カテゴリー「ロボット&未来もの」の5件の記事

2007.01.26

ASIMOに会った日

Asimo

ユースケ meet ASIMO !

北九州で開催された「国際ロボット見本市2004」に
出かけたときの写真です。ASIMOの他にもいっぱい
ロボットが集まって、夢のひとときでした。

ユースケ、ASIMOと初対面。もちろん私も初対面。
このときのASIMOは2002年型。歩いたり踊ったり
してくれました。でもまだ走れません。走る機能が
ついたのは、この後なんですよね。残念。

ASIMOの走る姿をこの目で見てみたい。
今度会えるのはいつでしょうか。次に会うときは
どんな成長を見せてくれるか、今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.23

「クルマの歴史と未来展」

九州国立博物館「クルマの歴史と未来展」を見てきました。
「若冲と江戸絵画」展も見たかったけど、こっちも見たかった。
ちょうど同時開催の期間中だったので、迷わず出かけました。
私のお目当ては「i-unit」。「愛・地球博」でトヨタが出品した
一人乗りの未来コンセプトビークルです。ホンダの「ASIMO」
テムザックの「援竜」にわざわざ会いに出かけた、未来モノ
大好きな私としては、この機会を逃すわけにはいきません。

デモンストレーションで、i-unitが低速姿勢モードから高速姿勢
モードへと変形するのを見て感激しました。ユースケもせっせと
その様子をスケッチしてました。残念ながらi-unitの運転は
できなかったけど、運転席に座らせてもらうことができました。
それだけでもう大満足です。
他にも展示されてるF1カーに座らせてもらうことができたりと、
貴重な体験をさせてもらうことができました。
※写真はユースケですが、私もちゃっかり試乗してます(^^)。

Iunit1 Iunit2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

メーテルに会える場所

あまり知られていない話ですが、ここに来ればあのメーテルに
会えるという場所があります。たぶん日本中探してもここだけ
だと思います。その場所とは新北九州空港です。

Meteru1

今年3月に開港したばかりの空港で、メーテルは1階ロビーの
観光総合案内で働いています。「銀河鉄道999」のメーテルに
こんなところで会えるとは!メーテル会いたさに、空港まで
行ってきましたよ。ああ、メーテル~~。

Meteru2

 このメーテルは案内ロボットで、空港内の施設や北九州市の
 観光スポットについて想定される質問を認識して、音声で
 答えてくれます。作者である北九州市出身の松本零士が監修、
 テレビアニメでメーテル役を演じた声優が音声吹き込みを担当。
 1500通りの会話が可能。小型カメラが質問者の動きを
 とらえ、体を左右に向けたり、首や腕を動かしたりもします。
 (西日本新聞の記事より抜粋)

このメーテルはどうやら進化する予定があるらしい。
実はこのメーテル、ロボットとしてここで実証実験も兼ねています。
最終的には人工知能を導入する予定なのだそうです。楽しみだなあ。
動きもまだぎこちないけど、これも改良されるのかな?材質も今は
強化プラスチックだけど、これも本物っぽくなると面白い。こうなったら
人工知能だけじゃなく、いき着くとこまでトコトン行っちゃいませんか?

ドラえもんは2010年までに本物を作りたいというプロジェクト
あるそうだけど、メーテルも負けずに頑張ってほしい。
あと個人的には「銀河鉄道999」の車掌さんがお掃除ロボットとして
空港内をうろうろ動き回ってくれるととっても嬉しいんだけど、それは
無理なお願いでしょうか?北九州市さん、ぜひご検討を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.10

援竜を見に行きました!

北九州市消防局の出初式で「援竜(エンリュウ)」を見ました!
援竜とは、北九州にあるロボットベンチャー企業のテムザック
開発した世界最大級のレスキューロボットです。
全長約3.5m、全幅約2.4m、重量約5t。
その姿はロボットアニメを見て育った世代が喜ぶこと請け合いです。
かっこいいー!

ただこの援竜、大きすぎてなかなか見る機会がありませんでした。
去年、出初式で初公開された新聞記事を読んで、見に行けなかった
ことを後悔しました。もっと早く知っていれば・・。
それから次に見られる機会を探していましたが、今年の出初式を
見に行って、ようやく念願かない、援竜に会うことができました。

今はまだ実験訓練段階。早く実際に活動できるよう、
がんばれロボット!がんばれテムザック!

「援竜」
乗ってみたい・・

「救助訓練」
ファイティングポーズ?
木材の下敷きになった車から、木材を取り除く援竜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.29

セグウェイに乗りました!

セグウェイに乗れるとしたら、あなたはどんなことをしても乗りたいと
思いますか?私は思います。えぇどんなことでもするともさ。

そんなわけで久留米にある「福岡県青少年科学館」に行ってきました。
2月14日~4月11日まで「あそぼう!夢ののりもの展」が開催されており、
そこでまさに夢ののりものであるセグウェイに乗れるらしいとの情報を
新聞で読んで知りました。これはもう行くしかないですよね?

同じ福岡県とはいえ、北九州から久留米までは高速を使っても
1時間以上掛かります。セグウェイに乗るためだけに行くと言うと
さすがのジョン太にも怒られそうなので、最近できた「鳥栖プレミアム・
アウトレット」にも帰りに寄るという提案をして、なんとか行くことが
できました(笑)。

実際に乗った感想はやっぱり面白いの一言です。そして意外と
まともな乗り物かもしれないと思いました。不思議だけどこんなのも
アリかも?と思わせるものでした。乗った印象は、サーカスのピエロが
する曲芸で、丸い筒の上に板を載せてバランスを取るものがありますが、
あれに乗るような感じでしょうか?ただそれがとても安定してるのです。
係の人から動かし方を教わって、最初はおそるおそる動かすけど、
すぐに慣れます。重心を前にすれば前へ、後ろにすれば後ろに動きます。
その動きはするするとなめらかです。ちょっと意外だったのが左右の
方向転換。これは左のハンドルのグリップを回すことで方向を調節します。
右に回せば右に、左に回せば左に回ります。私はてっきり左右も重心の
移動で方向転換できると思っていたので、ちょっと残念でした。
それが出来たらいうことないんだけどなぁ。

体重制限(45Kg~100Kg)があって、ジョン太は乗れませんでした。
こんな時に軽い体重がネックになるとは!今度乗る機会があれば、
リュックに重りを入れて、体重制限をクリアした上で挑戦させてあげたいと
思います。私ばかり楽しんで申し訳ない。

ともあれ、つかの間の夢の乗り物体験、堪能させてもらいました。

「セグウェイ」
20030328.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)