« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の1件の記事

2008.07.02

おやすみ前の終わらない話

― 2008年5月27日の日記(mixi)より ―

仕事が早く終わった日と、休みの日は、
ユースケを寝かしつけるのは私の役目。

絵本の読み聞かせが終わると、灯りを消します。
暗くはなるけど、すぐに寝てしまうわけでは
ないので、時々おしゃべりもします。
ぽつりぽつりと話す言葉は、普段話せない
ようなことが、素直に出てくることがあって、
そんなときは生意気盛りの小学2年生といえど、
やっぱり子どもなんだなあと、かわいく思えます。

ところが、そんなふうにほのぼのした雰囲気に
ならない夜もあります。そんなときは、
妙に盛り上がっちゃったりなんかして(^^)。

発端は「さよなら」の語源でした。
どういうわけかそんな話になり、私が説明しました。

(私)
 「さよなら」って「左様(さよう)なら」のことでね、
 「左様」っていうのは「そのとおり」とか「そのよう」
  っていう意味。だから「左様なら」というのは、
  今の言葉で言えば「それならば」って感じかな。
(ユースケ)
 「さよなら」が、なんで「それならば」なの?
(私)
  ほら、友達と別れるとき「それじゃまた」とかいうよね。
  あれと同じだよ。「それならば」と「それじゃあ」は
  似てるよね。
(ユースケ)そっかー。

この辺でやめとけばいいものを、さらに話を続ける私。

(私)
  「さよなら」を佐賀弁で言うと何か知ってる?
(ユースケ)
   何?
(私)
  「そいぎんた」
(ユースケ)
  「そいぎんた」って何それー\(^○^)/。

言葉のインパクトに盛り上がる二人。

(私)
  これも語源は「それじゃまた」と同じだと思うんだけどね。
  昔パパの先輩に佐賀の人がいてね、
  その人から教えてもらったんだよ。

なぜか昔話を語りだす私(^^)。

(ユースケ)
  じゃあママも「そいぎんた」って言うの?
(私)
  ママは言わないよ。佐賀の人みんながみんな
  言うわけじゃないよ。方言だからね。
  言う人もいれば言わない人もいる。

今度はユースケが聞き返す。

(ユースケ)
  方言って何?
(私)
  方言ってのはね、その地方でしか話さない言葉。  
  だから北九州弁とか大分弁とかもあるよ。
(ユースケ)
  大分弁ひとつだけでいいから教えて。
(私)
  「よだきい」
(ユースケ)
  「よだきい」って何それー。
(私)
  「よだきい」って言うのはね・・。

と、こんな感じできりがありません。
寝なきゃいけないのになかなか眠れない(^^;)。

このままでは学校の勉強より、
うんちくのほうが増えそうです。
それでいいのか、小学2年生!

で、「よだきい」って言うのはね・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »