« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の6件の記事

2008.01.27

年賀状に映すもの [2008年版]

「年賀状に映すもの [2005年版]」
「年賀状に映すもの [2006年版]」
「年賀状に映すもの [2007年版]」
これから書くのは2008年版。つまり今年の年賀状の話です。

2008nengajyo

今回のテーマは「楽しい気持ち」でした。
前回はシュンヤが生まれて親子4人になり、家族というものを
強く意識した年賀状になりました。家族って何だろう。
不思議だなあ。楽しいなあ。そんなことを考えていたのが、
前回の年賀状には反映されていたように思えます。

今回は前回と違い、楽しさが前面に出ています。
シュンヤが生まれたばかりのときは、どうしても行動範囲が
狭くなりがちだったのですが、シュンヤも1歳になり、家族で
お出掛けの機会が増えました。それが単純に嬉しかったのです。

だから今回のテーマは「楽しい気持ち」。
どうやってそれを年賀状に表現しようかと考えたとき、
今までとは全く違ったアプローチをしてみようと思いました。
楽しい写真をセレクトして載せるのは決まっていたのですが、
問題はその載せ方です。私はこの年賀状を受け取った人が
「ああ、こいつら去年はなんか楽しかったんだろうな」と
思って欲しかったのです。手にした瞬間に「楽しい」という
イメージが浮かんでくるような年賀状にしたいと思いました。

だから今回は思い切りアナログな方法を採用しました。
載せたい写真をプリントして、それを並べて一枚のイメージに
する方法です。年賀状ソフトを使ってペタペタ写真を貼る普通の
方法では、ひとつひとつの写真(イベント)が主張してしまう
ような気がしました。その場所に行ったから楽しかったのでは
なく、どこかにみんなで出掛けたこと自体が楽しかったのです。
それを表現してみたいと思いました。

しかし思うのは簡単だけど、実際に形にするのは難しかったです。
なにしろ前例がないんですから。参考にするものもありません。
最大の問題は、ピントがどの程度合うのか分からなかったことです。
試行錯誤して出来上がったのが、今回の年賀状です。楽しい
写真を楽しく見せる。拙いながらも、それがもし伝わっていたなら
とても嬉しいです。

来年の年賀状はどうなるのでしょう。一番楽しみにしてるのは
実は私だったりします。そのためにはまずこの1年を充実させる
ことですね。ユースケとシュンヤの成長も楽しみです。

※作成メモ※
どうやって作ったのか聞かれることが多かったので、
ここにメモを残しておきます。

1.―写真素材を用意する―
  写真素材はポートレート。背景がシンプルできれいな色、
  前方に人物が写っている写真をセレクト。

2.―写真素材をプリントする―
  前方に配置するのは人物ひとりの写真。L判の半分の大きさ。
  後方に配置するのは複数の人物写真。L判の大きさ。

3.―写真素材を配置する―
  レゴの土台(2枚)の上に写真を前後左右に並べる
  写真の後ろにブロックを積んで倒れないようにする
  後方に配置する写真はブロックの上に乗せて高低差をつける

4.―「S・M・I・L・E」の文字を作る―
  文字の輪郭だけをプリントして切り抜く
  四角に切ったカラーダンボールの上に貼る
  レゴの土台の最前列に配置する

★これでメインイメージの素材完成です。

5.―用意したメインイメージを撮影する―
  ピンボケ・手ブレ防止のために三脚を使いタイマーで撮影
  光量確保のために天気の良い午前中~午後早めに撮影

★次は年賀状ソフトの出番です。

6.―メインイメージを配置―
  年賀状の大きさいっぱいにメインイメージを貼る

7.―顔写真を配置―
  それぞれの顔写真のアップを載せてインパクト不足を補う
  メインイメージの写真素材から選ぶことで統一感を出す
  「2008 HAPPY NEW YEAR」の文字を、顔写真と同列で配置

