« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年9月の1件の記事

2008.09.14

summer greetings 2008

今年の残暑見舞いはがきについて。
今回私がやりたかったのは、家族4人それぞれの
全身が写った写真を載せたいということでした。
それと夏らしいデザインになるよう心掛けました。

ユースケとシュンヤは平尾台で撮った写真、私と
ジョン太は北九州市立美術館アネックスで撮った
写真を採用しました。子どもたちは元気いっぱい
アウトドア、大人たちはちょっとすましてインドアで
楽しむという感じでしょうか。夏らしい写真です。

本当はそれぞれの場所で4人分撮ったのですが、
そこはそれ、はがきサイズなのでスペースの都合上、
1人1ロケーションとなりました。
※当初、4人分×2ロケーションで作ってみたのですが、
なにしろ全身が写った写真なので、小さくなりすぎて
全面変更しました(ジョン太からダメ出しが出たのはコレ)。

というわけで、今回採用できなかった写真を2枚公開。
ユースケとシュンヤのインドアバージョンです。

Zansyo1 Zansyo2

全身が写った写真になぜこだわったかというと、
長崎で見た、福山雅治の写真展にたぶん影響を受けたの
だろうと思います。たしかその中で、福山雅治が全身で
写ってる写真があって、かっこいいなあ、ポートレート
っていいなあと思ったのが、きっかけです。

福山雅治という被写体が抜群に良いのは当然ですが、
私がそこで感じたのは、全身で写っている写真というのは、
飾りのない素のままの自分が表現できるような気がした
のです。とかく今は編集で簡単に、好きなように都合の
良いように仕立て上げられる世の中です。だからこそ
全身で写ってる写真が、新鮮に感じられました。

そしてその全身の写真というのは、自分で考える以上に、
何かを見る人に伝えることが出来るような気がしました。
たった1枚の写真ではあるけれど、そこに映し出された
のは、過去を積み重ねて現在に至った自分の姿なので、
顔の表情や全体の雰囲気、ポーズにまで、どんな人生を
歩んできたか表現されているのかもしれないと思いました。

その人の佇まいや人となりまで、もしかしたら、そこに
見つけることができるのかもしれない。頭のてっぺんから
つま先まで隠さないことで、編集でカットしないそのままの
自分たちの姿を届けてみたくて、今回のはがきをつくって
みました。

4人4様の写真、楽しんでいただけたら嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »