カテゴリー「キッズ・ワーク」の11件の記事

2007.07.09

世界オムレツ化計画

見つけました!ずっと探してたんです。ユースケの作品。
今回押入れの掃除とともに1年ぶりに発見されました。
その発想とシュールさを見てください。絶対大人には
真似できないアイデアです。面白すぎ。

12枚の紙に1月から12月までの絵が描いてあります。
それぞれ季節の行事を表わしているようです。
カレンダー好きなユースケならではのテーマですが、
その絵を見てびっくり。なんと!みんなオムレツです。
え、意味が分からない?じゃ、その作品をご覧ください。

Omelet1

1月「凧あげオムレツ」 2月「雪だるまオムレツ」
3月「ひな祭りオムレツ」

Omelet2

4月はなぜかオムレツそのもの。5月「こいのぼりオムレツ」
6月はなんでしょう?アジサイでしょうか?

Omelet3

7月「島オムレツ」 8月「たこオムレツ」
9月「お月見団子オムレツ」

Omelet4

10月「芋掘りオムレツ」 11月「紅葉オムレツ」
12月「クリスマスツリーオムレツ」

いかがでしょう。

全体を黄色で塗って、まん中に波打つ赤いライン。
これはオムレツのシンボル化ですね。こうすれば全て
強制的にオムレツになってしまいます。世界中をオムレツに
する野望(悪の秘密結社か?)が、かなう日もそう遠くない?

これってすごい発明のような気がします。応用できそう。
「Aという物体に、Bというシンボルを付加すると
 AなのにBという、矛盾するものの存在が許される」
と、こんな法則です。

例えばラーメンマンなんかはどうでしょう。キン肉マンに
出てくるラーメンマンを、もし青・白・赤のトリコロールに
塗ったら、中国人を主張してるキャラなのに、フランスの
ラーメンマンになりはしないでしょうか?ならない?

そんなふうに考えていくと面白いですよね。もっと他にも
応用できそうです。デザイン以外にも通用しそう。役には
立たないと思うけど、いいんです、面白ければ。子どもの
発想から、新しいものが生まれることもありますよね。

この法則を利用したアイデア募集。
何か思いついたら教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.03

ユースケの回転寿司

子どものすることには、時々びっくりさせられることが
あります。ユースケ、幼稚園の年長さん時の出来事。
ある日の食卓の風景です。仕事から帰ってきたら、
こんなことになっていました。

Kaitenzushi1

ユースケ曰く、回転寿司なのだそうです。
そういえば、なにやらネタらしきものが乗っています。
なんだか私にも回転寿司のように見えてきました。
メモ帳を2つに折ったコンベアの上に、ユースケ
手作りの紙製のお寿司が、ずらりと並んでいます。

「どれにしますか?」「じゃ、トロ。」
私をイスに座らせると、ユースケは嬉々として、
寿司ネタを一つ一つ隣のメモ帳に移し替えていきます。
ういーん、ういーんと、つぶやきながら、その作業を
熱心に繰り返すユースケ。ようやくトロ、私の前に到着。
「お待たせしましたー」その嬉しそうな顔。
「いただきます(^^)」

どうやらこの回転寿司は人力で動くようです。

Kaitenzushi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

ユースケのピタゴラ装置

ユースケが自作のピタゴラ装置を作りました!!
それって何?と言われる方のためにちょっとだけ補足説明。
ピタゴラ装置とはNHKの幼児教育番組「ピタゴラスイッチ」の
1コーナーです。※「ピタゴラスイッチ」を書いた記事はこちら

日用品や文房具など身近なものを使って作ったさまざまな
仕掛けを乗り越えてゴールするのが「ピタゴラ装置」。ゴール
するのはビー玉などの動くもの。必ずピタゴラスイッチと
書かれた旗や横断幕があらわれて、フィニッシュとなります。
次から次に仕掛けをクリアしていく映像にいつも驚かされます。
「ピタゴラスイッチ」には欠かせない超定番コーナーです。

去年の年末には「ピタゴラ装置DVDブック1」を、ユースケ
にクリスマスプレゼントで買ってあげました。本当は私が見た
かったんです・・。ユースケも大喜び。DVDやピタゴラ装置の
解説本を見ては、絵に描いてみたり、自分でもなにやら
ピタゴラ装置らしきものを作ったりしていました。

いつぞやは部屋中に荷ヒモを張り巡らし、ピタゴラ装置が
できた!と得意気でした。が、あまりに邪魔なのでこれは
撤去してしまいました。まあ、5歳児が作るピタゴラ装置
なのでテレビのような作品とは違って、ごく単純なものです。

これから紹介するのは、先日ユースケが作ったピタゴラ装置。
カメラのフィルムケースを開けてみてとユースケから言われ、
フタを持ち上げてちょっとびっくり。次の瞬間笑っちゃいました。
これ、どーですか?※写真をクリックしてみてください

Pitagoraswitch

フィルムケースの底とフタの両端にヒモをつけ、そのヒモに
沿って「PITAGORASWITCH」と書かれた紙が貼られてます。
フタをあけると、ジャバラに畳まれた「PITAGORASWITCH」
がビロ~ンと出てくる仕組みです。厳密にいえば人力に頼る
から、ピタゴラ装置と呼べないけど、ユースケはこれを使って
また何か作ろうとしてるので、この発展形がいつの日か見ら
れるかもしれません。また何か面白いものができたら、紹介
したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

ユースケの書初め

新年早々出かけた先で、書初めコーナーがありました。
ユースケ生まれて初めての「書初め」にチャレンジ!
Hatsuyume
おお!なんとなく味わいがあるような・・。

Yuki
地面をうっすらと覆った雪に書いた字
のような味わいといえば大げさでしょうか?