8.―楽しさの演出―
  氏名欄をレゴブロックの形にする
  「HI! CHeeeeSE!」の隠し文字を入れる

★これで年賀状の完成です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.23

オセロ・コールドゲーム

子ども相手に手加減するかどうか、親にとっては悩ましい問題
ではないでしょうか。ちなみに私は基本的に手を抜きません。

わざと勝たせてあげても良いのですが、そうなると自分は強い
のだと勘違いしてしまいます。事実そうやって勘違いしたまま、
友達と対戦して、ユースケがコテンパンにやられてしまうのを
目の当たりにすることがあり、私は考えを改めました。

今の自分の力をきちんと把握すること、これが大切なのだと
思います。勝ったり負けたりするのは当然のこと。負けるのは
くやしいけど、自分の力を知っていれば、なぜ負けたか納得
できるはずです。それでこそ次につながるのだと思います。

さて、そんなわけでオセロです。ユースケと対戦するときは
いつも四隅のうち2つをハンデとして与えてからスタート
します。それぐらいがちょうど良いのです。

ある日のこと、ゲームで練習して強くなったからハンデは
いらないよとユースケが言いました。それなら、と対等の
条件でオセロをしました。それがなんと!けっこういい線
いってたのです。ほぅ強くなったようだなと、内心感心
してしまいました。

ユースケは得意気です。そんなことがあったので、私も油断
してました。それがあんな悲劇を起こすことになろうとは!

あの日のことは忘れもしません。オセロの盤面が黒だけに
なってしまったのです。私の完勝。ユースケは泣き、私は
呆然となりました。こんなことってあるの?

ハンデなしで始めたオセロ。ほどなく四隅のひとつを取った
私はそこから手堅く地盤を固めていきました。そしてまた
ひとつ四隅が取れ、じわじわと黒が広がっていきます。
その中にユースケが入り込む余地はありません。

終盤、異変に気がつきました。でも気がついたときには
遅かったんです。ユースケの打つ手がない!

あれ、あれあれ?ユースケが打てないので仕方なく自分の
石を置く私。次もユースケは打てないから私。そのまた次も。
あれ?全部黒になっちゃった・・・。

升目の全部が埋まったわけではありません。お互いに石は
2つか3つ残っていたはずです。でももう打てないんです。
全部黒になっちゃったから。

ユースケはポロポロ泣いてしまいました。私もあわてました。
こんなことがあるはずない。これはあんまりだ。
自分のしでかしたことに言葉をなくしてしまいました。
黒一色の盤面はそれほどのインパクトがあったのです。
トラウマになってはマズイ!!

必死でユースケを慰める私。こんなこともあるよとかなんとか。
何を言ったかよく覚えていません。ごめんねユースケ。
本当に反省してます。ハイ。

その1週間後、またユースケとオセロをしました。ユースケから
しようと言ってきたのでホッとしました。今度はまたハンデあり
にしました。そして私の指導付きです。

ハンデを与えてるから手加減しないで済みます。ユースケが良く
ない手を打とうとしたら、教えて指導してあげてます。結果、
私はかなり苦戦を強いられるのですが、それでも全力でできる
ので嬉しいです。ユースケも少しずつ力をつけているようです。
また楽しいオセロができるようになりました(^^)。

行き過ぎはよくないと思う。でも甘やかさない。
その間を行ったり来たりするような毎日です。

ユースケへ。
いつか対等に向き合える日を父は楽しみに待ってるよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.20

ユースケ、スケートデビュー

アイススケートに行ってきました。
ユースケ、スケートデビューです。

Skate

やっぱり子どもって飲み込みが早いですね。
リンクを1~2周するだけでコツをつかんだようです。
最初は片手を手すりに、もう片方は私と手をつないで。
次は手すりから手を離して、片手は私と手をつないで。
そしてとうとう自分だけで歩き出しました!

最後は、歩くのはラクラクで少し滑りを楽しむぐらいは
できるようになりました。すごいすごい。
ラスト1周は競争しましたよ。負けずに一生懸命滑ろうと
する姿が可愛くもあり、頼もしくもありました。

親子で滑るなんてのは、ちょっとした夢ですね。
親になってよかったなあとしみじみ思いました。

ここは椅子ゾリもあって、ジョン太とシュンヤを
座らせて、私とユースケが押してあげたりと、
家族みんなで楽しめました。また遊びに行く予定です♪

※追記※
Youyounonbiriさんから椅子ゾリについてコメントを
いただきましたので、おまけで載せときます。
Isuzori

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.01.14

思い出MAP

新年にふさわしく、こんなサイトがあったらいいなという夢を
書いてみたいと思います。それは「思い出MAP」。

地図コミュニティが今流行っています。地図にいろんな情報を
付加してみんなで楽しもうというものです。代表的なのが、
グルメマップ。美味しい店をみんなが投稿できることで、
メディア主導ではないクチコミの面白さが魅力になっています。
こういった地図コミュニティは「実用的な情報」という
キーワードでくくられることが多いのですが、そうではなく
個人の思い出が集積された「思い出MAP」があったら、
新しい価値を創造できるのではないかと考えました。

地図コミュニティは、誰でもつくれる時代になってきました。
実際に、そんな「思い出」をキーワードにしたサイトもいくつか
見かけました。でも私が思ってるのとはちょっと違ってました。
個人では限界があるのでしょうか。これは全国津々浦々
書き込まれてこそ面白い。そんなサイトができることを
期待して、ここに書きます。

私がこんなサイトを考えたのには、きっかけがあります。
読売新聞1月9日付の記事、
「思い出のちから(6)記憶の風景でまちづくり 役立つ過去」を
読んだからです。小田原市では「ふるさとの原風景百選」を市民
から募集したそうです。「身近な風景の思い出を書いて投稿する」
という企画に、1200件を超すエピソードが寄せられました。
ひとつの場所に、複数の人が思い出を書いていて、時代も違えば、
思い出も違う。そのことがとても面白かったのです。
「場所の記憶」とでも呼べば良いのでしょうか。そんなものを
もっと読んでみたいと思ったのです。

「個人の記憶」に関しては、ブログというツールのおかげで、
ネットの至るところで、見かけることができるようになりました。
その人について知りたければ、それを見れば分かります。
でもある場所についての記述を探そうとしたら、検索で探すしか
ありません。もし「場所の記憶」が一覧できたら、今までとは
違う時代が来るのではないかと思います。

私の持論に「映画のような人生を送れる人は少ないが、映画の
ようなシーンは誰にでも訪れる」というのがあります。
人生の中で、そんな喜怒哀楽に富んだ鮮やかな場面が、きっと
どこかであると思います。それは映画のワンシーンのよう。
つまり「場所の記憶」をキーワードにその思い出を語れるのです。
そんな名場面を読んでみたいと思いませんか。

待ち合わせスポットにはたくさんの人の思い出があるだろうし、
村の一本杉の下には誰かの秘密の思い出があるかもしれない。
思い出が集積したとき、それは大きな力を持つと思うのです。

どんな場所に人は思い出を持つのか?その結果は街づくりに
反映されるかもしれない。どんな場所を人は愛しているのか?
例えば取り壊される文化財の保護にそれは役立つかもしれない。
みんながその文化財の思い出を書き込めば、どれだけ愛着を
感じているか伝えることができます。そんなムーブメントを
起こすことだって可能だと思うのです。

また、学校などはどうでしょうか。学校というのは不思議な
ところで、建物は変わらないのに、人は毎年入れ替わります。
その思い出はたくさんあるはずなのに、受け継がれることの
なんと少ないことか。その学校の思い出を、卒業生がたくさん
書き込めば、今を生きる学生にも影響を与えるかもしれません。
自分たちの学校に誇りを持つことができます。

また、学校などもそうですが、自分の所属している(していた)
地域に書き込まれていた人と、懐かしい再会をしたり、新たな
出会いがあったりと、コミュニティとしての役割も、このサイト
は果たすことができます。

「場所を愛すること」。それは地域を愛することに他なりません。
それはその地域に住む人を愛することにつながります。
村の長老が歴史を語る「かたりべ」。その現代版が、この
「思い出MAP」なのかもしれません。「かたりべ」不在の
今こそ、こんなサイトが必要だと思うのです。

人と人とのつながりが希薄だといわれる現代。
「人」ではなく、「場所」をキーワードに語ることで、
結果的に、人とのつながりが強くなるのではないか。
新しい年の初めに、そんな夢を見てみました。

※これを書くにあたり、いろいろ調べている中で、
こんな記事を見つけました。面白かったので参考までに。
「街の記憶と思い出コミュニケーション」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

あけましておめでとうございます

すっかり出遅れた感のある挨拶ですが、あらためまして、
あけましておめでとうございます。

ブログを始めたのが2003年の12月だから、
今年は5年目になるわけですね。これだけ長く続けて
こられたのも、みなさんあればこそです。感謝感謝。
また新たな出会いがあることも期待して、今年も
がんばりたいと思います。

ちなみに去年は82本の記事をエントリしてました。
まずまずといったところでしょうか。

話は変わりますが・・
去年から、見た映画と読んだ本を記録することにしました。
映画は45本。本は33冊。これが多いのか少ないのか
分からないけど、充実した1年だったのは確かです。

サイドバーに表示してある「最近の5つの事柄」を続けて
いるおかげで、自分自身の備忘録にもなり、重宝してます。
PCにはもちろんすべて記録を残してあるので、
1年続けると、自分の足跡が分かるようで面白いですよ。

今年は妻のジョン太もブログ参戦する予定なので、
夫婦でトラックバックが実現するかもしれません。
楽しみです。今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.09

年賀状プロトタイプNO2

年賀状のアイデアを考えてる時にふと思いついたのが、
写真の立体化。試しに作ったらけっこう面白かったので
紹介します。簡単にできるので、ぜひお試しください。

まず写真を用意します。
素材としてはポートレート写真が適していると思います。
その写真を2枚用意します。1枚は背景用、もう一枚は
切り抜き用です。その際、切り抜き用は少し大きめに
プリントするのがポイントです。

Rittaika1

次に切り抜き用の写真から、人物をハサミで切り抜きます。
あまりキレイに切り抜かず、大まかに切り抜いたほうが、
出来上がりは面白いと思います。

Rittaika2

さて仕上げです。この切り抜いたものを背景用の写真に
貼ります。でも立体化というぐらいですから、そのまま
貼っても意味ありません。切り抜き用と背景用の写真の
間に、ダンボールなど厚みのあるもので挟みます。
それをノリでくっつければ完成。切り抜いた人物が、
背景から飛び出て見えます。

セロテープをクルっと輪っかにすると即席の両面テープが
できますよね。ダンボールのかわりにこれでもOKです。
輪っかの厚みができるから、ちょうど良いんです。
これだとセロテープだけで厚みができて貼れて一石二鳥。
お手軽なのでオススメです。

単純だけど、実際に手にとってみるとインパクトありますよ。
出来上がりをお見せしたいけど、写真に撮ると、立体に
見えにくいということが分かりました。残念。これはあくまでも、
実際に手に取って見るのが一番面白いようです。

と、そんなわけで年賀状に使おうと思っていたアイデアですが、
その中で使おうにも立体に見えないのでは意味がないので、
このアイデアもボツになりました。

※最終的にはボツにしたアイデアですが、2次元で立体っぽく
 見せる工夫はここまで考えました。参考までに記しておきます。

Rittaika3

1.背景用写真の1辺または2辺を短くカットしてトリミング。
  切り抜き用写真をはみ出させる。
2.背景用写真の色調を20~30%落として淡くすることで、
  背景と切り抜きの彩度にメリハリをつける。
3.光の当て方を工夫することで、切り抜きと背景の間に、
  影をつくる。
どうでしょう。少しは立体っぽい雰囲気できたでしょうか?


※追記※
Sumiさんに今回の写真素材を誉めていただいたので、
おまけとしてオリジナルも掲載しておきますね。
20070311

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »