« 「ひつじのショーン」 | トップページ | シュンヤ1歳4ヶ月 »

2007.07.16

検証!『海を見ていた午後』

機会があれば載せたいとずっと思ってた日記があって、
なかなかその機会がありませんでした。でもけっこう
好きなエピソードなのでかまわず載せてしまいます。
今度「シャングリラ3」見に行くことですし。

ずいぶん前に横浜に行った時でのお話です。
では、どうぞ。

(以下原文そのまま)
2001年5月25日の日記
「検証!『海を見ていた午後』」

横浜に足を運ぶ機会があれば、私にはどうしても
確かめておきたいことがあった。

まだユーミンが松任谷由実ではなく、荒井由実だった頃の
曲で『海を見ていた午後』という歌がある。初期の名曲で
ある。歌詞の内容は、恋人と別れてしまった主人公が、
2人の思い出のレストランを1人で訪ねて、そこからの
景色を眺めながら、遠いあの頃を振り返るというものだ。
その歌詞に出てくる「ドルフィン」というレストランは
実在していて、ユーミンに歌われたことによって一躍
有名になったという話を、何かで読んだことがある。
その「ドルフィン」が横浜あたりにあるらしい。昔から
気になってたことを確かめるチャンスがやってきたのである。

1.山手にある「ドルフィン」の"ソーダ水の中を貨物船が
 とおる"というが、それはホントに見えるのか?
2.「ドルフィン」では"晴れた午後には遠く三浦岬も見える"
 というが、それはホントのことなのか?
(注:こんな内容の歌詞が出てきます)

”山手のドルフィンは静か~なレストラン~♪”てなわけで、
実際に行ってみた。横浜から少し離れたJR根岸駅で降り、
徒歩10分のところに「ドルフィン」はある。小高い丘の上に
建っているため、坂を上らなければならず、けっこうしんどい。
お店に入ると、さすがに眺めが良いのをウリにしているだけは
あった。海が見える正面と側面は、全面ガラス張りである。
天気も良かったため、その眺めは素晴らしいものだった。
高台から海を見下ろすと、左側にコンビナートがあり、海の上
にはヨットが浮かび、遠くに貨物船も見える。おお!貨物船だ!

そこで、さっそくドルフィンソーダなるものを注文した。
ソーダ水は、やはりこのお店の定番であるらしく、周りを見ると
同じものを注文してる人がかなりいた。ユーミンの影響力や、
おそるべし!まずは第1の疑問を確かめてみることにした。

1.山手にある「ドルフィン」の"ソーダ水の中を貨物船が
 とおる"というが、それはホントに見えるのか?

ソーダ水をテーブルの中央に置いてみた。ソーダ水の中を
通して、貨物船を見ようと目を凝らしたが、実際には見る
ことはできなかった。なぜなら、グラスの表面に水滴が
付いていたからだ!見えるわけがない。こんな当たり前の
ことに今まで気が付かなかったとは迂闊な話である。
ソーダ水の色で、余計見えにくいという事もあるが、
それ以前の問題のような気がする。

また、仮に見えたとしても、その場合かなり不自然な姿勢に
なることも発見した。見ようとすれば当然、ソーダ水に目線を
合わせる必要があるため、テーブルに顔をかなり近づけなければ
ならない。もし歌詞の通り、一人で来てそんなことをしていたら、
それはかなり怪しい人物だと言わざるを得ない。

そして次に、第2の疑問を確かめる作戦に出た。

2.「ドルフィン」では"晴れた午後には遠く三浦岬も見える"と
 いうが、それはホントのことなのか?

窓際の席に座り、外を見まわすが、三浦岬らしきものは見えない。
晴れた午後なのに、見えないということは、よほど視力の良い人
でないとムリなのか?手を上げて、ウェイターを呼び止めた。
「三浦岬はどこですか?」「はあ?」
何だ、このウェイターは?「ドルフィン」といえば、三浦岬を
知ってるのが常識だろう。勉強不足だな!そう憤慨していると、
「三浦岬ですか?三浦半島のことだったら、横須賀があるのが
 三浦半島ですから、方角が全然違いますよ」とウェイターが
答えてくれた。どうやら三浦岬というものはないらしい。
三浦半島ならあるが、横須賀がすっぽり含まれるようなでっかい
半島だから、仮に見えたとしても岬のイメージには程遠い。
かなり恥ずかしい思いをして聞き出したのだが、「三浦岬」は
ユーミンのイメージの産物であるらしいことが分かった。

その他にも、"紙ナプキンにはインクがにじむから"忘れないでって
書くのがやっとなのか?とか(こんな内容の歌詞も出てきます)、
確かめてみたかったけど、それをやると、さっきのウェイターから
「出ていってください」と言われそうなので涙を呑んで我慢した、
海を見ていた午後だった。

Dolphin

|

« 「ひつじのショーン」 | トップページ | シュンヤ1歳4ヶ月 »

以前の日記より※」カテゴリの記事

コメント

懐かしい気持ちで読ませていただきました。
ちょうど僕とるぅの結婚披露宴に来て下さったときに行かれたのでしたね。
「タオさんの検証はこうだったみたいだけど、我が家でも行って試してみようよ!」という会話を何度したことか・・・でもまだ行ってません。

そうそう、シャングリラIIIの公演に行かれるのですね。実はつい先日、横浜での公演に二人で行ってきました。大きい声では言えませんけどとっても感動的です。

投稿: パムゾウ | 2007.07.29 20:06

パムゾウさん、こんばんは。ご無沙汰してます。
そうなんですよねー。パムゾウさんの披露宴で
横浜に行ったときの話なんですよね。懐かしい。
行ってみたくなりましたか?近いと案外行かないもの
かもしれませんね。どうぞお試しあれ。
それにしても当時からブロガーのようなことを
してたなーと、読み返して改めて思いました。

シャングリラ3見に行かれたんですね。
私たちは8月の終わりの予定です。
今からもう楽しみにしてます!

