« あじっぱ体験 | トップページ | ユースケのピタゴラ装置 »

2007.02.01

「ピタゴラスイッチ」

我が家の男どもを魅了してやまないテレビ番組が、NHKの
「ピタゴラスイッチ」。子ども番組だからユースケが好きなの
は分かるけど、まだ1歳にも満たないシュンヤも、とうに大人
になってる私も一緒になって夢中で見ています。

これが面白いんですよ。知ってる人は知ってると思いますが、
知らない人に言葉で説明するのは難しいかも。番組のHP
では「考え方についての考えが育つことをねらいとしている」
と書かれています。これではいよいよ分からないですね。
でも、この説明がぴったりだと私は思います。

この番組を監修しているのが、佐藤雅彦
「バザールでござーる」や「だんご3兄弟」などで有名な
メディアクリエーターです。この人の面白さは、例えるなら
「理系のテーマを文系の手法で読み解く」感じでしょうか。
新しい表現について常に考えている人で、知的好奇心を
くすぐる作品を数多く発表しています。

「ピタゴラスイッチ」の存在を知る前に偶然見た番組が
ありました。それは2005年1月3日にNHKで放送された
「『考え方』が動きだす」という特番でした。サブタイトルは
「佐藤雅彦研究室のアニメーション・スタディ」。
※佐藤雅彦は慶応大学の教授もやってます

これは大人向けの番組で、考え方や概念を視覚化すること
をテーマにしていました。これがとても面白かったんですよ。
録画してたので、何度か見ているうちに、当時3歳のユースケ
が一緒に見始めました。考え方や概念がアニメーションで
表現されていて、そこが面白いようでした。3歳でも面白さが
分かるんだ!と感心した覚えがあります。

それからしばらくして佐藤雅彦が手がける「ピタゴラスイッチ」
という幼児教育番組の存在に気がつきました。見てみると、
「『考え方』が動きだす」でやってたことを応用したものが
たくさんありました。面白いはずです。それから私もユースケ
も「ピタゴラスイッチ」にハマったのは言うまでもありません。

もし見たことがない人がいれば、ぜひ一度見てみてください。
大人だってハマりますよー。きっと。

|

« あじっぱ体験 | トップページ | ユースケのピタゴラ装置 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/13738633

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピタゴラスイッチ」:

« あじっぱ体験 | トップページ | ユースケのピタゴラ装置 »