« 淡い紫、新しい緑 | トップページ | 花よりもなほ@青春ぶろぐ »

2007.05.27

たったひとつの命だから

このことを知ったのは、5月17日の西日本新聞夕刊の
記事でした。ある人が思いついたそうです。

 「たったひとつの命だから」のあとに
 あなたは どんな言葉をつなげますか?

自分自身の体験と出会いが、命をみつめるきっかけと
なり「たったひとつの命だから」のあとを、自問自答して
いるうちに、他の人だったらどんな言葉を発するのか、
知りたくなったそうです。

友人や地元の高校生に呼びかけ、このあとに続く言葉を
募集。それが反響を呼んだそうです。朗読会を開催したり、
地元FMラジオもこのことを番組で取り上げて、それが
きっかけで番組の1コーナーになり、リスナーからも
多くの言葉が寄せられたそうです。それが今年の春、
「たったひとつの命だから」という本にまとまりました。
新聞の記事はそのことを紹介していました。それを
読んだ私が、ここにこうして書いているわけです。

子どもを自殺で亡くした母親のメッセージは
胸に迫るものがありました。

 たったひとつの命だから
 生きて生きて みんな生きて

シンプルすぎる言葉だけど、その人が背負っているものを
思うとき、偽らざる言葉の重さとはこのようなものかと、
思いを新たにしました。

私自身はそんな苦労もなく今まで生きてきて、でも自分
だったらどんな言葉を続けるだろうと、その記事を読んで
からずっと考えていました。私なら・・。

 たったひとつの命だから
 心動かせ生きていたい

私ならこんな言葉をつなげます。「感動」とは、感情を
動かすことだと、私は勝手に解釈しています。つまり
心を動かすこと、それを日々大切にしていきたい。
嬉しいことや楽しいことばかりではなく、悲しんだり、
憤ったり、そんな感情も含めて、心を動かすような
出来事を日々感じることができるなら、それはきっと
自分だけの、他の誰とも似てない、かけがえのない
人生になるでしょう。

一番つまらないのは「無感動」な日々を送ることじゃ
ないでしょうか。日常なんて、そんなめったにドラマ
チックなことが起こるわけではありません。だからと
いって何も感じなければ、何も残りません。
心動かすようなことを感じ、求める力が、
日常をドラマチックに変えるのだと思います。

「たったひとつの命だから」このあとにつなぐ言葉を
考えていたら、そんなことを思っていました。
命をみつめる機会を与えてくれた、この本に感謝します。

あなたならどんな言葉をつなげたいですか?

|

« 淡い紫、新しい緑 | トップページ | 花よりもなほ@青春ぶろぐ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

「たったひとつの命だから」
 のあとに あなたは どんな言葉をつなげますか?

とりあえず自分に問いかけてみます。

投稿: 50TEMPEST | 2007.06.03 12:52

50TEMPESTさん、こんばんは。
そうですね。まずは自分に問いかけることが大切ですよね。
私も新聞の記事を読んでから、なぜかずっと頭から離れず
考えていました。かっこいい言葉ならすぐ書けるんです。
でも実感を伴わない言葉ほど薄っぺらいものはないものと
思い、背伸びをせず嘘のない言葉をつなげたいと考えてたら、
私はこんな言葉を選んでました。

でもたとえ言葉にならなくても、自分に問いかけるだけで、
そのことを考えるだけで、世界はずいぶん平和になる気がします。
「たったひとつの命だから」の問いかけが、もっと広がるといいですね。

投稿: タオ | 2007.06.04 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/15215889

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの命だから:

« 淡い紫、新しい緑 | トップページ | 花よりもなほ@青春ぶろぐ »