« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の2件の記事

2007.12.25

年賀状プロトタイプNO1

「年賀状できました」に書いてある通り、今回は紆余曲折を
経て完成した年賀状です。出来上がりとはまったく違うもの
ですが、その試作品とも言えるものを公開いたします。

Prototype1

これが発想の原点です。今年1年間の楽しかった思い出の
写真を、本人が持って写るというもの。ユースケはユースケの、
シュンヤはシュンヤの、といった感じで、家族4人分の
そんな写真を年賀状に載せたいと思いました。
※この写真は試し撮りのため、ユースケが手に持っている
写真は適当です。本当ならこれはユースケのベストショット集
になるはずでした。

しかしこの手法は現実的には不可能だと判断しました。
年賀状の大きさから考えるとこれは無理です。
こんな写真を4枚も載せたら、手に持っている写真は
豆粒ほどになり、何が写ってるのかさっぱり分からなく
なります。それでは意味がない。

年賀状のスペースから考えると、1人分がやっとでしょう。
でも家族全員分がなければ、やっぱりこれをやる意味がない。

そしてこのやり方にはもうひとつ問題があります。
写真を手に持っていれば、微妙に手が動くだろうから、
ブレる可能性が高い。それではたとえ一人分でやったと
しても、手に持っている写真がいまいち判別できないものに
なるかもしれない。

ではどうしたら良いのか?そこから試行錯誤の旅が始まり
ました。出来上がりはまったく違うものです。でもこの写真が
出発点になっています。比べてみると面白いかもしれません。
スタートからゴールにいたるまでに、何を削り、何を加えたか、
見てみてください。違った楽しみ方ができるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

年賀状できました

ようやく年賀状が完成しました。今回はけっこう大変でした。
12月に入ってブログの更新が止まっていたのはそのためです。
不器用なので、すみません。

ともあれ完成。おめでとさん。小おどりしたいよな気分です。
頭の中でイメージしていたものがようやく形になりました。

我が家にとっての年賀状とは、この1年間を総括するもの。
この1年がどんな年だったのかを、あの小さなスペースに
表現しようというのだから、無謀なことです。しかも今回は
やったことがないことにチャレンジしたので、なおさらです。

お手本になるようなものがないので、コツコツ地道にやって
いくしかありません。頭の中にあるイメージと、現実にできる
ことのギャップをひとつずつ検証しては、実現できる可能性を
探っていきました。年賀状をつくるとジョン太に宣言して、
最初の2週間ぐらいはなにをやってるのか、ハタから見たら
さっぱり分からなかったでしょう。年賀状というよりは工作して
遊んでました。少し作っては検討を加えるという作業の繰り返し。
年賀状には採用しなかったけど、その過程でいくつか面白い
ものも考えました。機会があれば、いずれ披露したいと思います。

紆余曲折を経て完成した今回の年賀状。でもそんな苦労は
少しも感じさせない楽しいものができたと思います。
手に取った瞬間「うわあ、何だこれ!」と喜んでもらえたら
嬉しいです。楽しみに待っていてください。

P.S.
季節ぶろぐや、何度かコメントのやりとりさせて頂いてる方で
もし希望される人がいらっしゃるなら、年賀状送りますよ。
ご連絡ください。検討の上、送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »