« 海猿きぶん♪ | トップページ | セルフ父の日 »

2007.06.17

「12歳からの映画ガイド」 佐藤忠男

学生時代、映画研究会に所属していました。
当時私には、映画に関する本で2つの愛読書がありました。

ひとつは「お楽しみはこれからだ」。映画の名セリフを集めた
和田誠の有名な本で、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
映画のロマンチックな面や、楽しさを教えてくれた名著です。
もうひとつは「映画の読みかた」。映画評論家の佐藤忠男が
書いたこれも名著です。※絶版になってるのが残念。
この本は映画の奥深さを教えてくれました。監督が映画に込める
想いを具体的に解説しており、まさに映画の読みかたを教えて
くれるものでした。私に「映画を見る眼」を与えてくれた本で、
今でもとても感謝しています。

さて、先日本屋を歩いていると一冊の本に目が止まりました。
それを手にしたとき、ちょっと動けなくなってしまいました。
感動したからです。その場で思わず買ってしまいました。
その本が「12歳からの映画ガイド」。佐藤忠男の本です。

1930年生まれの佐藤忠男は今年73歳。映画評論家として
確固たる地位も確立した今、好きな映画を見て、好きなことを
書いて悠々自適に暮らしたって、誰も文句は言わないでしょう。
なのに、この人は次の時代を担う子どもたちのために、
自分のできることを精一杯しようとしている。その志に
深く感銘してしまいました。

難しい漢字はルビを振りながら、子どもにもわかる易しい
言葉で、映画の素晴らしさを伝えようとしている。
そしてこの本のサブタイトルは「生き抜く力を学ぶ!」。
子どもたちの将来を思い、人として生きていくための
大切なことを、映画を通して伝えようとしている。

おじいちゃんが孫に語りかけるような優しさを感じます。
この本は映画評論家として生きた佐藤忠男にしか書けない、
次の世代に贈る素敵なプレゼントです。

黒澤明の「生きる」について、この本はこう書いています。

 人が本当に、生きていて良かったと思うのは、世のため
 人のために自分から進んでつくして、いいことができた、
 人々のために役に立てたと思えたときである。
 (中略)
 自分なりに、世のため人のために役に立ちたい、
(主人公の)渡辺勘治氏のようでありたいと思っている。

この本で佐藤忠男はそれを実践しようとしているのでしょう。
これがきっと佐藤忠男の「生きる」なのだと思います。
では、私にとっての「生きる」とはなんなのだろうか。
私にできることを、この本を手に取りながら考えています。

|

« 海猿きぶん♪ | トップページ | セルフ父の日 »

読書」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「生きる」もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007.06.24 19:47

kemukemuさん、こんばんは。
「生きる」はもうかなり昔に見た映画なので、
細かいところはだいぶ忘れてしまいました(^^;)。
でも感動したことは覚えていますよ。
kemukemuさんのブログ拝見しました。
また今見直したら違う感想があるかもしれません。
良い映画というのは、自分の成長に合わせて違う側面を
見せてくれるものなのでしょうね。

投稿: タオ | 2007.06.26 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/15461402

この記事へのトラックバック一覧です: 「12歳からの映画ガイド」 佐藤忠男:

» 黒澤明のヒューマニズムここに結実。「生きる」 [ちょいふる(choi full)Blog]
生きる  黒澤明の映画の中では、七人の侍と同じくらい好きです。  主演の志村喬がブランコをこぎながら「ゴンドラの唄」を口ずさむシーンは、日本映画史上に残る名場面です。  主人公は市役所の市民課長で、マジメだけが取り柄のオヤ....... [続きを読む]

受信: 2007.06.17 06:05

« 海猿きぶん♪ | トップページ | セルフ父の日 »