« 一石三鳥 | トップページ | ゆっくり大人になりなさい »

2007.07.30

「加藤裕三の遊びと手仕事展」

先日、周南市美術博物館「加藤裕三の遊びと手仕事展」
見に行きました。きっかけは展覧会のポスターです。
カラフルでシンプルな、そしてどことなくユーモラスなおもちゃが、
ポスターの中に、見てくれ!と言わんばかりにレイアウトされて
いて、すごく楽しそうだったのです。

サブタイトルは「グリコのおもちゃからカラクリ人形まで」。
そうか、これはグリコのおもちゃなのか。見てみたい!
子どもたちもきっと喜ぶだろうと思い、見に行くことにしました。

とても楽しい展覧会でした。展示されているおもちゃは見ている
だけで楽しいし、少ないながらもおもちゃで遊べるコーナーも
あったので、子どもたちも満足したようでした。

私は作者である加藤裕三(1950-2001)のことをそれまで
知りませんでした。でもこの展覧会を見て、とても興味を
覚えました。すごく魅力的な人物です。おもちゃのことを、
そしてその遊び相手である子どものことを、こんなに考えて
いる人は、他にいないのではないでしょうか。

ひとつのことを一生懸命考えていると、そのことだけに
とどまらず、いつのまにかそこから突き抜けて、普遍性を
持つようになるのかもしれません。おもちゃのことを語って
いながら、それは現代を生きる私たちが忘れてしまっている
大切なものを教えてくれているような、そんなメッセージの
ようにも思えるのです。

加藤裕三が作りたかったおもちゃとは、
>ごく簡単でしくみの見えるもの、人をおどさないもの、
>で、小さくても存在感が在るものができたらいいなぁ・・。
だったそうです。

展覧会の解説にはこんな文章が載っていました。
>加藤は、子どものためのもの、子どもと一緒におもちゃが
>自由に動けることこそ「生きたおもちゃ」の条件と考え、
>跳ぶ・はねる・走る・転がる・揺れるなど単純な動きを
>おもちゃの中に表現しました。また、子どもが遊ぶときに
>おもちゃを分解したり、こわしたりして、そのおもちゃの
>しくみ(なぜ動くのか)がわかることも必要だと考えました。

遊ばれてこそ、おもちゃ。加藤裕三はこうも言っています。
>玩具にとっても、望まれ、得られ、遊ばれ、こわされ、
>すてられ、忘れられ、思い出されるということのすべてが、
>内在的な価値を持つのだと信じられる。

おもちゃとは、遊ばれることによって初めて「生きたおもちゃ」
になる。それがいずれ捨てられる運命でも、遊ばれたおもちゃ
というのは、子どもの中で小さな何かを残すのかもしれません。
その小さな何かが、豊かな心を育むのではないかと思います。

たかがおもちゃ、されどおもちゃ。加藤裕三のクリエイティブ
ノートを見たとき、1点1点のおもちゃに込められた思いを
知ることができます。こんなにいろんなことを考えて作ってる
のかと本当に驚きました。でも出来上がったおもちゃからは、
押しつけがましいところは一切ありません。その思いはおもちゃ
に内包されています。そんなおもちゃに子どもが出会えたら、
それはとても幸せなことだと思いました。

加藤裕三はこんな言葉を残しています。
>グリコのおもちゃの試作品は、木を削ってつくったものです。
>粘土ではない、木を削りだしてつくるからこそできるフォルム
>がある訳です。それをもとに何十万個もの樹脂のおもちゃが
>出来上がる訳ですが、その形に、木から削りだしたという
>記憶を残すことは、とても大切なことだと思うんです。

|

« 一石三鳥 | トップページ | ゆっくり大人になりなさい »

お出かけ(イベント・旅行)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
グリコのおもちゃ、なつかしいです。
>玩具にとっても、望まれ、得られ、遊ばれ、こわされ、
>すてられ、忘れられ、思い出されるということのすべてが、
>内在的な価値を持つのだと信じられる。
この、言葉が好きです。こわされ、すてられ、忘れられだけでなく、あとで思い出される。これに尽きると思います。思い出されるおもちゃ、うちにもたくさんあったのになあ・・・

投稿: mononoke | 2007.07.30 19:41

グリコのおもちゃなつかしいですよね。
私はあんまりおもちゃを買ってもらえなかったので、
グリコのおまけとか駄菓子なんかは思い入れがあります。

子どもの頃の宝物、どこに行くんでしょうね。
ほとんどはなくなってしまってるけど、たまに実家で
物置を探してみるとなつかしいものを見つけることが
あります。そういうものって手に取ると記憶も一緒に
思い出されるものですよね。

投稿: タオ | 2007.07.31 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/15944605

この記事へのトラックバック一覧です: 「加藤裕三の遊びと手仕事展」:

« 一石三鳥 | トップページ | ゆっくり大人になりなさい »