投稿: タオ | 2007.07.30 01:41

ソーダ水と言えば緑色、私はずっとそう思っていました。周りの知り合いは皆否定します。それは透明だと。そこで思ったのは貨物船がソーダ水の中を通るのならきっと透明なのだろう、私が間違っていたのだ、と。だいたい、ユーミンの海を見ていた午後など知らない連中ばかりですから、話になりませんが。今日、この写真を見て、嬉しかったです。ありがとうございました。

投稿: | 2013.07.20 10:30

コメントありがとうございます。よくぞ見つけて下さいました(^^)。本物の「ドルフィン」で撮った写真です。

検証してみて初めて分かることもあるもので、くだらないけど納得して頂ける内容だったかと(^^;)。お役に立てて何よりです。

投稿: タオ | 2013.07.20 20:09

おはようございます。
はじめまして…私も気になっていた事を思いだして調べていたら…読ませて頂いて。
嬉しくなって、私のブログの中に抜粋で掲載させて頂きました。
事後承諾で申し訳ないのですが…抜粋なので内容は全く触ってはいません。

私も行ってみたいですねぇ…ドルフィン。
ユーミンの歌は大好きで…音から入る私ですが…ユーミンは歌詞も好きです。

あのグラスの中を貨物船が通って言ったのでしょうね。
感動です。ありがとうございました。

投稿: リコ | 2013.10.28 09:51

>リコさん

わざわざ連絡して頂きありがとうございます。
ブログ読ませてもらいました。抜粋掲載OKですよ。

ちなみに私は福岡在住です。友人の結婚式に出席するため横浜まで来たんですよ。前日入りして、長年の疑問を解消しました(^^;)。

歌になっている場所を訪れるというのはやっぱりいいもんですね。あ~ここだったんだと感動しますから。

投稿: タオ | 2013.10.28 22:51

何年も前のブログにやっと辿り着きました。今年の夏にいってきました、ドルフィンに。調子の悪いナビに導びかれて。店の雰囲気は様がわり、料理は多国籍、いろいろ噂は聞いていましたので、中には入らず、外から見るだけで帰ってきましたが・・・記憶の中に留めておくだけの方がよさそうです。
車の中では、いつでも聞いています。

投稿: momoko | 2014.09.27 12:19

>momokoさん

すーっかり返事が遅くなってしまいました。すみません。よくぞたどり着いてくれました!

私が行った時とはずいぶん変わってしまったんですね。あの時のことは今でも覚えています。
懐かしい記憶は私もそのままそっとしておくことにします。

投稿: タオ | 2014.10.12 22:44

検証有難うございます。ずっと気になっていた事が全てつまびらかになりました。
ドルフィン、ソーダ水の中の貨物船、そして三浦岬、見たことのない風景なのにイメージは一杯広がっていました。実際にそんな風景を見てみたいって思っていました。三浦岬は心象風景だったんですね。

投稿: ルピナス | 2015.05.28 00:15

>ルピナスさん

コメントありがとうございます。

これを書いたのは2001年。ずいぶん長い間、この記事はみなさんの役に立ってるのだなあとなんだか不思議な気持ちです。ちょっとした思いつき。でも実際にやってみることが大切ですね。久しぶりに読んであの頃のチャレンジ精神?を思い出しました。

投稿: タオ | 2015.06.03 21:38

でも、そのドルフィンの建物 海を見ていた午後の時の建物と違う。オーナーも何度も代わって建て直されている。ガラス張りではなかった・・・

投稿: JSG | 2015.07.16 06:47

>JSGさん

ユーミンが歌った時代のお店はどんな感じだったんでしょうね。時を巻き戻せるなら見てみたいけど、想像に浸ってあれこれ考えるのも楽しいかも。この記事がその想像の手伝いになってくれたら嬉しいです。

投稿: タオ | 2015.07.17 00:55

三浦岬とは 観音岬のことだよー 

投稿: tk | 2015.09.09 12:28

は、はじめまして。
ユーミンの曲は、頭にイメージが、どわーっとわくのです。
初夏になると、この曲の通り、「ソーダ水の中に貨物船を通してみたい」と思うのです。
今年もそんな時期です。
近くのレストランでいいから、海が見渡せるところに行って、ソーダ水を頼んでやってみたい、とおもいつつ、毎日が仕事の農業で、なかなかお出かけすることもできず、検索して気を紛らわせてみると、素敵なブログに出会いました。
検証してくれてありがとうございます、しかも、本場ドルフィンで。
なんか、すっきりしました。

投稿: ふうこ | 2016.04.25 11:58

>tkさん

こんなに返事が遅くなってすみません(^^;)。三浦岬は観音岬ですかー。土地勘ないので知らないのですが、ありがとうございます。勉強になります。

投稿: タオ | 2016.06.18 13:52

>ふうこさん

返事が遅くなってしまいました。すみません。良い季節になってきましたね。

お役に立てて何よりです。やってみるのも勇気いりますもんね(^^;)。

投稿: タオ | 2016.06.18 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/15771720

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!『海を見ていた午後』:

» 横浜にて、、、 [ 日光「ふぃふぁ山荘」単身赴任日記]
最近、娘も大きくなり管理人とは一緒に出かけてくれない今日この頃、、、 「ユーミン [続きを読む]

受信: 2007.07.30 20:03

« 「ひつじのショーン」 | トップページ | シュンヤ1歳4ヶ月 »