« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の9件の記事

2006.08.26

あき は やや。

ユースケのメモより。

  はるはあたたかい。なつはあつい。 
  あきはやや。ふゆはさむい。

秋はやや?
"春はあけぼの"みたいで、これ好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.22

そうめん流し@夏っちゃん

Somennagasi1

やってきましたーー、そうめん流し!
夏が来る前から「そうめん流しやりたいーー」と
うわごとのようにつぶやいてた私。でもネットで調べても
やってるところがなかなか見つかりませんでした。

夏のイメージとして、そうめん流しって定番だけど、
案外食べたことがない人も結構いるんじゃないでしょうか?
私自身、子どもの頃以来ですもの。

私たちが行ったのは小倉にある菅生(すがお)の滝
ここでどうやらそうめん流しができるらしい。
でも竹が短いという噂。それってどういうこと?
と、思ったらこういうことでした。

Somennagasi2

竹が上下2段になっています。
上段で取り逃がした場合、そうめんが折り返して、
下段を流れていくので、そこでまた取ることもできます。
それでも取れなかったそうめんは下段の最終地点に
ザルが用意されてて、そこに溜まります。
そしてその溜まったそうめんをまた流してくれて・・。
と、何度か繰り返して終了です。滝の近く、涼しい森の
中で食べるそうめんの味はやっぱり違います。ウマイ!

ユースケにとっては初めてのそうめん流し。
箸で止めてそうめんをすくうのがとても楽しかったようです。
なかなか体験できないし、良い思い出になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.21

菅生の滝

Sugaonotaki1

小倉にある滝といえば「菅生(すがお)の滝」。
3年前に初めて行きました。今年で2回目。
前回はユースケが2歳の時で、滝を楽しむまでには
至らなかったので、今回思い切って再チャレンジしました。
「思い切って」というのは、ココは交通の難所なんですよ。
途中からすごく細い道になり、離合もままならない箇所も多く、
運転下手な私としては、できれば避けたい場所の一つなのでした。
さいわいトラブルもなく着くことができたので、ホッとしましたが、
時間帯によってはとんでもない目に遭うようです。気をつけて!
あんまり暑かったせいか、今年はすごい賑わいでした。
ユースケは川の中に入るのがすごく楽しかったようです。
滝を見て喜んでるし、連れてきた甲斐がありました。

Sugaonotaki2

この写真は前回の時のもの。滝の姿が綺麗に見えます。
今年だったら、こうはいきません。
でも滝は涼しくていいですねー。
行き帰り大変だけど、ここにいる時だけは別世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

青と白の構図

Bluewhite

今ここに絵の具があれば、こんな絵を描いてみたい!
そんな写真が撮れました。この空と海に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.16

夏を詠む

山のむこう のびあがる白い雲
 鮮やかに あざやかに
心ときめく 夏の日はこれから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

残暑見舞いはがき

昨年同様、今年も暑中見舞いではなく、
残暑見舞いはがきになってしまいました。
ジョン太から「今年はもう作らないの?」とまで
言われましたが、なんとか完成しました。

どんなデザインにするか毎回悩ましい問題ですが、
今回は2つのポイントを盛り込もうと思っていました。
ひとつはシュンヤが生まれたこと。もうひとつは同じ
マンション内だけど、2階上に引越したこと。これを
どう盛り込むかが、腕の見せどころです。

シュンヤがまだ小さくてあまり外に出掛けられないので、
はがきに使う家族写真の素材が思うように撮れません。
しかし、先日滝を見に行って、そこで撮ったユースケと
シュンヤの写真がけっこう良かったので、これを使おうと
思ってました。ところがすぐに壁にぶち当たりました。
家族全員で写った写真がない・・。涼むのと子どもの
写真を撮るのに夢中で、肝心の家族写真を1枚も撮って
ませんでした。それはマズイ。我が家のはがきには、
家族写真があるのが原則なんです。どうしよう・・。

そんなこんなで発想を変えて、新たにチャレンジ。
今日ようやく完成しました。これはなかなか良いですよ。
滝の写真は結局使わず、新たに室内で撮影したものだけ
使いました。さわやかでちょっとポップな仕上がりです。
今回のテーマは「家族」。我が家の家族観が反映された
面白いはがきになっていると思います。

このブログを通じて知り合った方で、こちらで住所の
分かる人には、残暑見舞いはがきを送りますので、
楽しみにしてくださいね。

まだまだ暑い日が続きます。体には気をつけて、
この夏をめいっぱい楽しみましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.05

8月の601号

6月から始めた「月替わりの表札」
今月で3回目になります。今回の8月バージョンは、
以前遊びに行った水族館のイルカの写真を素材に
作ってみました。

August601

当初はヒマワリの写真を素材にしようと考えてたけど、
意外に難しく、あっさり水族館ネタに変更しました。
6月のアジサイ、7月のアサガオと「花」が続いたけど、
元々あまり花にこだわるつもりはありませんでした。
私がこだわるのは「花」ではなく「季節感」。これから
どう展開するのか、先のことは実はあまり考えてなくて、
出たとこ勝負。これからが自分でも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑中見舞

Takitoramune

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.08.02

新北九州空港

Kitakyushuairterminal1

今年3月開港したばかりの新北九州空港
北九州市民にとっては、とてもありがたい存在です。
と同時に、東京で暮らす人にとっても一考の価値が
ある空港なのではないかと思います。

博多や天神に用事がある人は迷わず福岡空港を選んでください。
そちらのほうが便利ですから。でも、北九州はもちろんですが、
大分山口に用事のある人ならもしかしたら、この新北九州空港が
役に立つかもしれません。なぜなら地方都市でありながら、便数の
多さと早朝便・深夜便の利便性がこの空港にはあるからです。

東京発着が往復16便。隣接する県の空港よりも便数は
充実しています。そして早朝便・深夜便の存在。

早朝第1便:東京(羽田)6:00→北九州7:30
     北九州 5:30→東京(羽田)7:00
深夜最終便:東京(羽田)23:50→北九州25:25
     北九州 23:15→東京(羽田)24:45

早朝便の早さ・深夜便の遅さは福岡空港よりも新北九州空港の
ほうがまさっています。せっかくの旅をめいっぱい楽しみたいなら、
新北九州空港という選択肢もあることをぜひ知っておいてください。

そしてこの新北九州空港の目玉は、立ち飲みができる「角打ち
コーナー」と展望デッキで飛行機を見ながらくつろげる「足湯」。
それとロボットの「メーテル」ですね(^^)。

角打ちコーナーは、九州の隠れた銘酒を常時80銘柄取り揃えて
いるそうで、ふだんはめったにお目にかかれない焼酎もここでなら
飲めるかも?

飛行機見ながら足湯。すっかり観光客気分でした。
Kitakyushuairterminal2_1

空港としては正直そんなに大きくありません。
でもこれからの可能性を秘めた空港として
今後も応援していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »