« 年賀状プロトタイプNO1 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008.01.09

年賀状プロトタイプNO2

年賀状のアイデアを考えてる時にふと思いついたのが、
写真の立体化。試しに作ったらけっこう面白かったので
紹介します。簡単にできるので、ぜひお試しください。

まず写真を用意します。
素材としてはポートレート写真が適していると思います。
その写真を2枚用意します。1枚は背景用、もう一枚は
切り抜き用です。その際、切り抜き用は少し大きめに
プリントするのがポイントです。

Rittaika1

次に切り抜き用の写真から、人物をハサミで切り抜きます。
あまりキレイに切り抜かず、大まかに切り抜いたほうが、
出来上がりは面白いと思います。

Rittaika2

さて仕上げです。この切り抜いたものを背景用の写真に
貼ります。でも立体化というぐらいですから、そのまま
貼っても意味ありません。切り抜き用と背景用の写真の
間に、ダンボールなど厚みのあるもので挟みます。
それをノリでくっつければ完成。切り抜いた人物が、
背景から飛び出て見えます。

セロテープをクルっと輪っかにすると即席の両面テープが
できますよね。ダンボールのかわりにこれでもOKです。
輪っかの厚みができるから、ちょうど良いんです。
これだとセロテープだけで厚みができて貼れて一石二鳥。
お手軽なのでオススメです。

単純だけど、実際に手にとってみるとインパクトありますよ。
出来上がりをお見せしたいけど、写真に撮ると、立体に
見えにくいということが分かりました。残念。これはあくまでも、
実際に手に取って見るのが一番面白いようです。

と、そんなわけで年賀状に使おうと思っていたアイデアですが、
その中で使おうにも立体に見えないのでは意味がないので、
このアイデアもボツになりました。

※最終的にはボツにしたアイデアですが、2次元で立体っぽく
 見せる工夫はここまで考えました。参考までに記しておきます。

Rittaika3

1.背景用写真の1辺または2辺を短くカットしてトリミング。
  切り抜き用写真をはみ出させる。
2.背景用写真の色調を20~30%落として淡くすることで、
  背景と切り抜きの彩度にメリハリをつける。
3.光の当て方を工夫することで、切り抜きと背景の間に、
  影をつくる。
どうでしょう。少しは立体っぽい雰囲気できたでしょうか?


※追記※
Sumiさんに今回の写真素材を誉めていただいたので、
おまけとしてオリジナルも掲載しておきますね。
20070311

|

« 年賀状プロトタイプNO1 | トップページ | あけましておめでとうございます »

写真を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ご無沙汰しております。
ジョン太さんはお元気でしょうか。

この写真、ステキです。
おっきくなりましたねェ、ユースケくん。

投稿: Sumi | 2008.01.09 11:59

Sumiさん、あけましておめでとうございます。
ジョン太は元気ですよー。でも息子2人は
もっと元気です(^^;)。

コメントありがとうございます。この写真は
博多リバレインの最上階アトリウムガーデンで
撮ったものです。実は私たちもお気に入りの
1枚なのでした。
※ほめていただいたので、この写真のオリジナルも
「追記」として、おまけで載せました~。

投稿: タオ | 2008.01.09 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2961/17628159

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状プロトタイプNO2:

« 年賀状プロトタイプNO1 | トップページ | あけましておめでとうございます »