« 世界オムレツ化計画 | トップページ | 「ひつじのショーン」 »

2007.07.11

「うっかりペネロペ」

「うっかりペネロペ」って番組ご存知ですか?昨年12月に
NHKで放送されていたアニメです。7月から再放送されて
います!1話5分。これは要チェックです。

「リサとガスパール」の絵本が、私もジョン太も好きだったんです。
どちらもフランスのゲオルグ・ハレンスレーベン&アン・グットマン
夫妻による作品です。ペネロペは水色のコアラ。幼稚園に通う
うっかり屋さんの女の子です。

当時幼稚園生だったユースケも大好きな番組でした。
でも小学生になったため、今はシュンヤがペネロペに夢中。

ペネロペが面白いのは、いわゆるアニメっぽくないところ。
もともとこの絵本自体が、絵本らしくありません。油絵で
描かれたアートっぽいタッチと親しみやすいお話が、この
作家たちの特徴です。それがアニメーションになったの
だから、これは一見の価値ありです。初めて見たときは
驚きました。絵本そのままのタッチで、アニメーションに
なっている、今までにない新鮮な感覚です。

幼稚園の子どもが体験するようなことを描いてるお話なので、
ユースケにとっても身近なようでした。あの年頃の子どもたちの
生活がよく分かり、親子みんなで楽しめる番組です。

シュンヤはオープニングの音楽が聞こえると、テレビの前に
座って待ち構えています。楽しいのって分かるんでしょうね。
二人が並んで見てるのは、なかなか微笑ましい光景です。

|

« 世界オムレツ化計画 | トップページ | 「ひつじのショーン」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/15721269

この記事へのトラックバック一覧です: 「うっかりペネロペ」:

« 世界オムレツ化計画 | トップページ | 「ひつじのショーン」 »