この2つは気に入ったのでもらって帰りました。

お店の壁にはみんなの作品が貼り出されていました。
書初めに定番の字や、ウケ狙いの字などいろいろ。
もちろんユースケの作品も貼ってもらいました。
ユースケの作品は「りっしゅん」。
新年にふさわしい字を書こうとしたようです。

でも実は「おとしだま」も書きたかったとのこと。
それを貼り出すのだけはちょっとご勘弁(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.21

ユースケの一発芸

シュンヤと戯れるのが、私にとってはひと時のくつろぎ。
そこへユースケが横からやってきました。おもむろに
シュンヤの腕を両手でつかみ、自分の鼻の穴に、
シュンヤの指を入れてしまいました。\(◎o◎)/!

私に抱っこされてるシュンヤ。まだ抵抗することを
知らないその腕は、ユースケへと伸びている。
そしてシュンヤの指は、ユースケの鼻の中。
ユースケが何やらうなり始めた。「ん~~、ん~~」

 「ん~~、ん~~」

もうなにやってんだか。
「ユースケやめなってば」と私が言うと、ユースケは
その姿勢のままこう答えました。

 「ガソリン」

怒るのも忘れて笑っちゃいました。
そうか、こりゃガソリンスタンドの給油のマネだ!
私のツボをジャストミート!
朝っぱらから大笑いしてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.26

あき は やや。

ユースケのメモより。

  はるはあたたかい。なつはあつい。 
  あきはやや。ふゆはさむい。

秋はやや?
"春はあけぼの"みたいで、これ好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

詩を発見!?

ユースケのカレンダー好きは誰もが認めるところ。
ひまがあれば白い紙にカレンダーを書いています。
あれだけ書いていれば、工夫も生まれるようです。
カレンダーに、予定を書いたり、天気を書いたり。
その月に合うイラストを添えてみたり・・。
カレンダーって奥が深いなあと、親である私が
おもわず感心するほどです。

そんなある日、こんなカレンダーを発見しました!

5gatsunoyusuke

イラスト付きのカレンダー。そこまではいつもと同じ。
その下に書かれてるのはユースケの感想でしょうか?
でもこれって・・。
「これ見て!ユースケが詩を書いてるよ!」と私。
「なにそれ?どこに書いてるの?」とジョン太。
「これだよ。ちょっと読むから聴いてみて」と私。
では、その詩をここにご紹介します。

 『5月のユースケ』

  みちのきがきれい みちをあるきながら
  うたうたっていた 5月のユースケ

「ね?詩になってるでしょ?」「ほんとだ!」
思わず顔を見合わせる私たち。

新緑がきれいだって、ちゃんと観察してるとは、
あなどれないな、5歳児も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.29

家庭内標識

ユースケにはいつもびっくりさせられます。
この間、トイレから出ようと手を洗っている時に、
ふと顔を上げると、見慣れないものが貼ってありました。
どうやらユースケのしわざのようです。

Hyousiki1

何だこれは?

Hyousiki2_1

右側のイラストは、水道の蛇口に向かって
歩いてる人。その上から斜めの赤い線が!
そして左の吹き出しに書かれている文字は・・。

Hyousiki3_1

「この水は飲めません」 ご心配なく。飲みませんってば(^^;)。
しかもよく見たら「のめままん」になってるし・・。

我が家にはユースケが描いた標識がほかにもあります。
これは玄関の横に貼ってあるものです。

Hyousiki4

さて、これは何でしょう?

Hyousiki5_1

「非常口」だそうです(^^)。
なかなか切迫した感じがグーです。

面白い作品は、我が家の家庭内標識として採用されてます。
ユースケが部屋に番号をつけて回った「部屋に名前を」
あの時もびっくりしましたが、今回もまた驚かされました。
子どもの発想って本当にユニーク。次は何が飛び出すか?
そう思うと、家に帰るのが楽しみになるんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.09

enjoy GW

Enjoy_gw

ゴールデンウィークの後半に、ユースケが描いた絵。
ユースケによれば5月5日は、こいのぼりデーらしい(^^)。
楽しい絵が描けるのは、親としては嬉しいもの。
このまますくすく育ってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.31

部屋に名前を

ある日、仕事を終えて帰ると、寝室のドアに「102」という文字が
書いてある紙が貼ってありました。なんだこりゃと思って、ジョン太に
聞いてみると、ユースケが部屋のあちこちに貼って回ったそうです。

引越しして部屋が増えたのが嬉しいみたいで、我が家の各部屋を、
マンションに見立てて遊んだようです。

「102」のドアを開けるとユースケがまだ眠らずにベッドにいました。
「ここは102号室?」と私が尋ねると、「そこは103号室だよ」と
ユースケ。あれここは102号室なんじゃあ?と思いながら、
寝室からウォークイン・クローゼットに入ろうとして、そのドアを見ると
なんとそこに「103」の文字が!あ、ここが103号室か・・。

着替え終わりダイニングルームに戻ると、いろんなところに紙が
貼ってあるのに気づきました。玄関が「101」、ダイニングルームが
「105」。あれ、じゃあ「104」はどこにあるの?ジョン太に聞くと
「104」はキッチンとのこと。あ、あったよ。確かに「104」の紙が
貼ってありました。屋根裏部屋は当然「201」です。さすがに
天井には貼れなかったようで、壁に「↑201」と矢印付きで
書かれた紙が貼ってありました(^^)。

我が家はテレビなどが置いてあるリビングが狭いという弱点があります。
それ以外はなかなか快適な住まいです。さてそのリビングにはなんて
書いてあるのかなーと思って、ドアに貼られた紙を見るとそこには・・
「エレベーター」と書かれてありました _| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