標識として採用されてます。
ユースケが部屋に番号をつけて回った「部屋に名前を」
あの時もびっくりしましたが、今回もまた驚かされました。
子どもの発想って本当にユニーク。次は何が飛び出すか?
そう思うと、家に帰るのが楽しみになるんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.24

反応

この間の日曜日、シュンヤを抱っこしてて、あることに
気がつきました。これはもしかして・・?気がついたときの
嬉しかったこと!そう!反応するようになったのです。

「あー」とか「うー」の言葉のやり取りだけですが、これが
出来たときの感動はちょっと言葉にできません。ユースケの
ときもまったく同じように感動しました。そのときの日記を
今回は載せようと思います。

それにしても何がこうも感動させるのでしょうか?
寝返り、歩き始めのときの感動とは、その質がちょっと
違うような気がします。「あー」と言うと、こちらを見つめ、
「あー(なにやらそれらしき言葉)」で返してくる。
その後、にこーと笑う。その繰り返し・・。

言葉を返すことができて嬉しいのか、それともこちらがにっこり
笑ってるのをただ真似てるだけなのか、それは分かりません。
でもこれだけは、はっきり言えます。これはコミュニケーションの
最初の一歩。この日を境に、シュンヤと私たちの生活は変わって
ゆくでしょう。今まで感じられなかった、その瞳にかすかな意思を
感じることができるからです。そこから広がる可能性を思うと
たまらなく嬉しい。本当に嬉しい。

(以下原文そのまま)
2001年5月14日の日記
「反応」

この1週間でユースケはめざましい成長を遂げた。
反応するようになったのである。

2ヶ月になるちょっと前から「あー」とか「うー」とか言うように
なっていた。この「あー」とか「うー」とかをクーイングと呼ぶらしい。
まだ言葉にならない声だ。泣き声と違って、このクーイングは
とても可愛らしい。機嫌が良い時に出る声で、聞いていると
こちらの気持ちもなごんでくる。ただし、声が自然に出るだけで、
意識的に出しているわけではなかった。だから返事してあげても、
どこか別のところを見て、思い出したように、また「あー」とか
「うー」を今までは繰り返すだけだった。

変化に気がついたのは、1週間ぐらい前のことだ。
いつものようにユースケが「はうー」と言ったので、私もユースケに
向かって「はうー」と返事をした。するとまたユースケが「はうー」と
言った。こちらの声に反応したようにみえる。私もまた「はうー」と
答えた。

言葉のやり取りができるようになったのだ。私は、ユースケが
クーイングすると、努めて相手をするようにしてあげた。たまに、
私が先に「はうー」と言うと、ユースケがそれをまねするように
「はうー」と言うこともある。私はこうしたやり取りをひそかに
「はうはう遊び」と名づけている。これを発見した時は嬉しかった。
言葉になってないが、ユースケとコミュニケーションを取っていると、
実感することができた。

それがここにきて確信に変わった。
クーイングに返事をしてあげると笑うようになったのである。
まぎれもなく反応してるのだ。

ユースケの「はうー」に合わせて、私も「はうー」と答えると、
ユースケはニコッと笑う。タイミング良くそれを繰り返してあげると、
満面の笑みを浮かべ、ユースケは体を動かして、全身で喜びを
表現する。まるで「うれしい、うれしい」と言ってるかのようだ。
自分の出す声に、誰かが反応するのが嬉しいのだろう。
そのユースケの反応を見て、私も嬉しくなる。

もうひとつ私が嬉しいのは、この遊びをやっているときに、
ユースケが私の顔をじっと見ることである。私がクーイングに
答えるのを期待して待っているように思える。この「待つ」という
行為が、とても人間らしく感じられる。そうやって見つめ合っていると、
なんだかお互いの気持ちが分かり合えるような気さえする。
知性の小さなかけらが、その目に映っているようだ。

とはいうものの、今のところ機嫌のいい時しか、クーイングはできない。
お腹が減ったときや、機嫌のわるいときなど、何をやっても無駄である。
こちらの気持ちなどお構いなく、泣くばかりとなる。
あの分かり合えたような気持ちなど、簡単にどこかへ消えてしまう。
コミュニケーションへの道はまだまだ遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.23

兆し

ユースケが生後2ヶ月のときに、私が書いた日記を載せます。
当時ユースケは通称グースケと呼ばれていました。その理由は
読んでみてください。ちなみにシュンヤは通称フガフガ君という、
ニックネームで呼ばれています。鼻が詰まりやすいようで、
いつもフガフガ鼻を鳴らしているからです(^^)。赤ちゃんのときって、
言われたい放題。ひどい親だなあと我ながら思うけど、
そのときどきで変わる愛称は、毎日見守っている親だから
できることなのでしょう。な~んて、さりげなく自己弁護(^^;)。

(以下原文そのまま)
2001年4月28日の日記
「兆し」

最近ユースケの様子が変なのだ。

いつもだったら、夜中でも3時間置きにミルクを欲しがるのに、
そのまま朝方まで寝てたりすることがある。
たて抱っこしたら私の肩にポフッと埋まってたのに、
出初め式のはしご乗りみたいにバランス取って、首を伸ばして
いることがある。ミルクを飲んだら満腹中枢を刺激されてすぐ
寝てたのに、そのまま起きてることも多くなった。
声を出すのはビービー泣く時だけだったけど、アーとかウーとか
言うようにもなった。起きてる間は泣いてばかりで抱っこしないと
収まらなかったけど、一人でおとなしくしてることもあるようになった。
にこーと満面の笑みを浮かべることもある。

これはどう考えても変である。今までにはなかった反応だ。
ユースケの体の中で、一体どんな変化が起きているのだろうか?
きっと想像もつかないスピードで成長してるのだろう。
これからが楽しみだ。ユースケも今日でちょうど2ヶ月になる。
実際、だいぶ重くなってきた。髪の毛も、芝生の芝ぐらいには
うっすらと生えてきた。日に日に成長する我が子を見守りたいと思う。

と書いたものの、まだまだグズることも多い。苦労は絶えない。グズる
ユースケを我々は、グズりん坊ユースケ、略してグースケと呼んでいる。
早くその名前を呼ばなくて良い日が来てほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

時計をマスター

先日、ユースケに腕時計を買ってあげました。
なぜ5歳児に腕時計を?それにはこんな理由があります。

今までユースケは、時計の時間を読むことができませんでした。
以前から興味はあったようですが、時計の針を読むのが難しかった
ようです。確かに考えれば、どうしてそんな読み方をするのか今でも
不思議です。長い針が"1"を指せば5分、"2"なら10分・・。なぜ?と
尋ねられても、私には「そうだから」としか答えることしかできません。

でも今年の2月、ユースケは時計の時間を読めるようになりました!
こどもちゃれんじ・すてっぷ2月号の教材に「なんじくん」があったからです。
ユースケは「なんじくん」に夢中。しばらくは片時も離さずにずっと遊んで
いました。この「なんじくん」はスグレモノです。長い針を指でぐるぐる回せば、
それに合わせて、短い針もゆっくり進みます。だから長い針を1回転させれば、
その間に短い針が1つ進むのが感覚的に分かります。そして長い針が
"12"と"6"を指しているときは、ボタンを押せばそれぞれ"○時"○時半"と
しゃべってくれます。これでユースケは時計をマスター。"○時"○時半"は
もちろん、"○時○○分"も読めるようになりました。

そして先日のことです。ショッピングセンターに買い物に行ったとき、時計
売り場で立ち止まり、ユースケは時計がほしいと言い出しました。かなり
強情に主張してたけど、我が家はむやみに買い与えることはしない主義
です。その日も泣くユースケを無理やり連れて帰りました。でもちょうど
その頃は5月5日のこどもの日を目前に控えていました。こどもの日の
プレゼントだったらいいんじゃない?とジョン太と話し合い、時計を買う
ことにしました。そしてユースケの希望通り、プーさんの腕時計を買って
あげました。ユースケ大喜び!幼稚園にはさすがに持っていけないので、
休みの日しかできないけど、それでも嬉しいようです。この間は腕時計を
したまま、寝ようとしていました(^^)。

ユースケの腕時計を選ぶ基準が面白かったです。
キャラクターが好きなのは分かりますが、ユースケにとって一番重要なのは、
時計の目盛りがちゃんとついていること。"1"から"12"の数字しかない5分
単位のものじゃなく、その間に5つ目盛りが刻まれている1分単位のものを
探していました。その理由を聞くと「そうじゃないと時間が分からないでしょ」
とのこと。だいたい何分とかじゃなく、きちんと時間を知りたいようなのです。
それを聞いて、数字大好きなユースケらしいなあと妙に納得してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

ブログの醍醐味

consmarket handmade thingsのwhim.さんから、
「ビールの王さま」についての情報を頂きました。
なんとそこで本物の「ビールの王さま」を見ることが
出来ました!記事はこちら

ビールの王さまってどんな人だろうと思っていただけに
実際に見ることができて、感動してしまいました。
これがブログの醍醐味なんですね。

私が書いたのが、門司麦酒煉瓦館で見つけた
「ビールの王さま」の記事。ビールの王さまで
検索した結果、whim.さんが、日田のサッポロビール
新九州工場で見つけた「ビールの王さま」の記事
書いてることを知りました。そこでトラックバック&コメント。
全く違う場所で見つけた「ビールの王さま」の記事に、
お互いびっくりしました。このときは「ビールの王さま」の
イラストでの話題でしたが、whim.さんのご好意で、
今回は本物の「ビールの王さま」の記事を、続報として
載せていただきました。なんて素晴らしい展開!

あるひとつの記事が、新しい出会いを呼ぶかもしれない
その可能性が、ブログの面白さなんですね。
whim.さんには感謝感謝です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.14

医龍ごっこ

最近夫婦で一緒に見ているテレビドラマが「医龍」
超難関と言われるバチスタ手術に挑む熱いドラマです。
「医龍」を見終わり、さあ寝ようかなと思っていると、
ジョン太がこう言いました。「オムツ換えてくれる?」

シュンヤをゆりかごに乗せて見下ろす私。
こ、これは!?この場面は、さっきテレビで見たような・・。
主人公の朝田龍太郎が手術に望むシーンにそっくりだ!
手術開始でメスを受け取る主人公になったつもりで
「メス!」という代わりにこうつぶやく。「オムツ!」

Iryu_1

もちろんジョン太の助けはない。ドラマと違って、現実の
私に助手はいない。それでもテキパキとオムツを替える私。
ぶつぶつと独り言をつぶやき続ける。

以下、すべて私の独り言。
「は、はやい!」「なんて正確なオムツ換え!」
「赤ちゃんが泣いてない!むしろ気持ち良さそうにしてる!」
「すごい!なんてすごい奴なんだ!」

気分は朝田龍太郎になってる私を、ジョン太は笑い続ける。
「オムツ換え終了!」誇らしげにシュンヤを、ジョン太に手渡す。

ジョン太があやしながら、シュンヤに語りかけた一言。
「オムツ換えたぐらいで、バチスタ手術成功させたつもりに
 なってるんだから、シアワセな人だよね~」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.11

ビールの王さまの正体

以前載せた「ビールの王さまコンクール」の続報。
ビールの王さまの正体が分かりました!と、いっても
コンクールで優勝した人ではなく、イラストのほうです。

beerking

このビールの王様のイラスト、すごくかわいいなと思ってました。
でもあの人が描いたものだなんて・・。
その人の名は、やなせたかし。そう、あのアンパンマンの作者です。
この「ビールの王さま」はコマーシャル漫画で、やなせたかしの
漫画家デビュー作のようです。すごい!そんなものだったとは!!

さらに調べてみると、「ビールの王さま」について書いてる人を発見。
consmarket handmade thingsのwhim.さんが、こんな記事を載せて
いました。それを見てまたびっくり。なんとビールの王さまが別人の
ように恰幅よくなっているではありませんか!そこで紹介されている
のは、1955年度のビールの王さまコンクール。私が紹介したのは
1954年度のもの。わずか1年の間にあんな体型になってるなんて!
ビールの王さまに何があったのか、すごく気になるところです。
・・・ビール腹?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.09

enjoy GW

Enjoy_gw

ゴールデンウィークの後半に、ユースケが描いた絵。
ユースケによれば5月5日は、こいのぼりデーらしい(^^)。
楽しい絵が描けるのは、親としては嬉しいもの。
このまますくすく育ってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.08

勝山公園大芝生広場

Katsuyamakouen

今年の春にできたばかりの芝生広場です。芝生広場の向こうには
市役所、小倉城、ショッピングモールのリバーウォークが見えます。
写真では見えませんが、この横に都心を流れる紫川があります。

この大芝生広場は以前、小倉市民会館と噴水広場があった場所。
「紫川マイタウン・マイリバー整備事業」の一環として、芝生広場に
生まれ変わりました。四季折々いろんなイベントもあるようです。
市民の憩いの場所となることを期待しています。

この日は5月5日。こどもの日。どこにも行かないのはつまらないので
家族みんなでここに遊びに来ました。シートを広げ、くつろぐだけで
幸せです。川沿いなので風が気持ち良く、天気も良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

こいのぼりデニッシュ@青春ぶろぐ

Koinoboridanish1

リーガロイヤルホテル小倉で、こいのぼりデニッシュを
買いました。お腹の中身は、小倉あん・クリーム・
チョコレートの3種類。これが全てこの中に詰まってます!
数日前に入ったチラシを見て、一目惚れしてしまいました。

念願の こいのぼりデニッシュを前に浮かれる我が家。
どうやって撮ろうかと思案してたら、ジョン太がさかな用の
大皿を出してくれました。ナイス!でもしばらく撮ってるうちに
何か物足りない気が・・。これ、けっこう大きいんですよ。
1個で525円(税込)。なかなか食べごたえがあります。
やっぱり大きさが分からないとね。タバコでも置くか?
いやうちは誰も吸わないし、ちょっとそれも野暮というもの。
じゃあ、これは?と、私が提案したのがコレ。

Koinoboridanish2

でもやっぱり、これじゃ大きさが伝わらないな~。
ここは最後の切り札、ユースケに登場してもらいましょう。

Koinoboridanish3

ね、大きいでしょ?このあと、みんなで仲良く食べました(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.05.04

お宮参り

Omiyamairi

5月3日、シュンヤのお宮参りに行ってきました。
五月晴れの気持ちの良い一日。近くの神社に出掛けたのですが、
ここはユースケの時にもお世話になりました。お宮参りはもちろん、
去年の七五三もここです。転勤族の我が家ですが、子どもたちに
とっては、この小倉が故郷になるんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.03

高炉台公園のツツジ

Kourodai

北九州のツツジといえば高炉台公園が有名とのこと。
1年前の写真。製鉄所の高炉を模したモニュメントが頂上に見えます。
このモニュメントが展望台になっているので、そこを目指してツツジの
階段を上ります。見晴らしの良い景色。5月の陽射しと風が心地良い。
芝生広場もあり、ピクニック気分でくつろぎました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.05.01

吉祥寺藤まつり

Kissyoji_fujimatsuri

3年前の写真です。吉祥寺(きっしょうじ)の藤まつりにて。
ここは北九州市八幡にある藤で有名なお寺。毎年4月27日~29日まで
藤まつりが開催されます。期間中は露店もずらりと立ち並び、大勢の見物
客で賑わいます。吉祥寺の藤棚は壮観です。どこまで行っても藤、藤、藤。
賑わう人と、花の甘い香りに酔ってしまいそう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »